福岡市民病院

出典: meddic


ご注意下さい。最新の情報ではありません。
誤った情報がございましたらメールにてご連絡下さい。

病院名

  • 福岡市民病院

url

理念

  • 福岡市民病院の理念こころをつくした最高の医療を通じてすべての人の尊厳を守ります福岡市民病院の基本方針1.患者様本位の医療を提供します2.安全管理を徹底して行います3.高度救急・高度専門医療を提供します4.地域医療連携の充実を図ります5.健全経営に努めます

住所

  • 〒812-0046 福岡市博多区吉塚本町13-1

診療の特徴、実績

  • 当院は福岡市の市立病院で200床の急性期型(一般)病床を持っています。地域の特性により患者が多い肝臓、腎臓の疾患に対し、専門的医療を提供し、特に「肝炎、肝硬変、肝癌」の治療に関しては、センター的役割を果たしており、また腎透析用の動静脈瘻作成(血管外科)例数は市内でも有数です。また、当院の脊椎外科治療は常に九州のリーダーとして存在し続けており、消化器癌治療、糖尿病治療も指導的役割を果たしています。さらに近年は脳卒中センター(脳神経外科、神経内科)、循環器内科、ICUを設置し、地域に不足する高度救急医療を提供しています。

電子カルテ

  • 有り

一日平均入院患者数

  • 186.4人

一日平均外来患者数

  • 262.4人

平均在院日数(一般/精神)

  • 15.4日/0.0日

年間分娩件数

  • 0件(平成21年1月-21年12月実績)

年間剖検件数

  • 1件(平成21年1月-21年12月実績)

年間臨床病理研究会(CPC)の実施状況

  • 回数/2回

当院の救急医療の特徴

  • 当院の救急医療は福岡市消防局と連携して、救急救命士の気管挿管実習や救急ワークステーションを受け入れており、循環器内科と脳卒中センターが大きな柱となっています。

救急専用診療室の有無

  • 有り

救急医療を行う診療科

  • 全科

一日平均救急外来患者数

  • 16.8人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

一日平均救急車搬送患者数

  • 5.0人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

年間心肺停止状態搬送患者数

  • 6人(平成21年1月-平成21年12月実績)

当直回数(月平均)

  • 4回

当直手当

  • 有り(1年次から実績に応じて支給)

当直時の勤務体制(研修医以外の当直医数)

  • 2人

当直時の勤務体制(当直研修医数)

  • 1人

勤務体制

公的年金保険

  • 有り

国家・地方公務員災害補償法の適応

  • 有り

労働災害補償保険

  • 有り

医師賠償責任保険の扱い

  • 無し

個人加入

  • 有り

指導医から一言

  • 当院で予定している新しいカリキュラムでは1年次のBasic courseから2年次のAdvanced course & 選択コースへと段階的に組まれており、基本的な臨床能力の基礎を固めて、将来の専門医研修プログラムに継続していくようなシステムを構築しています。また、研修医の多くは、将来の進路を決めかねている場合が殆どのため、内科系と外科系の双方を幅広く研修し、将来への興味を高めることも大切と考えて、内科、救急、地域医療のほかに外科、麻酔科、精神科を必須科目と定めています。具体的には、1年次Basic courseでは、内科系4ヶ月(内科全般、画像診断)、外科系3ヶ月(外科全般)、救急3ヶ月(救急車同乗実習を含む)、麻酔2ヶ月をローテートします。2年次Advanced courseでは、内科系2ヶ月(循環器、神経・変性疾患)、外科系2ヶ月(運動器、脳神経疾患)、地域医療1ヶ月(離島医療)、精神科1ヶ月をローテートします。小児科、産婦人科に関しては、1ヶ月の小児・周産期研修を経験した後、本人の希望に応じて選択コース5ヶ月の期間内に研修できるシステムになっています。 Evidence based Medicineを実践でき、指導力と人間味を備えた医師の育成が卒後臨床研修制度のゴールです。今も昔も変わらず、初期研修では現実主義に偏らず、高い理想と社会的使命感を培うことが大切ではないでしょうか?指導医の責務とは、感性豊かな研修医のやる気を上手に育てることであり、彼等の資質を理解し、進むべき道を間違わせないようにうまく後押しするのが役割と言っても過言ではありません。質の高い研修医を輩出しなければ、地域医療の充実や医学研究の発展は期待できず、医学・医療の衰退を招くことは必定です。わが国の医療・医学の将来を考えると、“にわか Generalist”を育成するのではなく、これからの研修病院にはScience、Art、Humanityを兼ね備えた研修医の育成を目指す土壌が求められるのではないかと考えています。

先輩研修医からの病院紹介と、この病院を選んだ理由

  • 【研修医1年生の声】私は初期研修の目標として、医師として働くうえで実際必要でなおかつ基本となる知識や手技をまんべんなく身につけることと、自分なりに決めていたので、福岡市民病院nような市中病院がうってつけと思いました。大学病院や大きな病院は腫瘍や稀な疾病など偏った症例が多く、肺炎や脳卒中、骨折などのcommon diseaseの経験においては不十分であることが気がかりでした。また、福岡市民病院は規模が小さい分(200床)、各科の垣根が低く、どの科の先生たちともコミュニケーションが取りやすいのが魅力的でした。また、福岡市民病院は福岡市の中心部にあることと、自分の出身大学である九州大学に近いことなど研修環境の利便性が高いこともこの病院を選んだ理由です。【研修医卒業生の声】・消防局での同乗者実習はメリハリがあり、救急車の中での限界、転院搬送の時にどのような情報を伝えたらよいかなどが分かり勉強になりました。2年目研修では研修医がさせてもらえることが多くなり、充実していました。フィードバックが無いときもあったのでチェック体制を整える必要があると思います。(九大泌尿器科に入局)。・病院だけでなくコメディカルの顔がお互いに分かっていて仕事がやりやすかったです。病院全体で研修医を育てるという雰囲気は2年間を通じて変わらず、大切にしてほしいと思います。積極的にやりたいこと、経験しておきたいことを指導医に意思表示すれば、それに応えてくれる病院でした。(九大小児科に入局)・興味のある分野にはどんどん顔を出して良い雰囲気のある病院なので、はっきりした目標を持ち、積極的に知識・技術・考え方など今後の自分に必要なことを学んでいくと良いと思います。2年目研修では 比較的時間に余裕があるので、自分の糧となるように時間を有効に使ってください。(九大第二外科に入局)・自分にとって本当に良い研修となりました。是非、後輩達にも来てもらいたい病院だと思います。(九大精神科に入局)・「とにかく全てにおいて積極的に」という姿勢が大切です。自分の積極性により吸収量に差が出る研修であったと思います。(九大皮膚科に入局)[福岡市民病院ホームページを参照してください。]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 89歳に手術を行った原発性肺多形癌の一例
  • 松原 裕,立石 雅宏,奥山 稔朗,枝川 愛,東 貴寛,石井 寛邦,永田 茂行,橋本 健吉,内山 秀昭,江口 大彦,川中 博文,是永 大輔,竹中 賢治,Matsubara Yutaka,Tateishi Masahiro,Okuyama Toshirou,Edagawa Ai,Higashi Takahiro,Ishii Hirokuni,Nagata Shigeyuki,Hashimoto Kenkichi,Uchiyama Hideaki,Eguchi Daihiko,Kawanaka Hirofumi,Korenaga Daisuke,Takenaka Kenji,マツバラ ユタカ,タテイシ マサヒロ,オクヤマ トシロウ,エダガワ アイ,ヒガシ タカヒロ,イシイ ヒロクニ,ナガタ シゲユキ,ハシモト ケンキチ,ウチヤマ ヒデアキ,エグチ ダイヒコ,カワナカ ヒロフミ,コレナガ ダイスケ,タケナカ ケンジ
  • 福岡医学雑誌 103(9), 182-185, 2012-09-25
  • 原発性肺多形癌は,低分化な非小細胞癌で,紡錘細胞あるいは巨細胞を10%以上含むか紡錘細胞と巨細胞のみからなる腫瘍である.発症平均年齢はおよそ65歳で,男女比4.5:1と男性に多い.頻度は全肺腫瘍の約0.3%で,肺右上葉に好発し,喫煙との関連が大きい.リンパ節転移は比較的少ないが,発育が非常に早く,早期に胸膜浸潤や遠隔転移を起こす.また,ほとんどが切除検体の病理検査で確定診断されることが多く,術前に …
  • NAID 120004774703

関連リンク

2016/02/17 ≪休診のお知らせ≫ 2016/02/05 福岡市民病院では、平成28年度採用有期職員を募集しています 2016/02/02 福岡市民病院 臨床研修説明会 開催のお知らせ 2016/01/27 第50回院内救急症例検討会のお知らせ 2016/01/20 第 ...
福岡県福岡市の福岡市民病院(読み仮名:ふくおかしみんびょういん)の詳細データ(診療科目、地図、受診の感想)の一覧です。 ... 「福岡市民病院」を受診した感想の外部リンク(口コミ・評判を掲載している他のサイト) カルー ...

関連画像

福岡市民病院研修医の声福岡市民病院 福岡市立病院機構 福岡市民


★リンクテーブル★
関連記事市民

市民」

  [★]

citizencivil
一般人国民




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡