神経症性障害

出典: meddic

neurotic disorder, neurotic disorders


分類

ICD-10

  • F40 - F48 Neurotic, stress-related and somatoform disorders

比較

PSY.197
古典的分類 ICD-10 DSM-IV
恐怖症 恐怖症性不安障害   不安障害 広場恐怖症
パニック障害
社会恐怖
不安神経症 他の不安障害 パニック障害
全般性不安障害
不安障害 パニック発作
全般性不安障害
強迫神経症 強迫性障害   不安障害 強迫性障害
ヒステリー神経症 解離性障害, 転換性障害   解離性障害  
身体表現性障害 転換性障害
身体表現性障害 身体化障害 身体表現性障害 身体化障害
心気神経症 身体表現性障害 心気障害
身体表現性自律神経機能不全
持続性身体表現性疼痛障害
身体表現性障害 転換性障害
心気症
疼痛性障害
離人神経症 他の神経症性障害 離人・現実感喪失症候群 解離性障害 離人症性障害

教科書的分類


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ミュンヒハウゼン症候群 (特集 精神科医が知っておくべき症候群) -- (神経症性障害あるいは人格・行動の障害に関する症候群)
  • オセロ症候群 (特集 精神科医が知っておくべき症候群) -- (神経症性障害あるいは人格・行動の障害に関する症候群)
  • クレランボー症候群 (特集 精神科医が知っておくべき症候群) -- (神経症性障害あるいは人格・行動の障害に関する症候群)
  • ガンザー症候群 (特集 精神科医が知っておくべき症候群) -- (神経症性障害あるいは人格・行動の障害に関する症候群)

関連リンク

家庭医学館 神経症性障害の用語解説 - ◎国際分類に統一される ノイローゼという ことばに、なじみのある方が多いかと思います。精神医学では、伝統的にこれらの病態を 「神経症」と呼んできましたが、近年、国際的に、精神医学的な名称を整理して、共通な ...
神経症性障害克服のための具体的な説明) 神経症性障害は神経症の新しい呼び方で あり、ノイローゼや、神経質症、不安障害、恐怖症などと呼ばれることもありますが、精神 的な「とらわれ」が原因になって起こってくる症状になります。 心の悩みの中でも、「うつ ...
強迫神経症(強迫性障害)。強迫神経症(強迫性障害)とはどんな病気か 自分の意に 反して、不安あるいは不快な考えが浮かんできて、抑えようとしても抑えられない(強迫 観念(きょうはくかんねん))、あるいはそのような考えを打ち消そうとし gooヘルスケア 家庭 ...

関連画像

森田療法では神経症をどう 強迫性障害(強迫神経症) 障害・全般製不安障害・強迫性身体 表現 性 障害 心身症 臨床 あまり 聞き慣れない か もし  神経症のひとつが 強迫性障害1.神経症関連障害


★リンクテーブル★
国試過去問105F004
リンク元呼吸困難」「強迫性障害」「パニック障害」「精神症状」「恐怖症性不安障害
関連記事障害」「神経」「」「神経症」「性障害

105F004」

  [★]

  • a 「怖いので飛行機には乗れない」
  • b 「世間の人々から嫌われている」
  • c 「明日にも何か大変なことが起こる」
  • d 「人ごみや公共の場所に行くと不安になる」
  • e 「人前では緊張して思うように話ができない」


[正答]


※国試ナビ4※ 105F003]←[国試_105]→[105F005

呼吸困難」

  [★]

dyspnea (M)
呼吸、呼吸苦、呼吸不全
  • 研修医のための小児救急ABC 呼吸困難と呼吸不全

概念

  • 息が苦しいという自覚症状。呼吸時の不快な感覚である。呼吸苦とも記載されることがあるが、呼吸困難とする。息切れも同義とされている。
  • 呼吸困難という自覚症状があるにもかかわらず、必ずしも呼吸不全という客観的な病態に陥っていないことがあるので注意。

原因疾患

  慢性呼吸困難 急性呼吸困難
呼吸器疾患 閉塞性障害 慢性閉塞性肺疾患
肺リンパ脈管筋腫症
びまん性汎細気管支炎
気管支拡張症
気管支喘息発作
アナフィラキシー
上気道閉塞
気道内異物
肺炎細気管支炎
慢性呼吸器疾患の急性増悪
緊張性気胸
拘束性障害 肺線維症
間質性肺炎
混合性障害 塵肺
循環器疾患 肺高血圧症
慢性心不全
狭心症
急性冠症候群
急性心不全
非心原性肺水腫
致死性不整脈
肺血栓塞栓症
慢性呼吸器疾患に伴う右心不全
血液疾患 貧血 急性出血
神経筋疾患 重症筋無力症
ギラン・バレー症候群
筋萎縮性側索硬化症
進行性筋ジストロフィー
 
代謝疾患 甲状腺機能亢進症 糖尿病性ケトアシドーシス
尿毒症性アシドーシス
腎疾患 腎性貧血 糖尿病腎症に伴う肺水腫
急速進行性糸球体腎炎肺障害
中枢神経系疾患 脳炎
脳腫瘍
髄膜炎
 
精神神経系疾患   過換気症候群
神経症性障害
心身症

鑑別診断

IMD

呼吸困難の原因となる病態・疾患
呼吸困難の機序 原因 病態.疾患
①換気(労作)の増加 低酸素血症 (hypoxemia) チアノーゼをきたすCHD:Fallot四徴症など
高山病
肺動静脈瘻
肺実質病変:肺炎、腫瘍など
無気肺
肺塞栓症
新生児呼吸窮迫症候群
高炭酸ガス血症 閉塞性肺機能障害、肺胞低換気(「②換気能力の低下」参照)
アシドーシス(anaerobic and metabolic acidosis) 心疾患:肺動脈弁狭窄症MSによる心拍出量の低下
重症貧血
妊娠
腎不全
糖尿病
発熱 感染症など
②換気能力の低下 閉塞性肺機能障害 気道の閉塞:喉頭炎声帯麻痺、異物など
閉塞性肺疾患慢性気管支炎慢性肺気腫気管支喘息DPB
拘束性肺機能障害 肺高血圧症左心不全MS
肺切除
胸水の貯留
気胸
腫瘍肺炎
食道裂孔ヘル二ア
胸郭成形、脊柱後弯脊柱側弯強直性脊椎炎
間質性肺炎(特発性、続発性)
塵肺過敏性肺炎サルコイドーシスBO
反復性誤嚥性肺炎
Langerhans肉芽腫症
肺胞低換気 神経・筋機能不全:ポリオ多発性神経障害MG筋ジストロフィー
低K血症など
③心因性呼吸困難 不安、抑うつ、医原性 過換気症候群
CHD先天性心疾患MS僧帽弁狭窄症DPBびまん性汎細気管支炎BO閉塞性細気管支炎MG重症筋無力症

胸痛と呼吸困難

参考1
  • 気胸、肺炎、胸膜炎、慢性閉塞性肺疾患、慢性閉塞性肺疾患の悪化、肺癌などの肺疾患、心不全

参考

  • 1. 肺血栓塞栓症および深部静脈血栓症の診断、治療、予防に関するガイドライン(2009年改訂版)
http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2009_andoh_h.pdf




強迫性障害」

  [★]

obsessive compulsive
obsessive-compulsive disorder, OCD
強迫神経症 obsessive-compulsive neurosis
ICD-10
F42
神経症性障害 neurotic disorder
制縛神経症(anankastic neurosis強迫神経症(obsessional neurosis)、強迫性神経症(obsessive-compulsive neurosis)


ICD-10

F42.0

強迫思考あるいは反復思考を主とするもの Predominantly obsessional thoughts or ruminations

F42.1

強迫行為(強迫儀式)を主とするもの Predominantly compulsive acts [obsessional rituals]

F42.2

強迫思考および強迫行為が混合するもの Mixed obsessional thoughts and acts

F42.8

他の強迫性障害 Other obsessive-compulsive disorders

F42.9

強迫性障害,特定不能のもの Obsessive-compulsive disorder, unspecified

疫学

  • 生涯有病率:2-3%
  • 性差:成人- 性差無し。思春期では男性の方が多い。
  • 発症年齢:20歳前後(男性の方が幾分長い)

症状

診断

  • 1. 無意味あるいは不合理な観念が
  • 2. 自分の意志によってではなくひとりでに、あるいは自分の意志に反して出現し
  • 3. その観念を払いのけようとしても払いのけることができず
  • 4. 無理に押さえようとすると強い不快や不安の感情が起こる

治療

国試


パニック障害」

  [★]

panic disorder
恐慌性障害
他の不安障害神経症性障害不安障害広場恐怖

概念

疫学

  • 生涯有病率
  • パニック障害:3.8%
  • パニック発作:5.6%
  • 性差:女性の方が2-3倍多い
  • 発症年齢:一般的には若年青年期(平均年齢は25歳前後)

分類

DSM-IV-TR

  • 広場恐怖を伴うパニック障害
  • 広場恐怖を伴わないパニック障害
  • パニック障害の既往歴のない広場恐怖


症状

  • 10分ほどで急速に症状が増悪し、通常20-30分持続する
  • 切迫した死と破滅の感覚と極度の恐怖
  • 頻脈、動悸、呼吸困難、および発汗などを伴う
  • 発作間期の「また発作が起こるのではないか」という不安

鑑別診断

治療

  • 薬物療法:


精神症状」

  [★]

psychiatric symptom psychoneurosis psychoneurotic
神経症精神神経症神経症性障害
研修医当直御法度 症例帳 p.10
  • 40歳以降に初発した精神症状は器質的な疾患を鑑別に
1. 薬剤、中毒:睡眠薬、精神安定薬、アルコール、レセルピン、メチルドパ、β遮断薬、Ca拮抗薬、ジギタリス、テオフィリン、一酸化炭素中毒、アルコール禁断症候群
2. 感染症:尿路感染症、その他の敗血症
3. 電解質、代謝、内分泌:低ナトリウム血症、高カルシウム血症、尿毒症、肝性脳症、低血糖、糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン性高浸透圧性昏睡、甲状腺機能亢進症、甲状腺機能低下症
4. 中枢神経:てんかん、脳血管障害、脳腫瘍、慢性硬膜下血腫、正常圧水頭症、髄膜炎
5. 呼吸、循環不全(著明な脱水、心不全)
6. ビタミンB12欠乏、葉酸欠乏

恐怖症性不安障害」

  [★]

phobic anxiety disorder, phobic anxiety disorders
神経症性障害

ICD-10

  • F40 Phobic anxiety disorders 恐怖症性不安障害
  • .00 Without panic disorder
  • .01 With panic disorder
  • F40.1 Social phobias 社会恐怖症
  • F40.2 Specific (isolated) phobias
  • F40.8 Other phobic anxiety disorders
  • F40.9 Phobic anxiety disorder, unspecified

分類

治療

  • 薬物療法:抗不安薬(ベンゾジアゼピン系、(重症)フェノチアジン系)。(パニック障害、恐怖症政府案障害、強迫性障害)SSRI。(強迫スペクトラムの疾患)SSRI。
  • 森田療法
  • 精神分析的精神療法
  • 認知療法
  • 行動療法
  • 認知行動療法


障害」

  [★]

disorderimpairmentdysfunctiondamagedifficulty、(妨げ)barrierimpedimentobstacledisturbancefoe、(化学)hindrancedisorderimpairlesion
妨げ撹乱関門機能障害機能不全困難傷害障壁損なう損傷ダメージ破壊破損バリヤー病変不安妨害乱れ無秩序機能異常症疾患バリアバリアー機能異常機能不全症


神経」

  [★]

nerve
nervus
ニューロン


解剖で分類

情報で分類

機能で分類


害」

  [★] harmhazardinjure

危険損傷ハザード傷害を与える害する


神経症」

  [★]

neurosisneurotic
ノイローゼ
精神症状神経症性障害




性障害」

  [★]

sexual disorder, sexual and gender disorder




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡