第VIII因子

出典: meddic

factor VIII, FVIII
血漿トロンボプラスチン因子 plasma thromboplastin factor PTF
抗血友病グロブリン antihemophilic globulin、抗血友病因子A antihemophilic factor A platelet cofactor I、抗血友病因子
(オクトコグアルファ)コージネイト
(ルリオクトコグアルファ)アドベイト
クロスエイトコンコエイトコンファクト
血液凝固因子血友病
[show details]


存在部位

半減期

  • 12 hr

産生組織

  • 細網系?

肝以外で産生される凝固因子

座乗染色体

  • xq28

臨床関連


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 血友病における抗第VIII因子同種抗体の出現と消失の免疫学的機序
  • 石黒 精
  • 日本臨床免疫学会会誌 = Japanese journal of clinical immunology 34(6), 476-484, 2011-12-31
  • …   血友病は血液凝固第VIII因子(FVIII)を先天的に欠失するために起こる,X連鎖遺伝性の凝固障害症である.欠乏する凝固因子は予防的にまたは出血時に補充されている.輸注された凝固因子製剤中のFVIIIを阻害する同種抗体が出現することは血友病治療の重大な合併症である.この抗体を臨床的にはインヒビターと呼んでいる.インヒビターを保有する血友病患者では,通常の凝固因子製剤の止血効果は著しく低 …
  • NAID 10030465231
  • Doxil^【○!R】投与, HAART療法が著効したエイズ関連型カポジ肉腫の1例
  • 中村 元泰,大橋 則夫,関東 裕美,吉澤 定子,石河 晃
  • Skin cancer : official organ of the Japanese Society for Skin Cancer = 皮膚悪性腫瘍研究会機関誌 26(1), 98-102, 2011-05-20
  • … 腫瘍細胞は免疫組織学的にvimentin,CD31,CD34,第VIII因子,D2-40陽性であった。 …
  • NAID 10030441890
  • microRNA 制御レンチウイルスベクターによる肝臓特異的第VIII因子発現誘導  血友病Aインヒビターに対する新規免疫寛容導入アプローチ:血友病Aインヒビターに対する新規免疫寛容導入アプローチ

関連リンク

第Ⅷ因子. ■第Ⅷ因子. 第Ⅷ因子とは、凝固因子の1つで、. 凝固系に作用する ... また 第Ⅷ因子は、von Willebrand因子と結合して複合体として. しか存在できない。 第Ⅷ 因子は網内系で産生されていると推定される。 またvon Willebrand因子により産生が 刺激 ...
第XIa因子は第IX因子を活性化して第IXa因子とする。 また、トロンビン自体も第V因子と 第VIII因子を活性化させてそれぞれ第Va因子、第VIIIa因子とする。 さらにトロンビンは 血小板を活性化して、第XIa因子、第Va因子、第VIIIa因子を血小板表面に結合させる。

関連画像

 :血友病A(第VIII因子欠乏症血液凝固第VIII因子の 第VIII因子とは | ノボエイト Download]血友病関連凝固因子製剤の種類 血液凝固第VIII因子製剤血液凝固第VIII因子の 血液凝固第VIII因子の

添付文書

薬効分類名

  • 血漿分画製剤(献血)

販売名

コンコエイト-HT

組成

有効成分〔1瓶中〕

  • 血液凝固第VIII因子 血液凝固第VIII因子(F.VIII:C)として 500単位, von Willebrand因子(RCof)として 1,000単位

添加物〔1瓶中〕

  • D-マンニトール 400mg,人血清アルブミン 100mg,水酸化ナトリウム 適量,塩酸 適量

添付溶剤

  • 日局 注射用水 10mL

備考

  • 血液凝固第VIII因子は,ヒト血液に由来する.(採血国:日本,採血の区分:献血)
    人血清アルブミンは,ヒト血液に由来する.(採血国:日本,採血の区分:献血)

効能または効果

  • 血液凝固第VIII因子欠乏患者に対し,血漿中の血液凝固第VIII因子を補い,その出血傾向を抑制する.von Willebrand病患者に対し,血漿中のvon Willebrand因子を補い,その出血傾向を抑制する.
  • 用法:
  • 本剤は製剤に添付された溶解液(日局注射用水)全量で溶解し,緩徐に静脈内に注射又は点滴注入する.なお,1分間に5mLをこえる注射速度は避けること.
  • 用量:
  • 血友病A
    通常1回に血液凝固第VIII因子活性(F.VIII:C)で250〜2,000単位を投与するが,年齢・症状に応じて適宜増減する.(血友病Aに対する投与量の基準の詳細は添付文書をご参照下さい.)von Willebrand病
    通常1回にリストセチンコファクター活性(RCof)で500〜4,000単位を投与するが,年齢・症状に応じて適宜増減する.
  • 輸注速度が速すぎるとチアノーゼ,動悸を起こすことがあるので,1分間に5mLを超えない速度でゆっくり注入すること.

慎重投与

  • IgA欠損症の患者〔抗IgA抗体を保有する患者では過敏反応を起こすおそれがある.〕溶血性・失血性貧血の患者〔ヒトパルボウイルスB19の感染を起こす可能性を否定できない.感染した場合には,発熱と急激な貧血を伴う重篤な全身症状を起こすことがある.〕免疫不全患者・免疫抑制状態の患者〔ヒトパルボウイルスB19の感染を起こす可能性を否定できない.感染した場合には,持続性の貧血を起こすことがある.〕

重大な副作用

アナフィラキシー様症状(頻度不明)

  • アナフィラキシー様症状を起こすことがあるので,観察を十分に行い,異常が認められた場合には投与を中止し適切な処置を行うこと.

薬効薬理

  • 本剤の静脈内投与により,血友病A患者の血液中に全く欠如しているか,あるいは減少している血液凝固第VIII因子を補給し,重症出血を防御する.つまり,患者の内因性凝固系不全を是正し,活性型第X因子の生成に必要な凝固因子を補正する.
    また,von Willebrand因子欠乏血漿を用いたin vitro実験において,本剤の補充量に依存して,リストセチンコファクター活性を改善することが確認されている3).


★リンクテーブル★
国試過去問097H037
リンク元血液凝固因子」「フォンウィルブランド病」「血小板」「フォンウィルブランド因子」「血友病
関連記事VI」「」「因子

097H037」

  [★]

  • 血液凝固におけるビタミンK依存性因子はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 097H036]←[国試_097]→[097H038

血液凝固因子」

  [★]

coagulation factor (Z), clotting factor, blood coagulation factor, blood coagulation factors
ビタミンK



血液凝固因子

  • PT.261
名称 同義語 分子量

(kDa)

血漿中濃度

(μg/ml)

半減期

(day)

内因系のプロ酵素 XII Hageman因子 80 29 2
  プレカリクレイン Fletcher因子 88 45  
  XI PTA 160 4 2.5
ビタミンK依存 VII proconvertin 50 0.5 0.2
凝固プロ酵素 IX Christmas因子 57 4 1
  X Stuart因子 57 8 1.5
  II プロトロンビン 70 150 3
補助因子 III 組織因子   0  
  血小板ホスホリピド        
  高分子量キニノゲン   120 70  
  V proaccelerin 330 7 1.5
  VIII 抗血友病因子     0.5
フィブリン堆積因子 I フィブリノゲン 340 2500 4.5
  XIII フィブリン安定因子 320 8 7
抑制物質 アンチトロンビンIII   58 150 2.5
  • 標準血液病学 p.217
15種類ある
凝固因子 慣用語・同義語 ビタミンK依存 血液中半減期(hr) 産生器官 染色体座乗部位
I fibrinogen   100-150 肝臓 4q26
II prothronbin 50-80 肝臓 11p141-q12
III tissue thromboplastin     体の各組織 1pter-p21
IV calcium ion     肝臓  
V labile factor/proaccelerin   24 肝臓 1q21-q25
VII stable factor/proconvertin 6 肝臓 13q34
VIII antihemophilic factor   12 細網系? xq28
IX Christmas factor 24 肝臓 xq26.3-q27.2
X Stuart factor 25-60 肝臓 13q34
XI plasma thromboplastin antecedent   40-80 肝臓 4q35
XII Hageman factor   50-70 肝臓 5q33-qter
XIII fibrin stabilizing factor   150 肝臓 6p24-p21.3
prekallikrein Fletcher factor   35 肝臓 4q35
hight molecular weight kininogen Fitzgerold factor   150 肝臓 3q26-qter
von Willebrand factor     24 血管内皮

血小板 糸球体

12pter-p12


産生部位

  • ほとんどが肝臓
  • 例外:
  • 第III因子(F III):組織トロンボプラスチン:組織
  • 第VIII因子(F VIII):組織トロンボプラスチン:細網組織?

臨床関連


-凝固因子


フォンウィルブランド病」

  [★]

von Willebrand disease, von Willebrand's disease, vWD, Willebrand's disease
フォンヴィルブランド病von Willebrand病フォンウィルブラント病フォンヴィルブラント病フォンビルブランド病
血友病, フォンウィルブランド因子 vWF血小板FVIII
[show details]


  • first aid step1 2006 p.300,301

概念

  • フォンウィルブランド因子は血管内皮などから血漿に放出され、コラーゲン等の上に結合して血小板が凝集できるような足場を形成する。このため、血小板凝集に必須の補助因子である。また、血漿中で第VIII因子と結合しており、同因子の安定化に寄与している。
  • フォンウィルブランド病では、フォンウィルブランド因子の量的減少、または質的異常により血小板の粘着が妨げられて、止血障害をきたす出血性の疾患である。

疫学

  • 約2/3は遺伝性。約1/3は孤発例。


分類

  • 先天性
  • 遺伝性
  • 後天性
  • 自己免疫性:抗フォンウィルブランド因子抗体の出現により血中のフォンウィルブランド因子が減少することによる(後天性フォンウィルブランド病)。

遺伝形式

症状

  • 幼児期から出現する。
  • 鼻出血、紫斑、歯肉出血、消化管出血などの皮膚・粘膜出血。
  • 関節や筋肉内の深部出血は通常みられない ⇔ 血友病
  • その他、外傷後の止血遷延、血尿、女性では月経過多、分娩後異常出血。

検査

血液検査

  • 血小板数:正常
  • 血小板形態 正常

血液凝固検査

  • 出血時間:延長
  • APTT:延長 第VIII因子活性が低下するため ←VWF は血中で第VIII因子と複合体をつくり、第VIII因子を安定化する作用をもつ
  • PT:正常

血小板機能検査

  • 血小板凝集能検査

確定診断のための検査

  • VWF活性:低下
  • VWF抗原量:低下

治療

  • VIII因子製剤:凝固能の回復
  • デスモプレシン:I,II型に有効であり、血管内皮細胞からのフォンウィルブランド因子の放出を促す。
  • ×血小板輸血 → 本質的な治療ではないから
  • 新鮮凍結血漿は使われなくなっている、らしい。

参考

  • 1. GRJ フォンウィルブランド病
[display]http://grj.umin.jp/grj/von-willebrand.htm
  • 2. 血友病とvon Willebrand 病の治療プロトコール - Haemophilia(2000), 6, (Suppl.1),84-93
[display]http://www.hemophiliagalaxy.org/professional/academic_article/haemophilia/pdf/H_02_supp_1_32.pdf

OMIM

  • VON WILLEBRAND DISEASE, TYPE 1; VWD1 - OMIM
Gene map locus 12p13.3
[display]http://us-east.omim.org/entry/193400
  • VON WILLEBRAND DISEASE, TYPE 2; VWD2 - OMIM
Gene map locus 12p13.3
[display]http://us-east.omim.org/entry/613554
  • VON WILLEBRAND DISEASE, TYPE 3; VWD3 - OMIM
Gene map locus 12p13.3
[display]http://us-east.omim.org/entry/277480




血小板」

  [★]

platelet (Z), blood platelet (Z), PLT
栓球 thrombocyte
血小板血栓血小板数 platelet count PLC


  • GOO. 1468(血小板凝集 platelet aggregation)
  • 半減期:1週間(異常値の出るメカニズム第2版)。4日 (SP.505)。
  • 寿命:10日
  • 体積:5-10 fl
  • 直径:2-5μm。
  • 無核。

基準値

  • 15万 - 40万 /μl (2007前期解剖学授業プリント, SP.505)
  • 15万 - 35万 /μl (2007前期生理学授業プリント, PT.233)

新生児

  • 10-28万/mm3 (SPE.74)

パニック値

出典不明
  • ≦3万 /μl、≧100万 /ul

産生組織

トロンボポエチンにより巨核球の細胞質がちぎれて血流に放出される (SP.505)

貯蔵組織

  • 約1/3が脾臓に存在

組織学

  • α顆粒 α-granule
P-セレクチンを膜上に持つ
フィブリノーゲンフィブロネクチン第V因子第VIII因子platelet factor 4PDGFTGF-α (BPT.89)
  • 濃染顆粒 dense body
ADPATP、Ca2+、ヒスタミンセロトニンエピネフリン (BPT.89)

機能 (SAN.236-237)

1.一次止血

  • (1) 内皮が剥離した部位にvWFが結合
  • (2) 血小板のGpIb/GpIXを介してvWFに結合
  • (3) GpIIb/IpIIIa複合体を膜状に発現。血小板が変形し顆粒を放出(ADP, TXA2,セロトニン)
TXA2,セロトニンは血管収縮作用
ADP, TXA2,セロトニンは血小板凝集

2.血液凝固の促進

  • 血小板表面のリン脂質がIX因子X因子を結合し活性化する

3.毛細血管機能の維持

  • 毛細血管内皮細胞に融合し血管内皮を補強している → 血小板減少により点状出血を来すことになる。

膜タンパク

ファミリー 慣用名 CD分類 リガンド 機能 欠損症
インテグリン GpIIb CD41 フィブリノゲン 凝集 Glanzmann血小板無力症(GT)
GpIIIa CD61
LRG GpIb CD42bc vWF 粘着 ベルナール・スリエ症候群(BSS)
GpIX CD42a
GpV CD42d

血小板減少による症状

  • 5-10万 :症状なし-やや止血しにくい程度
  • 2-3万  :下肢に点状出血 (→皮下出血)
  • 1万以下 :粘膜出血→臓器出血の危険あり

検査

  • 抗凝固剤としてEDTAを用いた場合、EDTA依存性偽血小板減少をきたすことがある。

臨床関連

数の異常

機能の異常

  • ストレージプール病の一つ。α顆粒の欠如




フォンウィルブランド因子」

  [★]

von Willebrand factor (BPT), vWF, VWF
フォンビルブラント因子フォンウィルブランド因子von Willebrand因子vW因子
血液凝固因子


概念

構造

  • ジスルフィド結合によりマルチマーを形成しており、分子量は500~20,000kDa以上に分布している。

産生組織

存在部位

  • 血漿中にあり循環。血漿、血小板、α顆粒、内皮下組織などに存在(SAN.236)

半減期

  • 24時間

機能

  • コラーゲンと血小板を結合させる
  • 血管内皮細胞が脱落しその下の細胞外マトリクスが露出されると、血漿中のフォンウィルブランド因子が細胞マトリックスに結合し、これを足場に血小板のGpIb/GpIX複合体を介して血小板が結合する
  • 第VIII因子と結合し担体として機能。

臨床関連

  • フォンウィルブランド因子の機能異常

vWFのレセプター異常


血友病」

  [★]

hemophilia
血液凝固因子


概念

  • 先天性疾患
  • X染色連鎖性劣性遺伝
  • 血液凝固因子である第VIII因子あるいは第IX因子の減少もしくは欠損による

病態

  • 1歳以降の歩行開始時期の乳幼児期に皮下血腫、関節内出血、口腔内出血など。斑状出血をきたす(二次止血が正常に起こらずに進展するためと考えられる)  ⇔  血小板減少による出血は点状出血
  • 関節内出血(膝関節>足関節>肘関節)。頻度高い → 血友病性関節症
  • 出血(頭蓋内、頚部、脊髄、腹腔内)



VI」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「Virgin Islands」


子」

  [★]

child
子供雑種小児小児用


因子」

  [★]

factor
要因要素ファクター




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡