福井大学医学部附属病院

出典: meddic


ご注意下さい。最新の情報ではありません。
誤った情報がございましたらメールにてご連絡下さい。

病院名

  • 福井大学医学部附属病院

url

理念

  • 『最高・最新の医療を安心と信頼の下で』1.最高:本院は、すべての診療分野において地域医療の中核として、高度の医療を行い、それを全国的にも国際的にも最高のものとするよう努力しています。2.最新:県内唯一の特定機能病院として受診患者様のご理解の下で、日々、最先端医療の研究・開発・実践に努め、難治性の病気の克服に挑戦し続けています。3.安心:病院の総合的レベルの国際規格であるISO9001を国立大学病院では2番目に認証取得し、また、初めて安全管理と感染対策を統括する医療環境制御センターを設置し、医療事故や院内感染の無い、安心して診療を受けて頂ける病院であることを心掛けています。4.信頼:最高・最新・安心に加え、すべての医師・コメディカル・事務職員は、受診患者様のお気持ちを十分にお聞きし、それを理解し、心の通い合う医療を行うことにより患者様に信頼して頂ける病院であるよう努めています。

住所

  • 910-1193 吉田郡永平寺町松岡下合月23-3

診療の特徴、実績

  • 1.地域医療及び高度医療の提供(地域医療連携センターの開設、特定機能病院承認)2.高度先進医療とその開発3.卒後臨床研修の実施(臨床教育研修センターの設置)4.安全で質の高い医療の提供(ISO9001の取得)5.24時間救急診療の実施(一次救急から三次救急まで受入)

電子カルテ

  • 有り

一日平均入院患者数

  • 511.3人

一日平均外来患者数

  • 1,148.4人

平均在院日数(一般/精神)

  • 18.0日/68.3日

年間分娩件数

  • 108件(平成21年1月-21年12月実績)

年間剖検件数

  • 44件(平成21年1月-21年12月実績)

年間臨床病理研究会(CPC)の実施状況

  • 回数/9回

当院の救急医療の特徴

  • 軽症、重症を問わず、救急室に受診する全ての患者のニーズにあった初期診療ができるように、救急部と総合診療部の医師による救急初期診療部隊を形成している。この救急初期診療部隊が救急室に受診する全ての急病、外傷の患者を365日24時間体制で受け入れて初期診療を行い、入院治療や手術が必要な場合には各科の専門医師にバトンタッチしている。救急専用ベッド6床を有し、年間17,626件を受け入れている。

救急専用診療室の有無

  • 有り

救急医療を行う診療科

  • 全科

一日平均救急外来患者数

  • 48.0人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

一日平均救急車搬送患者数

  • 6.0人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

年間心肺停止状態搬送患者数

  • 70人(平成21年1月-平成21年12月実績)

当直回数(月平均)

  • 4回

当直手当

  • 無し(臨床研修手当に含む)

当直時の勤務体制(研修医以外の当直医数)

  • 17人

当直時の勤務体制(当直研修医数)

  • 3人

勤務体制

公的年金保険

  • 有り

国家・地方公務員災害補償法の適応

  • 有り

労働災害補償保険

  • 無し

医師賠償責任保険の扱い

  • 有り

個人加入

  • 有り

指導医から一言

  • 救急部と総合診療部が一体化して、一次救急から三次救急まで受け入れるERを運営している数少ない国立大学病院です。卒後臨床研修必修化の主目的であるプライマリケアから救急初期診療の研修には最適の環境です。 市中病院の雰囲気を持った大学病院として、最新の診療レベルがどこにあるかを認識しつつ、プライマリー・ケアにあたるという、理想の研修の場を提供出来ることを、自信を持って御約束したいと思います。

先輩研修医からの病院紹介と、この病院を選んだ理由

  • A:『ERの老舗へようこそ!』  2年間通じてER研修があるのは、初期対応力を身につけるにはとても有意義なことです。大学病院では珍しく、特色ある研修プログラムだと思います。厚生労働省が挙げる初期研修中に診るべき必修症状は、網羅できると思います。救急といえば怖い、難しいといったイメージがあるかもしれませんが、当院救急部医師は、全力で研修のサポートをさせて頂いておりますので、どうぞご安心下さい。B:病院を詳しく知るためには見学や、研修医に聞くのが有効です。ポイントは3点。(1)理想の医師像に近づける研修ができるか。(2)研修システムが確立されているか、研修責任者の熱意があるか。(3)ポリクリの延長でないか。まず、ポリクリ、見学に来て、いろいろ見て、聞いて、そしてあきらめず、流されず、逃げずに考えて下さい。お待ちしてます。

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/12/17 19:43:47」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

関連リンク

関連画像

福井大学医学部附属病院福井県立福井東特別支援学校 福井大学医学部附属病院の玄 福井大学医学部附属病院の画像


★リンクテーブル★
関連記事医学」「医学部」「学部」「大学

医学」

  [★]

medicinemedical scienceiatrologymedicalmed
医科医学上医学的医薬医用メディカル医療用医科学


医学部」

  [★]

medical schoolSchool of MedicineFaculty of Medicine
医学校


学部」

  [★]

facultyschoolundergraduate
学校学部学生


大学」

  [★]

universitycollegeUniv
単科大学




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡