競合的解毒

出典: meddic

competitive detoxication

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

末梢性筋弛緩薬。競合的にNm受容体遮断。4級アンモニウム 副作用:ヒスタミン遊離、自律神経節遮断 中毒:呼吸麻痺←解毒はネオスチグミン パンクロニウム 末梢性筋弛緩薬(ツボクラリンより強い)。競合的に骨格筋のNm受容体4級 ...
薬剤師国家試験過去問対策(だといいなぁ) ... 薬理作用 ・神経筋接合部の腫版のACh受容体(ニコチンN M 受容体)を競合的に遮断 →筋弛緩作用を起こす (興奮-収縮連関には作用しないので,筋直接刺激による収縮は抑制 ...

関連画像

①競合的拮抗作用RNase型の自家不和合性 RNase型の自家不和合性 こんな簡単な構造の分子が 中毒は硫酸アトロピンで解毒 アトロピン、近視


★リンクテーブル★
関連記事競合」「」「解毒」「競合的

競合」

  [★]

competitioncompeterivalcompetitive
競合性競合的競争対抗競合作用競合相手ライバル


毒」

  [★]

toxinpoisonpoison
毒素毒物毒を入れるトキシン


解毒」

  [★]

detoxification, detoxification, elimination
不活化 inactivation



競合的」

  [★]

competitivecompetitively
競合競合性競争




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡