神経膠細胞

出典: meddic

neuroglia
gliocytus
neuroglial cellグリア細胞 glial cell膠細胞 gliocyteグリア glia神経膠
神経細胞シュワン細胞衛星細胞外套細胞


  • 神経組織を構成する細胞のうち支持組織と呼ばれるものであって、特に中枢神経組織に存在する細胞

神経膠細胞


-グリア細胞


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/07/25 21:02:57」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • クリップによる圧迫損傷術を施したラット脊髄におけるカテプシンDの免疫組織化学的研究(解剖学)
  • MOON Changjong,LEE Tae-Ki,KIM Heechul,AHN Meejung,LEE Yongduk,KIM Moon Doo,SIM Ki-Bum,SHIN Taekyun
  • The journal of veterinary medical science 70(9), 937-941, 2008-09-25
  • … びに7日目において約31kDaの活性型カテプシンDが有意に増加したが,約44kDaの非活性型カテプシンDは相対的に変化しなかった.免疫染色によってカテプシンDは正常な脊髄のほとんどの神経細胞ならびに多くの神経膠細胞に恒常的に発現しており,SCI時にはCD68陽性の活性化マクロファージ/小膠細胞で特に強く観察された.これらの所見は,外傷による中枢神経系炎症時にマクロファージ/小膠細胞の貪食とライソゾーム活性化に …
  • NAID 110006946009
  • 超高圧電子顕微鏡を用いた生物試料観察の基礎と応用 (特集 超高圧電子顕微鏡の医生物科学への応用)
  • 神経膠細胞-基礎と病変
  • 塚本 哲
  • 東京醫科大學雜誌 = THE JOURNAL OF TOKYO MEDICAL UNIVERSITY 65(4), 359-376, 2007-10-30
  • NAID 10019804450

関連リンク

グリア細胞 (グリアさいぼう、英: glial cell)は神経膠細胞(しんけいこうさいぼう)とも 呼ばれ、神経系を構成する神経細胞ではない細胞の総称であり、ヒトの脳では細胞数で 神経細胞の50倍ほど存在していると見積もられている。gliaという語は、膠(にかわ、 英語: ...
グリア細胞由来の腫瘍であり、神経上皮性腫瘍の大部分を占める。ほとんどが悪性 腫瘍で ...

関連画像

神経膠細胞2)神経膠細胞javcom ダウンロード「神経膠細胞(グリア細胞 2005年12月27日の記事一覧 - 詳細 転写調節因子Pax6がグリア細胞


★リンクテーブル★
リンク元髄膜炎」「シュワン細胞」「小膠細胞」「星状膠細胞」「neuroglia
関連記事神経」「細胞

髄膜炎」

  [★]

meningitis
脳脊髄膜炎
蛋白細胞解離


病因

  • 感染症(細菌、ウイルス、真菌など)、悪性腫瘍の浸潤 → 髄膜の炎症

分類

病原体

  • 菌血症→脳脈絡叢→髄腔
  • 菌体成分(LPSなど)→BBB, 上衣細胞、脳細胞の障害。神経膠細胞による炎症サイトカインの分泌
  • 血行性、あるいは神経軸索によりウイルスが髄腔に波及。

臨床経過

宿主要因と髄膜炎に関わる病原体

頻度・年齢階層が資料によって異なるため混乱しないように注意。

YN.J-137改変

4ヶ月未満 B群溶連菌(50%) 大腸菌(25%) インフルエンザ菌(20%) リステリア菌(1%)  
4ヶ月~6歳未満 インフルエンザ菌(70%) 肺炎球菌(25%)      
6歳~50歳未満 肺炎球菌(65%) インフルエンザ菌(10%) 髄膜炎菌  
50歳以上 肺炎球菌(80%) 黄色ブドウ球菌      
免疫不全者 クレブシエラ 連鎖球菌 緑膿菌 黄色ブドウ球菌 真菌

first aid step1 2006 p.161

Newborn (0–6 mos) Children (6 mos–6 yrs) 6–60 yrs 60 yrs +
Streptococcus agalactiae Streptococcus pneumoniae Neisseria meningitidis Streptococcus pneumoniae
Escherichia coli Neisseria meningitidis Enteroviruses Gram-negative rods
Listeria Haemophilus influenzae type B Streptococcus pneumoniae Listeria
  Enteroviruses HSV  
incidence of H. influenzae meningitis has ↓ greatly with introduction of H. influenzae vaccine in last 10–15 years.

CBT QB vol2 p.562

  1位 2位 3位
新生児 大腸菌 B群溶連菌 リステリア菌
小児期(6歳以下) インフルエンザ菌 肺炎球菌  
成人 肺炎球菌 髄膜炎菌  

IMD.1042

年齢 病原体
3ヶ月未満 B群溶連菌 大腸菌 リステリア菌
3ヶ月以上の乳小児 インフルエンザ菌 肺炎球菌  
成人 肺炎球菌 髄膜炎菌  
高齢者 肺炎球菌 グラム陰性桿菌 リステリア菌

小児細菌性髄膜炎起炎菌(PED.606)

<3か月 3か月≦
グラム陽性 球菌 Streptococcus agalactiae
Streptococcus pneumoniae
Staphylococcus
Enterococcus faecalis
Streptococcus pneumoniae(PSSP/PISP/PRSP)
桿菌 Listeria monocytogenes Listeria monocytogenes
グラム陰性 球菌 Neisseria meningitidis Neisseria meningitidis
桿菌 Escherichia coli
Enterobacter cloacae
Serratia marcescens
Haemophilus influenzae type b

新生児

  • Streptococcus agalactiaeは産道感染
  • Escherichia coliもおそらく産道感染

新生児と老人

  • Listeria monocytogenesは産道感染するので新生児に多い。新生児と老人に多いのは通性細胞内寄生菌で細胞性免疫の弱い宿主に感染やすいため?

乳児~幼児

  • Haemophilus influenzae type B

乳児~大人

  • Enteroviruses
  • Neisseria meningitidis

小児~大人

  • Herpes simplex virus

乳児~老人

  • Streptococcus pneumoniae

老人

  • グラム陰性桿菌は老人

髄膜炎の鑑別

  細菌性髄膜炎 ウイルス性髄膜炎 結核性髄膜炎 真菌性髄膜炎 癌性髄膜炎
外観 混濁 clear 水様~
キサントクロミー
日光微塵
clear~
日光微塵
clear~
キサントクロミー

70-180
(mmH2O)
↑↑
200~800以上

200~300

200~800

200~800

200~300
細胞
0-5
(/mm3)
500~数百万 10~1,000 25~1,000 25~1,000 25~500
好中球 リンパ球 リンパ球 リンパ球 好中球
タンパク
15-45
mg/dl
↑↑
50~1,500

正常~100

50~500

100~500

50~500

50-80
mg/dl
↓↓
0~40

正常
↓↓
~40
↓↓
~40

~40

予後不良因子

  • 入院時の状態に依存する:痙攣、意識レベルの変化、低血圧 (IRE.407)

国試



シュワン細胞」

  [★]

Schwann cell, Schwann's cell
Schwann細胞
顆粒細胞腫神経膠細胞シュワン鞘


    ミエリン鞘
髄鞘
シュワン鞘
有髄神経 中枢神経 ○(シュワン細胞)  
末梢神経 ○(希突起膠細胞)
無髄神経 ×


小膠細胞」

  [★]

microglia, microglial cell, microgliocyte
小神経膠細胞小グリア細胞ミクログリアホルテガ細胞 Hortega cell
神経膠細胞
  • first aid step1 2006 p.332

概念

由来

機能

星状膠細胞」

  [★]

astrocyte, astroglia, astroglial cell
astrocytus
アストロサイトアストログリアカハール細胞 Cajal cell星状グリア
神経膠細胞(グリア細胞)。アストログリア細胞希突起神経膠



neuroglia」

  [★] 神経膠細胞

WordNet   license wordnet

「sustentacular tissue that surrounds and supports neurons in the central nervous system; glial and neural cells together compose the tissue of the central nervous system」
glia

神経」

  [★]

nerve
nervus
ニューロン


解剖で分類

情報で分類

機能で分類


細胞」

  [★]

cell
cellula







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡