福岡記念病院

出典: meddic


ご注意下さい。最新の情報ではありません。
誤った情報がございましたらメールにてご連絡下さい。

目次

病院名

  • 社会医療法人大成会 福岡記念病院

url

理念

  • 地域住民が求める安全で信頼される医療をおこなう基本方針患者様中心の医療患者様の人格・権利を尊重します診療内容を説明し、納得された医療を行います適切な医療水準専門知識・技術の修得に努め、診療の質を高めます根拠・医の倫理に基づいたチーム医療を行います地域との積極的な連携医療連携を図り、地域の健康増進に寄与します地域救急医療の中心的役割を担います

住所

  • 〒814-8525 福岡市早良区西新1-1-35

診療の特徴、実績

  • 1、24時間救急診療態勢確立2、初期救急医療の重要性や技術の修得3、脳・循環器系疾患に対する専門的医療の実施4、交通外傷等重症外傷に対する専門的医療の実施5、診療枠を超えたチーム医療の重要性の認識6、ガンマナイフ治療を始めとする高度医療機器による低侵襲治療の実施

電子カルテ

  • 有り

一日平均入院患者数

  • 200.9人

一日平均外来患者数

  • 213.7人

平均在院日数(一般/精神)

  • 15.0日/0.0日

年間分娩件数

  • 38件(平成21年1月-21年12月実績)

年間剖検件数

  • 3件(平成21年1月-21年12月実績)

年間臨床病理研究会(CPC)の実施状況

  • 回数/2回

当院の救急医療の特徴

  • 当院は昭和42年に救急告示病院として初めて認可を受け、休日、夜間が医療砂漠だった時代から救急医療に取り組み、地域住民がいつでも安心して診療が受けられるよう環境作りに努力して参りました。現在では外科当番(福岡市救急病院協会)、内科二次(福岡県私設病院協会)、病院群輪番、土曜夜間内科二次(福岡市医師会)に参加しております。当院の特徴としては、救急車搬入件数が福岡市内で群を抜いており、市内では1,2位を争う数字となっています。救急応需体制においても、救急隊から連絡が入り次第その疾患に応じた複数の医師が、到着前に救急救命室に集合し、又、夜間においても当直医師以外の医師が数分以内にかけつけるオンコール体制が整っています。近い将来、独立した救急救命センターの設置も考えており、救急医療体制のさらなる強化は確実に前進しております。

救急専用診療室の有無

  • 有り

救急医療を行う診療科

  • 全科

一日平均救急外来患者数

  • 22.1人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

一日平均救急車搬送患者数

  • 11.7人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

年間心肺停止状態搬送患者数

  • 47人(平成21年1月-平成21年12月実績)

当直回数(月平均)

  • 3回

当直手当

  • 有り(20,000円/回)

当直時の勤務体制(研修医以外の当直医数)

  • 2人

当直時の勤務体制(当直研修医数)

  • 1人

勤務体制

  • 夜間勤務により、翌日は休み

公的年金保険

  • 有り

国家・地方公務員災害補償法の適応

  • 有り

労働災害補償保険

  • 無し

医師賠償責任保険の扱い

  • 有り

個人加入

  • 有り

指導医から一言

  • 当院の大きな特徴は、救急車の搬入件数が多いことです。年約4,000台受け入れております。急患については、診療科別の縦割りの診療でなく、患者様にとってベストな治療となるよう、全診療科でフレキシブルに対応する診療体制がとられています。毎朝行われる全科合同のカンファレンスなどを通じて、治療体制が決定されます。研修医はローテーション中の科の急患ばかりでなく、夜間勤務(2年次。指導医や専門科のオンコール体制の下に)や副夜間勤務(1年次。指導医と共に)で診療した患者については、希望があれば、指導医の指導の下に、退院まで一貫して患者の診療に当たれます。もちろん指導医と研修医との間には垣根などなく、ざっくばらんにディスカッションできます。研修の2年間が終わった時点で、どういう急患にもきちんと対応できる医師に育てあげるのが、我々指導医の使命だと考えております。そのためには研修医のやる気も大切で、頑張り屋の研修医を求めています。

先輩研修医からの病院紹介と、この病院を選んだ理由

  • 当院は、天神から地下鉄で4駅目の西新という繁華街にある救急医療の充実した病院で、研修指定病院としては小-中規模の病院です。2年間の臨床研修ではプライマリケア、特に急性期の医療にしっかりと取り組みたいと考えていましたので、研修病院は急性期の患者さんを数多く、幅広く経験できる病院と考え当院を選択しました。 当院は救急車により搬送される患者さんが数多く、圧倒的な症例数を誇る脳神経外科・整形外科を筆頭に、内科・外科・小児科・産婦人科はもちろんのこと、循環器科・泌尿器科・形成外科・皮膚科・精神科・眼科・耳鼻咽喉科の先生方が24時間オンコール体制でバックアップしているため、その患者さん達の疾患がバラエティに富んでいます。夜間勤務をしていると各科専門の先生方が私達研修医に救急現場での判断・処置等について直接指導をしてくださいます。また、毎朝行われているカンファレンスにおいては、画像所見について放射線科の先生につっ込んだ質問をするなど、各科に先生方と横断的なディスカッションを行っています。  医局では、研修医からなんと院長までひとつの部屋であるため、日頃から各科の先生方に気軽に質問をしたり、冗談を言ったり出来ることも、当院最大の特徴だろうと考えています。

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • P-0910 栄養サポートチーム(NST)による脂肪乳剤使用促進への取り組み(一般演題 ポスター発表,栄養管理・NST,Enjoy Pharmacists' Lifestyles)
  • 下村 ゆかり,坂本 美由紀,下山 真智子,兼重 晋
  • 日本医療薬学会年会講演要旨集 21, 333, 2011-09-09
  • NAID 110008910375
  • P2-133 薬剤部が行う血液製剤管理業務について : 血液製剤投与時における臨床検査値に関する調査(一般演題 ポスター発表,使用状況調査・意識調査,臨床から学び臨床へと還元する医療薬学)
  • 下村 ゆかり,魚住 秀親,坂本 美由紀,下山 真智子,兼重 晋
  • 日本医療薬学会年会講演要旨集 20, 412, 2010-10-25
  • NAID 110008109133

関連リンク

365日24時間体制で臨む救急医療|社会医療法人大成会 福岡記念病院. 社会医療 法人大成会 福岡記念病院. 365日24時間体制で臨む救急医療. COPYRIGHT © 2013 FUKUOKA KINEN HOSPITAL ALL RIGHTS RESERVED.
当院では、患者さまに安心して医療を受け ていただくために、安全な医療をご提供 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡