神経内科医

出典: meddic

neurologist
神経学者

和文文献

  • 水俣病大検診後--首都圏被害者掘り起こし活動の報告とその過程での一神経内科医の気づき (第25回保団連医療研究集会 患者・住民に喜ばれる医療をめざして) -- (第5分科会 公害・環境・職業病)
  • 戸倉 直実,斎藤 裕幸
  • 月刊保団連 (1055), 133-135, 2011-01
  • NAID 40017661837
  • 神経疾患の遺伝子医療--神経内科医の果たす役割

関連リンク

日本神経学会認定神経内科専門医名簿. 日本神経学会ホームページ. 県を選択して ください。 日本地図. 北海道 | 青森県 | 岩手県 | 宮城県 | 秋田県 · 山形県 | 福島県 | 茨城県 | 栃木県 | 群馬県 · 埼玉県 | 千葉県 | 東京都 | 神奈川県 | 新潟 ...

関連画像

元神経内科医あまりすのお気楽 新任の白川医師が神経内科医に 披露 されました 神経 内科医 小林 麗 神経内科医長 神経 内科医 5 神経 内科医 alsだいし@神経内科医


★リンクテーブル★
国試過去問105E063
リンク元neurologist」「神経学者
関連記事神経」「神経内科」「内科医」「内科

105E063」

  [★]

  • 次の文を読み、63-65の問いに答えよ。
  • 58歳の男性。呼吸困難を主訴に来院した。
  • 現病歴   2年6か月前から転倒しやすくなったため、自宅近くの診療所を受辞し、右下肢の筋力低下を指摘された。上肢の筋力低下も出現し、2年前に総合病院の神経内科で筋萎縮性側索硬化症(ALS)の診断を受けた。介護保険サービスを利用しながら在宅療養していたが、半年前から球麻痺症状が出現し、徐々に発声量が低下した。2、3日前から微熱と鼻汁とがあり、喀痰の量が増加し、喀痰排出が困難となって、呼吸困難が出現した。
  • 既往歴   特記すべきことはない。
  • 生活歴   管理職であったが、発症後退職した。専業主婦の妻との2人暮らし。子どもは2人いるが、それぞれ独立している。
  • 現症   意識は清明。身長172cm、体重54kg。体温37.2℃。脈拍72/分、整。血圧112/78mmHg。経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)88%。咽頭に軽度発赤を認める。心音と呼吸音とに異常を認めない。胸郭の動きは不良である。腹部所見に異常を認めない.直腸指診で前立腺に肥大を認めない。構昔障害は強いが、かろうじて単語レベルでのコミュニケーションが可能である。下肢の筋萎縮が著しく、筋力低下のため歩行困難で常時車椅子を使用している。排泄、入浴は全介助である。上肢の筋力は著しく低下し、食事は全介助で、水分摂取にはとろみを要する。
  • 検査所見  血液所見:赤血球386万、Hb 11.4g/dl、Ht 38%、白血球 9,200、血小板 24万。血液生化学所見:血糖 96mg/dl、総蛋白 6.0g/dl、アルブミン 3.2g/dl、尿素窒素 14mg/dl、クレアチニン 0.9mg/dl、AST 38IU/l、ALT 30IU/l、LD 204IU/l(基準176-353)、Na 136mEq/l、K 4.0mEq/l、Cl 98mEq/l。CRP 1.0mg/dl。動脈血ガス分析(自発呼吸、room air):pH 7.38、PaCO2 50Torr、PaO2 55Torr、HCO3- 30mEq/l。心電図と胸部エックス線写真とに異常を認めない。
  • その後の経過   頻回の喀痰吸引でSpO2は93%まで改善し、その後解熱し呼吸困難も消失した。本人と家族は在宅療養の継続を強く希望しており、その準備のためのカンファレンスを開催することになった。
  • カンファレンスへの参加が必要ないのは誰か。
  • a 訪問看護師
  • b 成年後見人
  • c 神経内科医
  • d ケアマネジャー
  • e 在宅診療の担当医


[正答]


※国試ナビ4※ 105E062]←[国試_105]→[105E064

neurologist」

  [★]

WordNet   license wordnet

「a medical specialist in the nervous system and the disorders affecting it」
brain doctor

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「神経学者,神経科医」


神経学者」

  [★]

neurologist
神経内科医


神経」

  [★]

nerve
nervus
ニューロン


解剖で分類

情報で分類

機能で分類


神経内科」

  [★]

neurology
神経学神経内科学


内科医」

  [★]

physician, internist
医師


内科」

  [★]

internal medicine
内科学




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡