第1色盲

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 先天性色覚異常者における色の見分け困難と誤認
  • 色覚検査における各種程度判定法の比較

関連リンク

1) 比視感度(明るさの感覚) 第1色盲(第1色弱もこれに準じる)は、赤を暗く感じています。このことは図4-1の視感度曲線から判断できます。 2) 波長識別能 図4-2は正常と第1色盲・第2色盲の波長識別曲線を示しています。
色盲とは、色合わせ法という検査による分類の「2色型色覚」の、「第1色盲」「第2色盲」「第3色盲」と、第1、第2、第3を付したときの用語でした。そのため一般的に、2色型色覚全般が「色盲」と認知されるようになったもので 色弱と ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事色盲」「

色盲」

  [★]

achromatopsiacolor blindness
色覚異常赤緑色盲全色盲第2色覚異常緑色盲二色覚一色覚1色覚



盲」

  [★]

blindnessblind
失明盲目盲検法





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡