立効散

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 立効散の歯科領域への応用について
  • 堀江 憲夫
  • ニューフードインダストリー 57(4), 61-69, 2015-04
  • NAID 40020413048
  • 臨床リポート 立効散が著効した片頭痛・群発性頭痛の3例
  • 下手 公一
  • 漢方と診療 = Kampo practice journal 5(2), 148-150, 2014-07
  • NAID 40020166522

関連リンク

立効散とは?効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番:薬事典版) ... 概説 歯痛をやわらげる漢方薬です。 作用 【働き】 立効散(リッコウサン)という方剤です。痛みや腫れを発散するような作用があります。
作成又は改訂年月 **2013年3月改訂(第5版) *2007年5月改訂(第4版) 日本標準商品分類番号 875200 薬効分類名 漢方製剤 承認等 販売名 ツムラ立効散エキス顆粒(医療用) 販売名コード 5200149D1022 承認・許可番号 承認番号 (61AM)3310

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 漢方製剤

販売名

ツムラ立効散エキス顆粒(医療用)

組成

  • 本品7.5g中、下記の割合の混合生薬の乾燥エキス1.5gを含有する。
    日局サイシン   2.0g
    日局ショウマ    2.0g
    日局ボウフウ   2.0g
    日局カンゾウ   1.5g
    日局リュウタン  1.0g

添加物

  • 日局ステアリン酸マグネシウム、日局乳糖水和物、アメ粉

効能または効果

  • 抜歯後の疼痛、歯痛
  • 通常、成人1日7.5gを2〜3回に分割し、食前又は食間に経口投与する。なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。
  • 本剤は口にふくんでゆっくり服用する。

重大な副作用

偽アルドステロン症

  • 低カリウム血症、血圧上昇、ナトリウム・体液の貯留、浮腫、体重増加等の偽アルドステロン症があらわれることがあるので、観察(血清カリウム値の測定等)を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、カリウム剤の投与等の適切な処置を行うこと。

ミオパチー

  • 低カリウム血症の結果としてミオパチーがあらわれることがあるので、観察を十分に行い、脱力感、四肢痙攣・麻痺等の異常が認められた場合には投与を中止し、カリウム剤の投与等の適切な処置を行うこと。


★リンクテーブル★
拡張検索立効散エキス

立効散エキス」

  [★]

漢方製剤立効散




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡