神経性間欠跛行

出典: meddic

neurogenic intermittent claudication
神経性間欠性跛行


特徴

  • 3つに分類される。馬尾型、神経根型、混合型
  • 姿勢要素がある:体幹を屈曲したり、しゃがみ込むことで緩解

SOR.489

馬尾性間欠跛行

  • 下肢、殿部、および会陰部の異常感覚(しびれ、灼熱感、ほてり)
  • 下肢脱力感
  • 膀胱直腸障害:残尿感、催尿感
  • 疼痛はない。
  • 多根性障害
  • アキレス腱反射消失

神経根性間欠跛行

  • 下肢や殿部の疼痛。片側性が多い。
  • 単根性障害

和文文献

  • 神経性間欠跛行に対する保存的療法の限界--超音波療法施行患者による検討 ([第18回]日本腰痛学会 特集号)
  • 上原 徹,青木 一治,友田 淳雄 [他]
  • Journal of spine research 2(6), 1117-1121, 2011-06-00
  • NAID 40018905336
  • 神経性間欠跛行との鑑別法 (特集 閉塞性動脈硬化症(ASO)) -- (診断)
  • 神経性間欠跛行を再現するfictive実験モデル
  • 熱田裕司
  • 旭川医科大学研究フォーラム 11(1), 66-67, 2011-02-00
  • 雑誌掲載版
  • NAID 120002905421
  • 腰部脊柱管狭窄症の間欠跛行に対するlipoprostaglandin E1点滴治療の効果と限界
  • 岡本 弦,及川 泰宏,守屋 秀繁
  • 臨床整形外科 45(5), 433-436, 2010-05-00
  • NAID 40017129826

関連リンク

医学小知識 間欠性跛行 太田西ノ内病院 整形外科 間欠性跛行とは、しばらく歩くと足に痛みやしびれを生じ、少し休むとまた歩けるようになる症状のことをいいます。具体的にはバス停の1区間を歩くのに何度も休む、団体旅行でみん ...
間欠跛行は、神経性と血管性に大別されます。 間欠跛行とは 間欠跛行(かんけつはこう)とは、歩行などで次第に下肢の疼痛・しびれ・冷えを感じ、一時休息することにより症状が軽減し、再び歩行が可能となるものです。
腰部脊柱管狭窄症はどんな病気なのか、症状、放っておくとどうなるかなどについて、ご説明します。また、腰部脊柱管狭窄症における共通した症状である間欠性跛行や、下肢(足)の痛みを引き起こす坐骨神経痛についても掲載して ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事跛行」「神経」「神経性」「間欠

跛行」

  [★]

claudication
claudicatio
limp, limping、ひきずり足歩行
歩行

概念

  • 歩容の異常で足を引きずって歩くこと。
  • 易疲労感息切れによる歩行の困難さとは異なる。このような患者では休めばまた歩けるようになると訴えることがある。随伴症状を聞くことが大切。

PHD.357

  • exertional limb fatigue and pain

分類

間欠性跛行

  • 動脈性跛行:動脈の狭窄や閉塞など
  • 馬尾性跛行:脊柱管狭窄症など
  • 脊髄性跛行:脊髄動静脈奇形など




神経」

  [★]

nerve
nervus
ニューロン


解剖で分類

情報で分類

機能で分類



神経性」

  [★]

神経神経学神経学的神経原性神経因性神経型


間欠」

  [★]

間歇
  • 一定の時間をおいて、物事が起こったりやんだりすること
intermission




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡