空間ピーク時間平均強さ

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

超音波の出力基準について 超音波の出力基準波は, 1,熱的作用についての基準 以下の4つについての計測がされています. SATA(spatial average temporal average) :空間平均時間平均の強さ SPTA(spatial peak temporal ...
のように強さ 、周期成分 を持ち、ノイズ が重畳してい る波形を想定する。 この信号を とすると、周期成分は全て平滑化されてゼロになる。さらに、正確な平均を出す ためには積分時間を無限に長くする必要があり、実用的ではない。

関連画像

技術|ピークホールド空間平均 時間平均電子密度分布(0.35[T]の シーベルト 北九州市の空間 平均線量率が0.809だからピーク


★リンクテーブル★
関連記事」「平均」「時間」「空間

間」

  [★]

一方インター~の中で


平均」

  [★]

averageaveragemeanevenaverage
意味偶数手段平ら平均値にもかかわらず

時間」

  [★]

期間時期瞬間モーメント~倍の


空間」

  [★]

space
スペース余地宇宙




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡