等速電気泳動法

出典: meddic


和文文献

  • キャピラリー等速電気泳動法を用いたリポ蛋白分析のメタボリックシンドロームの臨床診断に於ける有用性
  • 前場 良太,宇治 義則,姫野 真悟 [他]
  • 生物試料分析 = Journal of analytical bio-science 30(2), 150-156, 2007
  • NAID 40019883864
  • HSAB経験則を利用したジエチルジチオカルバミン酸抽出/等速電気泳動法による二価金属イオン分離法の設計
  • 川本 博,板橋 英之,大貫 知之
  • 分析化学 44(3), 237-240, 1995-03-05
  • … ジエチルジチオカルバミン酸塩(DDTC)抽出-銅(II)EDTA逆抽出-細管式等速電気泳動法による二価金属イオンの濃縮分離法をHSAB経験則を用いて設計し, 10^<-6>mol dm^<-3>レベルのCd^<II>, Fe^<II>, Pb^<II>及びZn^<II>の分離を達成した. …
  • NAID 110002906923
  • HSAB経験則を用いたジチゾン抽出-等速電気泳動法による金属イオン分離の設計
  • 川本 博,板橋 英之,大貫 知之
  • 分析化学 43(9), 723-726, 1994-09-05
  • … and soft acids and bases)経験則に従い, ジチゾン正抽出とEDTAによる逆抽出とを組み合わせた金属イオンの濃縮分離法を設計し, 逆抽出されてきた金属-EDTA錯体を等速電気泳動法により分離定量する方法を開発した.Mn^<II>, Fe^<II>, Co^<II>, Ni^<II>, Cu^<II>, Zn^<II>, Cd^<II>, Hg^<II>及びPb^<II>の各金属イオンを対象に検討したところ, これらのうちZn^<II>, Cd^<II>, Pb^<II>の分離濃縮が可能 …
  • NAID 110002906826

関連リンク

一つは電気泳動に基. づく方法で,異なる抵抗値を持つ 2 種類の緩衝液中に. おける 分析目的成分の電気泳動速度差が操作される。電. 場増幅試料スタッキング,大量試料 注入によるスタッキ. ング,等速電気泳動によるスタッキング,pH を介した. スタッキング ...

関連画像

今後、同技術を基にした高速か 等速電気泳動により濃縮 分子とビーズが等速電気泳動


★リンクテーブル★
関連記事泳動」「」「電気」「泳動法」「電気泳動

泳動」

  [★]

electrophoresismigrationelectrophoretic
移入転位電気泳動電気泳動的電気泳動法等速電気泳動遊走泳動法

法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律


電気」

  [★]

electricityelectroelectric
エレクトロ電気的

泳動法」

  [★]

electrophoresis
泳動電気泳動電気泳動法

電気泳動」

  [★]

electrophoresis
蛋白分画





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡