筋紡錘

出典: meddic

muscle spindle (K)
fusus neuromuscularis





Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/09/29 21:54:24」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 身体の角速度計測による複合制御の可能性
  • 釜崎 哉子,袴田 和巳,三宅 淳
  • 電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス 110(226), 23-27, 2010-10-07
  • … ヒトの腕は筋肉による作動と筋紡錘・腱紡錘等の動きや抵抗の検知によるフィードバックによって複合的に制御されている。 …
  • NAID 110008106315
  • 液状飼料飼育が成長期ラットの閉口筋筋紡錘に与える影響

関連リンク

世界大百科事典 第2版 筋紡錘の用語解説 - 骨格筋のなかにあって,その伸縮状態を 感知する受容器。筋肉中に横紋筋繊維と並行して存在する紡錘形の囊状構造物で, 内部に数本の錘内筋繊維を含む。錘内筋繊維の両端部は横紋があり,ガンマ繊維 という ...
馬の用語事典 筋紡錘伸張受容器 (muscle spindle stretch receptor)の用語解説 - 筋肉内の器官として形態から名づけられた筋紡錘(muscle spindle)は、筋の伸展 度合いを監視する感覚受容体(伸張受容器 stretch receptor)として機能する。筋紡錘は 筋の ...

関連画像

筋紡錘のイントロ筋紡錘kinbosui筋紡錘図27-3a 筋紡錘の構造の 筋紡錘


★リンクテーブル★
リンク元神経線維の分類」「腱反射」「ゴルジ腱紡錘」「環らせん終末」「一次終末
拡張検索神経筋紡錘
関連記事紡錘

神経線維の分類」

  [★]

受容器神経線維

形状・機能による神経線維の分類(PT.42,43,http://atopy.wakabagari.com/joukyu15.html, SP.68,69)

神経線維 髄鞘 直径(μm) 伝導速度(m/s)  
有髄 12-20 70-120 体性運動(運動神経)、自己受容(筋の感覚神経)
有髄 5-12 30-70 触圧覚
有髄 3-6 15-30 筋紡錘への運動神経
有髄 2-5 12-30 痛覚温度覚
B 有髄 <3 3-15 交感神経節前線維
C 無髄 0.4-1.2 0.5-2 交感神経節後線維、痛覚

受容器による神経線維の分類(PT.42 43)

線維群 神経線維 機能
Ia群線維 筋紡錘のらせん系終末
Ib群線維 腱紡錘
II群線維 触圧受容器
III群線維 自由終末
IV群線維 C 自由終末
 

痛覚に関与する神経線維

局在のはっきりした痛み 機械的受容器 外骨膜
C Aδの後に続く鈍い痛み ポリモーダル受容器 骨膜、筋膜、関節包、血管など


腱反射」

  [★]

tendon reflex, tendon jerk
筋伸展反射深部腱反射 deep tendon reflex, DTR ⇔ (対)表在反射
深部反射


  • 腱や骨の叩打によって引き起こされる単シナプス反射
  • 腱の叩打により筋紡錘で生じた求心性インパルスがIa求心性線維(Ia感覚線維)を介して反射中枢に達し、単シナプス的にα運動ニューロンを経て筋を収縮させる反射

反射の異常

亢進

  • 大脳より抑制性インパルスを受けているため。

消失

  • 反射弓の障害
  • 下位運動ニューロン、神経根、末梢神経、筋など

表記方法

程度

BET
  • 消失 absent -
  • 減弱 diminished ±
  • 正常 normal +
  • やや亢進 slightly exaggerated ++
  • 亢進 moderately exaggerated +++
  • 著明な亢進 markedly exaggerated +++



ゴルジ腱紡錘」

  [★]

Golgi tendon organ, Golgi's tendon organ, tendon organ of Golgi
Golgi腱紡錘腱紡錘 tendon spindle腱受容器 tendon receptor、筋張力受容器 muscle tension receptor、ゴルジ腱受容器 Golgi tension receptor
機械受容器Ib群線維
伸張受容器マイスナー小体



  • 筋の収縮力を監視 → 過剰の収縮を抑制 (⇔筋紡錘)
  • 長さ1mm、直径0.1mmの円柱構造。筋と腱の接合部に存在。波状の膠原線維とIb群線維で構成される。筋肉が収縮して膠原線維が引き延ばされると、膠原線維に巻き付いた神経終末が圧迫されてインパルスを生じる (HIS.149)


環らせん終末」

  [★]

annulo-spiral ending
一次終末筋紡錘
[show details]


一次終末」

  [★]

primary ending of muscle spindle
らせん形終末 環らせん終末 annulospiral ending
筋紡錘



神経筋紡錘」

  [★]

neuromuscular spindle
筋紡錘筋伸張受容器


紡錘」

  [★]

spindle
紡錘形紡錘状紡錘体紡錘波スピンドル
-spindle




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡