神鋼加古川病院

出典: meddic


ご注意下さい。最新の情報ではありません。
誤った情報がございましたらメールにてご連絡下さい。

目次

病院名

  • 神鋼加古川病院

url

理念

  • 良質な医療、心優しい医療、信頼される医療

住所

  • 〒675-0115 加古川市平岡町一色797-295

診療の特徴、実績

  • 1、地域の中核病院として、急性期の高度医療の実施と地域医療の提供2、24時間救急診療の実施3、ACLS(二次救命救急処置)の研修コースの開催4、新卒医師の臨床研修の実施

電子カルテ

  • オーダリングのみ

一日平均入院患者数

  • 154.4人

一日平均外来患者数

  • 555.7人

平均在院日数(一般/精神)

  • 9.3日/0.0日

年間分娩件数

  • 370件(平成21年1月-21年12月実績)

年間剖検件数

  • 16件(平成21年1月-21年12月実績)

年間臨床病理研究会(CPC)の実施状況

  • 回数/10回

当院の救急医療の特徴

  • 当院では年間6,500人以上(平成21年)の救急患者を受け入れています。特に内科系疾患(循環器科、消化器科)中でも循環器疾患については、24時間カテーテル検査を行える体制を整えており、当地域での循環器専門病院として認められています。急性心筋梗塞、不安定狭心症、重症不整脈、重症心不全など循環器救急を要する疾患が抱負に経験できます。循環器内科とともに心臓血管外科での手術症例も豊富です。消化器疾患では消化器内科と消化器外科が連携よく治療に当たっています。小児科では、東播地域で輪番制で小児の二次救急を行っています。当院は第1日曜日、第4土曜日、毎週火曜日を担当しています。年間2,000人を超える小児が時間外に受診しており、熱性けいれん、気管支喘息発作などに加え、腸重積症などのさまざまな小児救急疾患を経験することができます。

救急専用診療室の有無

  • 無し

救急医療を行う診療科

  • 内科/外科/小児科/整形外科/口腔外科

一日平均救急外来患者数

  • 14.5人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

一日平均救急車搬送患者数

  • 4.7人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

年間心肺停止状態搬送患者数

  • 98人(平成21年1月-平成21年12月実績)

当直回数(月平均)

  • 4回

当直手当

  • 有り

当直時の勤務体制(研修医以外の当直医数)

  • 3人

当直時の勤務体制(当直研修医数)

  • 1人

勤務体制

  • 当直内訳:当直3回、休日日直1回(いずれも副直として)

公的年金保険

  • 有り

国家・地方公務員災害補償法の適応

  • 有り

労働災害補償保険

  • 無し

医師賠償責任保険の扱い

  • 有り

個人加入

  • 有り

指導医から一言

  • 患者さんの痛みを理解し、患者さんから信頼される医師を目指して、知識や技術を貪欲に習得しようとするバイタリティあふれる研修医の先生を待っています。平成17年には手術室・ICUが竣工し、心臓血管外科が開始され、平成19年2月には核医学検査、外来化学療法室が、平成20年12月からは第二血管造影室がそれぞれ開設され、より充実した研修ができるようになりました。急性期疾患の治療、救急医療の現場で指導医と一緒に患者さんの治療に汗を流す中で、充実した研修が行えるものと確信しています。

先輩研修医からの病院紹介と、この病院を選んだ理由

  • 私は、初期研修を行う病院を選ぶ際に、循環器に興味があったため循環器症例が多いこと、また一般内科が十分経験できることを重用視しました。神鋼加古川病院は、カテーテル、アブレーションなどの症例数が多く、さらに一般的な呼吸器疾患や消化器疾患も経験することができます。またスタッフも充実しており、丁寧にしっかりと指導してくださいます。また、研修医のために心エコー、腹部エコーの指導、中心静脈穿針の模型を使った講義など多くの学ぶ好機があります。楽しく充実した研修が送れ、神鋼加古川病院を選んで良かったと思います。一度見学にきてください。雰囲気の良さを実感できると思います。(T.M)私が研修病院を選ぶ際に重視したことは、見学先の病院で実際に研修している先輩方が「生き生き・楽しそうに仕事をしているかどうか」でした。もちろん、症例数や施設の規模・設備の良し悪し等も大事だとは思います。しかし、やはり人間ですのでやる気になれるとなれないのとでは同じ場所でも成果が違ってくると思うからです。また、一緒に働く研修医や上級医、またコメディカルや事務関連の方々が「Welcome!!」と受け入れてくれる環境であることも、研修を充実させることに非常に重要なポイントだと思います。院内で最も未熟者の研修医にとって、すべてのスタッフが先生です。さまざまな場所で多くの人からたくさんの事を学び、医師としての基本姿勢を身につけていくことになります。そんなわけで私は現在、いろんな職種のスタッフの方々に、時には優しく・時には厳しく指導していただきながら日々充実した研修生活を送っています。ぜひ一度、見学にいらしてください。研修医一同、お待ちしています!(K.T)

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/10/22 02:57:35」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 抗血栓療法継続下で抜歯を施行した患者の出血性合併症に関する臨床的検討 : ワルファリン投与患者282例について
  • 重田 崇至,梅田 正博,吉武 賢 [他],高橋 英哲,澁谷 恭之,古森 孝英,井堂 信二郎,長谷川 巧実,李 進彰
  • 日本口腔科学会雜誌 61(1), 1-7, 2012-01-10
  • NAID 10030795592
  • 舌部分切除術におけるポリグリコール酸シートおよびフィブリン糊スプレーの使用経験 : コラーゲン使用人工皮膚との比較
  • 竹内 純一郎,梅田 正博,村田 真穂 [他],筧 康正,木本 明,鈴木 泰明,重田 崇至,李 進彰,古森 孝英
  • 日本口腔外科学会雑誌 57(7), 394-400, 2011-07-20
  • NAID 10030272442

関連リンク

www.shinko-kakogawa-hp.com
神鋼病院(神戸)の外来受診(診療科)や初診・再診、人間ドック・健康診断、入院のご案内。看護師・医師・研修医の募集など求人、採用情報について。

関連画像

 加古川市民病院計画 - 加古川兵庫医大から神鋼加古川病院 医学生・初期研修医のキャリア :神鋼加古川病院(現加古川



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡