管理栄養士

出典: meddic

national registered dietitian, administrative dietitian, registered dietitian
管理栄養士国家試験、栄養士法
[show details]

参考

  • wiki ja
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AE%A1%E7%90%86%E6%A0%84%E9%A4%8A%E5%A3%AB



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/05/23 21:40:51」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ふたりの栄養士 : 美味しさへの挑戦とその奮闘記(最終回)フレンチ・フルコースの栄養価 行政管理栄養士 小池美恵子×レストラン ル・マンジュ・トゥー オーナーシェフ・栄養士 谷昇
  • 居宅療養高齢者における食事・栄養の具体的な問題の実態把握 : 居宅介護サービス事業者と管理栄養士・栄養士の認識の比較
  • 宇田川(留守) 孝子,柳沢 幸江
  • 醫學と生物學 : 速報學術雜誌 157(1), 80-87, 2013-01
  • NAID 40019558848
  • FOCUS on New Leader 独立行政法人国立病院機構 千葉東病院・管理栄養士 間瀬茂樹 まだ報告数の少ない腎臓移植と重症心身障害の栄養療法を構築していく
  • ヒューマンニュートリション : 人間栄養 5(1), 6-9, 2013-01
  • NAID 40019558138

関連リンク

管理栄養士と栄養士は、個人や集団に食事や栄養についてアドバイスをする「栄養の指導」や、提供する食事の管理(献立作成や食材の発注、栄養素の計算など)をする職業です。管理栄養士と栄養士の2つの資格の名前は似ていますが ...
栄養管理・指導のプロフェッショナルとして、責任とやりがいある仕事に携わりたい方におすすめなのが管理栄養士。ユーキャンの「管理栄養士」講座なら、重要ポイントを効率よく学べる工夫が満載のテキストで、働きながらでも ...
管理栄養士としてお仕事をしたいとお考えの方へ 栄養士・管理栄養士の資格や仕事内容について、実際に栄養士の資格を持っている人間が出来る限りわかりやすく説明。栄養士になるために国家試験や勉強方法などの注意点と ...

関連画像

イラスト素材:栄養士栄養士・管理栄養士試験と 管理栄養士の詳細、栄養士と管理 栄養士 管理 栄養士 と は 管理 栄養士 管理栄養士管理栄養士 とは管理栄養士 736665


★リンクテーブル★
国試過去問106C031」「108C016」「103C019
リンク元栄養サポートチーム
関連記事栄養」「管理」「栄養士

106C031」

  [★]

次の文を読み、 30、 31の問いに答えよ。

  • 62歳の女性。持続性の腹痛を主訴に来院した。
  • 現病歴: 6か月前に食欲不振と全身倦怠感とを主訴に受診し、精査の結果、肺癌とその肝転移であると診断された。抗癌化学療法などの積極的な治療を希望せず、外来通院することとなった。 2週前から右上腹部に持続性の疼痛が出現し、次第に増強した。疼痛は体動によって増悪した。外来で非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)が投与され、一時的に疼痛は軽減したが、 1週前から再び増悪したため来院した。
  • 2週前までは日中は車椅子で生活できていたが、最近は疼痛のために室内の移動も困難となり、 1日中ベッドに横になっていることが多かったという。
  • 既往歴:特記すべきことはない。
  • 生活歴:娘夫婦と同居。喫煙歴はない。飲酒は機会飲酒。
  • 家族歴:父親が大腸癌のため72歳で死亡。
  • 現 症:意識は清明。身長152cm、体重42kg。体温36.2℃。脈拍76/分、整。血圧118/76mmHg。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝を鎖骨中線上で6cm触知する。
  • 検査所見:尿所見:蛋白(-)、糖(-)、潜血(-)、沈渣に異常を認めない。
  • 血液所見:赤血球382万、 Hb10.6g/dl、 Ht36%、白血球5,300、血小板17万。
  • 血液生化学所見:血糖98mg/dl、総蛋白6.1g/dl、アルブミン2.9g/dl、尿素窒素32mg/dl、クレアチニン0.8mg/dl、総ビリルビン1.2mg/dl、 AST78IU/l、 ALT66IU/l、 LD 477IU/l(基準176-353)、 ALP483IU/l(基準115-359)、 γ-GTP 132IU/l(基準8-50)、 Na139mEq/l、 K4.4mEq/l、 Cl97mEq/l。
  • 入院後2週が経過し、疼痛コントロールが安定した。患者は退院して自宅で生活することを希望している。
  • 在宅ケアを導入するにあたり、医師が病状観察と服薬管理とを依頼する職種として適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106C030]←[国試_106]→[106D001

108C016」

  [★]

  • 80歳の女性。肺炎のため入院中である。症状が改善したため退院を計画している。 75歳で脳梗塞により左不全麻痺となったが、リハビリテーションにより屋内杖歩行が可能である。排泄や食事も自立している。主な介護者である夫は、自宅療養にあたって経済的な不安を訴えている。
  • 担当医が夫に勧める相談者として最も適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 108C015]←[国試_108]→[108C017

103C019」

  [★]

  • 17歳の男子。糖尿病性ケトアシドーシスによる意識障害のためチーム医療が可能な病院に搬入された。インスリン治療で意識は回復した。学校生活に戻るために、多職種メンバーによる面談を主治医は計画している。
  •  面談に加わらない職種はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103C018]←[国試_103]→[103C020

栄養サポートチーム」

  [★]

NST
栄養サポート


栄養サポートチーム(NST:Nutrition Support Team)とは、職種の壁を越え、栄養サポートを実施する多職種の集団(チーム)である。栄養サポートとは、基本的医療のひとつである栄養管理を、症例個々や各疾患治療に応じて適切に実施することである。<ref name=A>東口高志 『NST完全ガイド』照林社、2005年</ref>

NSTは1960年代の中心静脈栄養(TPN)の開発普及とともに誕生し、欧米を中心に世界各地に広がった。日本ではその普及が容易でなく、1998年のPPM方式の考案が契機となり、全国の医療施設に広がった。2006年4月の診療報酬改定により、多くの病院でNSTが立ち上がることとなった。<ref name=A>東口高志 『NST完全ガイド』照林社、2005年</ref>

この項では日本におけるNSTについて述べる。

NSTの歴史

1968年、米国のダドリック(Dudrick)らによって、中心静脈栄養法(Total Parenteral Nutrition)が開発され、全米に普及した。同時期に、医師・薬剤師・看護師などの栄養管理を専門とするメディカル・スタッフが各施設で求められるようになり、栄養管理チーム構築の始まりとされる。一方、同時期にブラックバーンにより栄養アセスメントが初めて体系化された。

1973年、米国ボストンシティ病院に初のNSTが本格的に誕生した。同時期に、マサチューセッツ総合病院ではフィッシャー教授がNSTをHyperalimentation Unitという名称で構築していた。

NSTは中心静脈栄養法の普及と相まって全米、ヨーロッパ諸国に広がった。 欧米ではNSTは診療部門の一つとして設立されていることが多い。施設内の全ての症例に対して提言・発言する権利を与えられ、中心静脈栄養法の施行にもNSTの承認を必要とするなどの規定が設けられたりしている。NSTが医療の質の向上や医療費の削減に貢献することを全ての医療従事者が認識している。<ref name=B>東口高志、『NSTの運営と栄養療法』医学芸術社、2006年</ref>

日本においても、中心静脈栄養法の普及と同時にNSTが導入されたが、数施設で単科・少数科での活動であったり、全科型でも中心静脈栄養法の管理が中心であった。<ref name=B>東口高志、『NSTの運営と栄養療法』医学芸術社、2006年</ref>栄養管理の有用性が認識されていなかった為、経費のかかる専属チームの設立は考えられていなかった。

全科型のNSTの発足は、PPM(Potluck Party Method)方式によるNSTが、1998年6月に鈴鹿中央総合病院に、2000年7月に尾鷲総合病院に設置されたものが日本初である。<ref name=B>東口高志、『NSTの運営と栄養療法』医学芸術社、2006年</ref>

現在日本でもNST活動の有用性は認識されており、2004年5月に病院機能評価項目Ver5.0の中にNSTの設立が取り上げられ、2005年末には全国で約700施設でNSTが設立されている。また、2006年4月の診療報酬改定に伴い、栄養管理実施加算が新設された。この加算が求めるものは、全科型のNST活動であり、全国の医療施設がNSTを積極的に設立するきっかけとなった。

組織と役割

NSTは職種の壁を越えたチーム医療であり、多職種のメンバーで組織される。主な職種は以下の通りである。

これらのチームによって、患者に対して栄養状態の評価・判定を行い、適正な栄養補給を実施し、さらに経緯を確認しながら栄養を改善することを目的に組織される。

NSTの補助組織

適切な栄養療法を基盤として、より大きな治療効果や予防効果をもたらす補助組織(ワーキングチーム)やコラボレーション組織の育成が必要となる。

  • 褥瘡チーム
  • 摂食・栄養障害チーム
  • 呼吸療法チーム
  • 感染症対策チーム
  • 生活習慣病対策チーム
  • 病院食改善チーム

NSTにおける各職種の役割

医師の役割

看護師の役割

カテーテルの管理、栄養・食事のチェック、身体測定、NST診療録の管理などがあるが、中でも重要な役割は、①患者の身体状況を確認し、正確な情報をチームにアドバイスすること、②患者に栄養状態の実状を把握してもらい、協力してもらうことであろう。

薬剤師の役割

第一に、輸液製剤の無菌的な調製があげられる。また、薬学的見地より栄養状態、処方内容を検討すること。特に輸液製剤、経腸栄養剤と薬剤との相互作用の検討、消毒剤消毒方法の検討と医療従事者及び患者、患者家族への教育がある。<ref name=C>島田慈彦ら 『実践静脈栄養と経腸栄養』エルゼビア・ジャパン、2003年</ref>。

管理栄養士の役割

NSTにおいて管理栄養士は患者の食事摂取量や摂取状況など情報を元に食事量や食事形態の調節を行う

臨床検査技師の役割

リハビリテーションスタッフの役割

その他

日本静脈経腸栄養学会(JSPEN)、日本病態栄養学会、日本栄養療法推進協議会などがNST認定施設、NST専門療法士などの認定を行っている。

参考文献

Template:脚注ヘルプ <references/>

外部リンク


保険点数

  • 2010年4月の診療報酬改定により栄養サポートチーム加算(NST加算)がなされるようになり、患者にNSTを行うことにより診療報酬点数が200点/週/人が加算される。(参考1)

参考

  • 1.
[display]http://www.kondateman-club.com/modules/tinyd2/index.php?id=10
  • 2.
[display]http://www007.upp.so-net.ne.jp/m-m-office/nst.pdf

栄養」

  [★]

nutritionnutrientvegetative, alimentation
nutritio
栄養性栄養素栄養分栄養法植物性増殖型栄養剤
  • 1日に必要な水、有機・無機栄養
水:体重x30ml
Na:体重x 1mEq
K:体重x 0.5mEq

参考

  • 食品成分データベース
[display]http://fooddb.mext.go.jp



管理」

  [★]

規制監督経営コントロール支配制御対応対照調節投薬投与与薬行政

栄養士」

  [★]

dieticiannutritionist
栄養学者管理栄養士栄養士法

参考

  • wiki ja
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A0%84%E9%A4%8A%E5%A3%AB





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡