穿通性腹部外傷

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • EAST: practice management guidelines for prophylactic antibiotic use in penetrating abdominal trauma (特集 救急診療ガイドライン) -- (海外のガイドライン)
  • 吉岡 勇気,今 明秀
  • 救急医学 32(10), 1428-1432, 2008-09
  • NAID 40016247311

関連リンク

飛来した金属異物による腹部穿通性外傷の 1 例. 馬場 香子1),石黒 匡史1),鳥居 博子2),内沼 栄樹3). 1)上尾中央総合病院形成外科・美容外科. 2)相模原協同病院 形成外科. 3)北里大学医学部形成外科・美容外科. (平成 20 年 11 月 20 日受付) ...
腹部にけがをすると、これらの臓器が損傷を受けることがあります。 この腹部外傷には、 穿通性外傷(せんつうせいがいしょう)と非穿通性外傷(ひせんつうせいがいしょう)の2 種類があります。 穿通性外傷は、腹部を刃物で刺されたり、銃で撃たれたりして発生 する ...

関連画像

腹部穿通性異物菊池憲和月28日 第1回救急医学教室連携 市大センター病院救命センター


★リンクテーブル★
国試過去問094A067
関連記事腹部」「外傷」「通性」「穿通性」「

094A067」

  [★]

a. 頭蓋骨骨折
b. 胸水貯留
c. 多発性肋骨骨折
d. 穿通性腹部外傷
e. 骨盤骨折

腹部」

  [★]

abdomen

腹部の9つの領域

M.111
RH right hypochondriac 右下肋部 E epigastric 上胃部 LH left hypochondriac 左下肋部
RL right lumbar 右側腹部 U umbilical 臍部 LL left lumbar 左側腹部
RI right inguinal 右鼡径部 P pubic 恥骨部 LI left inguinal 左鼡径部
  • 器官や痛みの位置を記載するため

腹腔を仕切る2つの面

腹部の4つの領域

(M.112)
右上腹部 右上腹部
右下腹部 右下腹部
  • 身体所見を記述するために、4つの領域で分ける
  • 水平面
  • 垂直面
    • 正中面で正中を通り、身体の左右両半に分ける



外傷」

  [★]

injurytraumatraumatic injurytraumatic
外傷性傷害傷害性心的外傷損傷トラウマ受傷外傷性障害



通性」

  [★]

facultativefacultatively
偶発性任意随意


穿通性」

  [★]

penetrating
貫通性浸透性

傷」

  [★]

wound
創傷傷つける




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡