第VIII因子関連抗原

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 切除不能と診断後, 肝不全に至るまでの自然経過を観察し得た肝原発類上皮血管内皮腫の1例
  • 須納瀬 豊,平井 圭太郎,吉成 大介,戸塚 統,戸谷 裕之,小川 博臣,高橋 憲史,田中 和美,小山 徹也,竹吉 泉
  • 肝臓 51(12), 751-757, 2010-12-25
  • … 葉の表層に不整形の腫瘤を認め,辺縁のみが濃染した.PET-CTでは異常集積を認めなかった.肝生検では,紡錘形の腫瘍細胞が敷石状に増殖し,淡明な空胞と硝子様線維間質を伴っていた.免疫染色では第VIII因子関連抗原,CD31,CD34,vimentinが陽性,cytokeratin,desminが陰性で,類上皮血管内皮腫と診断した.切除不能なため肝動注化学療法を行ったが,その後経過観察となった.2007年までは自覚症状に変化はなかった.2008 …
  • NAID 10027661809

関連リンク

第Ⅷ因子関連抗原(F.ⅧRAg),フォンウィルブランド因子抗原量(von Willebrand factor antigen,vWF:Ag) 保険診療上で使用されている名称。 von Willebrand因子(VWF)抗原 各検査項目がどのような 目的で用いられているかを ...
第Ⅷ因子関連抗原 [5934-8] 検体・容器 (パラフィンブロック・未染標本スライドでも可)ホルマリン固定組織 病理専用容器 室温 検査方法: LSAB法 所要日数: 5~8 実施料: 400点 判断料: 病理学的検査判断料150点 区分: レセプト名
検体量 血漿 0.2mL 採取容器 C 保存条件 必凍 所要日数 4~7 検査方法 ラテックス凝集反応 基準値 50~155 % 実施料 155点 判断料 血液学的検査(125点) 保険収載名 von Willebrand因子(VWF)抗原

関連画像

Anti-Human von Willebrand Factor (vWF Anti-Human von Willebrand Factor (vWF 血管肉腫angiosarcoma (AS):皮膚  血管 x400 第 viii 因子 関連 抗原 第VIII因子関連抗原が顆粒状にAnti-Human von Willebrand Factor (vWF


★リンクテーブル★
関連記事関連」「抗原」「VI」「因子」「

関連」

  [★]

relationrelationshipcorrelationrelevancelinkimplicationconnectionbearingassociationreferencerelateassociateattachcorrelaterelativerelevantpertinent
暗示意味会合関係、関する、関連性基準共生結合結線言及参考、参照、照会、親戚親類軸受け相関相関性相互関係相対相対性相対的対合態度妥当適切同僚付随付着結びつける類縁体連関連結連合連合性連鎖連接、連絡、群集添付協会接続関係性リファレンスリンク参考文献相関関係関連づける


抗原」

  [★]

antigen Ag
抗体


分類


VI」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「Virgin Islands」

因子」

  [★]

factor
要因要素ファクター

原」

  [★]

proto
プロト




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡