窩間靭帯

出典: meddic

interfoveolar ligament (KH)
  • 深鼡径輪の内側縁のところでは、下腹壁静脈のすぐ前面で横筋筋膜が肥厚して上下に走っている。この横筋筋膜の漠然とした肥厚を指す(KH.105)

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

1)精管 ductus deferens 2)子宮円索 round ligament of uterus 3)深鼠径輪 deep inguinal ring (図73) 4)窩間靭帯 interfoveolar ligament (図76) 5)深鼠径輪のへりを作っている諸要素の考察(図76) 6)精索 ...
Band1.376 鼡径鎌の第3の縁,すなわち底Basisは恥骨靱帯Lig. pubicum Cooperi(304頁および図435)と幅ひろく結合している. 外側の束は,その位置が内側鼡径窩と外側鼡径窩とのあいだにあるので窩間靱帯Lig. interfoveolareと ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事」「靭帯

帯」

  [★]

bandzone
cingulumzonazonae
ゾーン帯域帯状疱疹バンドバンド形成地帯

靭帯」

  [★]

ligaments, ligament
ligamenta, ligamentum
[show details]





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡