failpicload@./t_image/096D021.JPG 管内性増殖性糸球体腎炎 - meddic
 

管内性増殖性糸球体腎炎

出典: meddic

endocapillary proliferative glomerulonephritis
びまん性管内性増殖性糸球体腎炎 diffuse endocapillary proliferative glomerulonephritis
急性糸球体腎炎




UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

関連画像

膜性増殖性糸球体腎炎(1型)矢印:管内増殖性変化管内増殖性腎炎管内増殖性糸球体腎炎ミクロ像 管内増殖性糸球体腎炎ミクロ像


★リンクテーブル★
先読みdiffuse endocapillary proliferative glomerulonephritis」「endocapillary proliferative glomerulonephritis
リンク元溶連菌感染後急性糸球体腎炎」「急性糸球体腎炎
拡張検索びまん性管内性増殖性糸球体腎炎
関連記事糸球体」「糸球体腎炎」「増殖性」「」「増殖

diffuse endocapillary proliferative glomerulonephritis」

  [★] びまん性管内性増殖性糸球体腎炎

endocapillary proliferative glomerulonephritis」

  [★] 管内増殖性糸球体腎炎


溶連菌感染後急性糸球体腎炎」

  [★]

poststreptococcal acute glomerulonephritis PSAGN
急性溶連菌性糸球体腎炎 acute poststreptococcal glomerulonephritis
連鎖球菌感染後糸球体腎炎 poststreptococcal glomerulonephritis poststrepococcal GN, post-streptococcal glomerulonephritis
猩紅熱腎炎 scarlatinal nephritis
非溶連菌性感染後急性糸球体腎炎急性糸球体腎炎糸球体腎炎IgA腎症
[show details]


  • first aid step1 2006 p.385(Glomerular pathology)

概念

  • A群β溶血性連鎖球菌感染症後に1-2週間して発症するnephritic syndrome

疫学

  • 学童期(5-8歳)に後発

病因

  • A群β溶血性連鎖球菌感染後(上気道炎、皮膚膿痂疹)に続発
  • 潜伏期:1-2週間 ← IgA腎症との鑑別点

病態

  • 溶連菌成分を抗原とする抗体が産生されて免疫複合体が形成され、この免疫複合体が糸球体基底膜に沈着し(上皮側)、III型アレルギーの機序により補体活性化、多形白血球浸潤、ケミカルメディエーターの放出が起こる。

病理

  • 光顕:管内性増殖性糸球体腎炎
  • 糸球体の腫大、富核、白血球の浸潤 ← 白血球の浸潤と糸球体内の細胞の増殖による
  • 蛍光抗体法:係蹄壁へのC3の顆粒状沈着
  • 電顕:上皮細胞下沈着物(ハンプ) → subepithelial humps on EM
  • typical electron-dense subepithelial(足細胞基底膜の間) "hump" and intramembranous deposites.

症状

  • 血尿、浮腫、高血圧、蛋白尿、乏尿

検査

  • 糸球体係蹄壁への顆粒状C3の沈着、IgGの沈着は50-60%の例に認められる。

合併症

  • うっ血性心不全、高血圧性脳症、急性腎不全

治療

  • 対症療法
  • 急性期:安静、食事療法(水分制限、塩分制限、蛋白制限)
  • 薬物療法:必要に応じて
  • 利尿薬:フロセミド
  • 降圧薬:カルシウム拮抗薬

予後

  • 良好。90%以上が1-3ヶ月で治癒。一部急性期に死亡/慢性腎不全への移行(SPE.596)

USMLE

  • Q book p.244 30

参考

  • 1. [charged] poststreptococcal-glomerulonephritis - uptodate [1]

国試



急性糸球体腎炎」

  [★]

acute glomerulonephritisAGN
急性腎炎 acute nephritis
管内増殖性糸球体腎炎急性腎炎症候群 acute nephritic syndrome


概念

  • 急性腎炎症候群を示す代表的疾患
  • 先行感染後、いくらかの潜伏期を経たあとに発症し、急性腎炎症候群の症状を呈する(血尿、蛋白尿、GFR低下、浮腫、高血圧など)
  • A群β溶血性連鎖球菌が先行感染の場合、潜伏期は10日(1-2)
免疫複合体を形成するタイムラグである。

疫学

  • 3-10歳に好発。男児に多い(男女=2:1)。高齢者でもありうる

病因

A群β溶連菌(12型)が一番多い。

病理

  • 管内性増殖性糸球体腎炎
  • びまん性増殖性腎炎:C3, IgGの沈着、Hump形成
[show details]

症状

  • 3主徴(血尿・浮腫・高血圧)

検査

  • 溶連菌の場合、ASO, ASKの上昇。
  • 補体価:一過性低下 → 持続するときは膜性増殖性糸球体腎炎 or ループス腎炎

症例

096D036


びまん性管内性増殖性糸球体腎炎」

  [★]

diffuse endocapillary proliferative glomerulonephritis
管内性増殖性糸球体腎炎 endocapillary proliferative glomerulonephritis



糸球体」

  [★]

glomerulus (Z)
ボウマン嚢腎小体腎臓輸出細動脈#調節

概念

  • 1個の腎臓に100万個存在。
  • 房状の毛細血管からなる
  • 糸球体の毛細血管は有窓型毛細血管である

糸球体の微細構造 (SP.785)

  • 血管内皮細胞
  • 基底膜
  • 上皮細胞間隙

詳細には

  • 糸球体内皮細胞 endothelium
  • 基底膜 basement membrane, glomerular basement membrane
  • 糸球体上皮細胞 visceral epithelium, podocyte
  • ボウマン嚢の壁側板 parietal epithelium

血流の調節 (HIM.1742)

  • 輸入細動脈:autonomous vasoreactive reflex in afferent arteriole, tubuloglomerular feedback
緻密斑でのCl-の低下 = 原尿流速が早い → 腎灌流量の低下と解釈
  • 腎灌流圧↑→輸入細動脈の平滑筋収縮
  • 腎灌流圧↓→輸入細動脈の平滑筋弛緩
緻密斑はNaClの再吸収にとともにATP、(アデノシン)を細胞外に放出。細胞外のecto-5'-nucleotidaseがATPからアデノシンを産生。アデノシンが輸入細動脈のvasoconstrictorとして作用
  • loop diureticsは緻密斑でのNaClの再吸収を妨げるので、尿細管糸球体フィードバックを阻害→糸球体濾過量は高レベルに保たれる
  • アンジオテンシンIIと活性酸素種は尿細管糸球体フィードバックを増強 → 輸入細動脈収縮 → 糸球体濾過量低下
  • NOは尿細管糸球体フィードバックを減弱 → 輸入細動脈弛緩 → 糸球体濾過量上昇
  • 輸出細動脈:angiotensin II-mediated casoconstriction of the efferent arteiole

臨床関連







糸球体腎炎」

  [★]

glomerulonephritis
腎炎
糸球体病変

症状

臨床的分類


メモ

081201
E:\データセンター\学習\細々とした勉強ファイル\糸球体腎炎_など.xls



増殖性」

  [★]

productiveproliferativeproliferatingmultiplicativeproductively
生産的

炎」

  [★]

  • n.
  • comb form.
  • (炎症の接尾辞)itis
炎光炎症

増殖」

  [★]

proliferation, growth
繁殖
過形成肥大





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡