福岡東医療センター

出典: meddic


ご注意下さい。最新の情報ではありません。
誤った情報がございましたらメールにてご連絡下さい。

病院名

  • 独立行政法人国立病院機構 福岡東医療センター

url

理念

  • 病む人の気持ちを尊重し、優しく思いやりのある良質の医療を提供するとともに、国民の健康を守り、人間性に溢れた信頼される病院をめざします。

住所

  • 811-3195 古賀市千鳥1-1-1

診療の特徴、実績

  • ・救急告示病院として急性期一般医療を担う地域の中核的病院です。・政策医療推進の役割を担っていますが、とくに九州ブロックの呼吸器疾患の基幹病院であり、また、循環器疾患、内分泌疾患、小児科疾患の専門病院に認定されています。・呼吸器センターを開設して呼吸器疾患全般を扱い、とくに福岡県北部の結核診療の中心的施設です。 ・腫瘍センターを開設し、地域がん拠点病院に認定されています。・政策医療の一環である重症心身障害者医療の協力施設であり、生命の大切さを実感できる研修を体験できます。・当直体制が整っており、内科系、外科系、SCU、ICU等万全の受入体制を取っています。・敷地は広大で自然環境に恵まれ、福岡県北部に位置して交通至便の地です。

電子カルテ

  • 無し

一日平均入院患者数

  • 426.9人

一日平均外来患者数

  • 362.5人

平均在院日数(一般/精神)

  • 21.0日/0.0日

年間分娩件数

  • 0件(平成21年1月-21年12月実績)

年間剖検件数

  • 4件(平成21年1月-21年12月実績)

年間臨床病理研究会(CPC)の実施状況

  • 回数/4回

当院の救急医療の特徴

  • 当院は平成11年度より、救急告示病院となっています。

救急専用診療室の有無

  • 有り

救急医療を行う診療科

  • 救急患者に対しても各診療科で対応している。

一日平均救急外来患者数

  • 20.8人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

一日平均救急車搬送患者数

  • 5.5人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

年間心肺停止状態搬送患者数

  • 15人(平成21年1月-平成21年12月実績)

当直回数(月平均)

  • 4回

当直手当

  • 有り(診療に携わる時間につき、時間外勤務手当支給)

当直時の勤務体制(研修医以外の当直医数)

  • 5人

当直時の勤務体制(当直研修医数)

  • 0人

勤務体制

公的年金保険

  • 有り

国家・地方公務員災害補償法の適応

  • 有り

労働災害補償保険

  • 有り

医師賠償責任保険の扱い

  • 無し

個人加入

  • 無し

指導医から一言

  • 福岡市の東に位置する当院は、近隣に津屋崎海岸を有し風光明媚な環境にあります。周辺は住宅地の整備が進行中であり、高齢者を中心に幅広い年齢層の患者さんが受診されます。当院の特徴は(1)救急病院に指定され、24時間急患を断らない医療を行っている。(2)重度心身障害者、結核患者を受け入れている。(3)国の呼吸器疾患基幹施設に指定されている。(4)地域癌診療連携施設に指定されている。(5)Stroke Care Unitがあり脳血管内科、脳神経外科、神経内科、リハビリテーション科、神経放射線科と神経疾患の専門医が多くいることです。スタッフが若く各診療科間の垣根が低いので、研修医の皆さんには働きやすい環境だと思います。毎週1回の当直では先輩医師について救急患者への対応を学ぶことができますし、気管内挿管や腰椎穿刺の手技を身につけることはもちろんのこと、希望者には消化管内視鏡、気管支鏡、心臓カテーテル検査などの実技の指導がなされます。また、看護師、コメディカルとの連携を重視し、医療事故に対する危機管理にも力を入れています。何事にも積極的に取り組んでいける人、チームワークをとって仕事ができる人、危機管理やコスト意識を持つことのできる人、そういった研修医を当院は求めています。

先輩研修医からの病院紹介と、この病院を選んだ理由

  • 当院の初期研修では充実した救急外来研修を経験することができます。救急外来当直は内科系・外科系・脳神経系・救急車対応に分かれており、研修医はその全てで初期対応を行います。必ず上級医の指導の下で診療にあたるため、安心して救急外来を経験することができますし、症例もWalk inからCPAまで幅広く経験できるのは当院の魅力でしょう。当院では内科に関しては膠原病以外のほぼ全ての診療科を揃えており、外科も一般外科、脳神経外科、整形外科が揃っています。内科や外科志望だが専門分野を決めかねている人にも最適だと思います。指導医の先生方も素晴らしい方ばかりで、どんな質問やコンサルトにも丁寧に答えていただける先生ばかりです。当院では希望すれば何でも挑戦させてもらえる雰囲気があり、私も消化管内視鏡検査や心臓カテーテル検査などを実際にさせていただきました。将来どの診療科に進んだとしてもその経験は貴重なものとなると考えています。ぜひ一度見学に来て当院の雰囲気を感じてみてください。

和文文献

  • IC-PC 動脈瘤と母血管である床上部内頸動脈が責任病巣となりサンドイッチ状に動眼神経が圧迫された神経血管圧迫症候群の1 例
  • 患側の自然気胸を繰り返した気管支閉鎖症の1例

関連リンク

Copyright 2010 All Rights Reserved by FUKUOKA HIGASHI MEDICAL CENTER
福岡東医療センター 独立行政法人 国立病院機構 >> SKIP ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事医療」「センター

医療」

  [★]

health caremedical care
健康管理診療保健医療ヘルスケア


センター」

  [★]

centercentre
中央中心中央に置く中枢



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡