神経孔

出典: meddic

neuropore
neuroporus



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 症例報告 仙骨神経孔を含む骨盤輪不安定型骨折に対し保存的リハビリテーション加療が奏功した1例
  • 貞清 秀成,石坂 正大,鈴木 達也 [他]
  • 理学療法とちぎ 2(1), 11-14, 2012
  • NAID 40019881784
  • 頬骨骨折における骨折線と眼窩下神経障害に関する新しい知見―昭和大学病院16年間の疫学調査からの報告―:―昭和大学病院16年間の疫学調査からの報告―
  • 佐藤 伸弘,門松 香一,保阪 善昭
  • 昭和医学会雑誌 69(6), 481-489, 2009
  • … しては骨片の転位により分類されたKnight & North分類を用いた.頻度,男女比,左右差,手術比率をそれぞれ調査し,過去の当科疫学統計報告と比較して同様の傾向であった.新たな知見として骨折線の眼窩下神経孔通過の有無により分類(通過群:A群,非通過群:B群)を行い,いずれの骨折も有意差なく存在することが判明した.さらに神経障害の出現はA群に有意に多く,その中でも頬骨回旋転位群により多く出現し …
  • NAID 130000852870
  • 頸椎部の硬膜内外に dumbbell 型腫瘤を形成した神経芽細胞腫の1例
  • 小泉 徹,川口 正二郎,古賀 壽男,辻 武寿,阿部 雅光,田渕 和雄
  • 脳神経外科ジャーナル 6(11), 786-790, 1997-11-20
  • … 頸椎部のカテコールアミン非分泌性神経芽細胞腫の1例を報告した.症例は8歳の男児で,左C6〜C7の根症状で発症した.頸部MRIにて均一に造影される左C6〜C7神経孔付近のdumbbell型の腫瘍を認め,これは比較的短期間に増大した.腫瘍亜全摘出術後,残存腫瘍に対して放射線治療と,髄腔内投与を併せた全身化学療法とを行ったが,約2年の経過で死亡した.摘出腫瘍の病理組織診断は神経芽細胞腫であったが,尿中vanilmandelic acid, …
  • NAID 110003812964

関連リンク

脊髄神経は、脊椎の椎間孔ごとに一対ずつ出ている。頚椎の間から出るものを頚神経( cervical nerve)、胸椎の間から出るものを胸神経(thoracic nerve)、腰椎の間から出る ものを腰神経(lumbar nerve)、仙骨の仙骨孔から出るものを仙骨神経(sacral ...
② 筋力検査→筋力低下・筋萎縮. ③ 反射検査→腱反射異常(減弱・消失). 神経支配 領域. 脊髄神経は、それぞれ支配する領域が決まっているの. で神経根が障害されると、 特定の部位に症状が出現しま. す。例えば、C5は三角筋・上腕二頭筋を支配している ...

関連画像

孔とそこを通る血管神経の名称 陰部神経は梨状筋下孔から出た ③下顎神経(V3)神経鞘腫(シュワン細胞腫)神経圧迫の色々


★リンクテーブル★
リンク元neuropore
拡張検索後神経孔」「前神経孔
関連記事神経

neuropore」

  [★] 神経孔

  • (解剖)神経孔


後神経孔」

  [★]

[[]]
[[]]
posterior neuropore


前神経孔」

  [★]

[[]]
[[]]
anterior neuropore


神経」

  [★]

nerve
nervus
ニューロン


解剖で分類

情報で分類

機能で分類





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡