神戸掖済会病院

出典: meddic


ご注意下さい。最新の情報ではありません。
誤った情報がございましたらメールにてご連絡下さい。

目次

病院名

  • 神戸掖済会病院

url

理念

  • 神戸掖済会病院は、掖済(助け救う)の精神に基づき、社会すべての人々に対し人間愛に満ちた心優しい医療を提供いたします。

住所

  • 〒655-0004 神戸市垂水区学が丘1-21-1

診療の特徴、実績

  •  神戸掖済会病院 病院長  島津 敬神戸掖済会病院は兵庫県神戸市垂水区で、急性期医療を提供する病院です。母体の社団法人日本海員掖済会は前島密氏が明治13年に船員の福利厚生を目的に設立した法人で、社団法人の登記第一号と歴史ある組織です。経営する病院が全国に8か所あり、それらは神戸をはじめとして横浜・長崎・名古屋など港町に配置されています。日本人船員が減ったため、患者さまの大多数は一般の方ですが、現役の船員の方や引退した方も多くおられます。遠い洋上で病人が出た際の船舶無線による医療相談が着信することがあるのはそういう歴史があるからです。当院は大正8年に設立され、神戸市垂水区のほぼ中央に存在しており、病室の窓からは明石海峡大橋や淡路島・瀬戸内海が望める風光明美な立地です。垂水区は人口が22万人と大きな区で、周辺は神戸市のベッドタウンとして人口増加中であり、神戸掖済会病院は内科・外科に加えて救急医療・小児科医療・産科医療などを提供させていただいている317床の急性期病院です。救急患者数は平成19年度で9000名を超えており、救急車による搬送患者数も2000名を超えております。また、病診連携・病病連携にも力を注いでおり、地域に密着した専門性の高い医療を提供しています。年間手術数も1500件を超えており、やりがいのある研修を受けていただけることを保証します。指導医は研修医の希望を考慮して研修を行うことを目指しており、先輩の研修医の方たちも後輩たちを前年度の経験を生かして導いてくれています。ぜひ、当院の研修プログラムへの参加をお待ちします。

電子カルテ

  • オーダリングのみ

一日平均入院患者数

  • 260.0人

一日平均外来患者数

  • 600.0人

平均在院日数(一般/精神)

  • 13.5日/0.0日

年間分娩件数

  • 434件(平成21年1月-21年12月実績)

年間剖検件数

  • 0件(平成21年1月-21年12月実績)

年間臨床病理研究会(CPC)の実施状況

  • 回数/1回

当院の救急医療の特徴

  • 救急医療については、神戸市第二次救急協議会の輪番制に則り、基本科目(内科・外科)、循環器科、小児科、整形外科。その他(消化器外科・皮膚科)当番を実施しており、地域の中核病院として救急医療を担っています。

救急専用診療室の有無

  • 有り

救急医療を行う診療科

  • 内科・外科・循環器内科、整形外科、小児科、消化器外科、皮膚科

一日平均救急外来患者数

  • 6.0人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

一日平均救急車搬送患者数

  • 3.0人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

年間心肺停止状態搬送患者数

  • 100人(平成21年1月-平成21年12月実績)

当直回数(月平均)

  • 3回

当直手当

  • 有り

当直時の勤務体制(研修医以外の当直医数)

  • 2人

当直時の勤務体制(当直研修医数)

  • 1人

勤務体制

  • 通常医員と〃

公的年金保険

  • 有り

国家・地方公務員災害補償法の適応

  • 有り

労働災害補償保険

  • 無し

医師賠償責任保険の扱い

  • 有り

個人加入

  • 有り

指導医から一言

  • 当院の初期研修では、医師の基本である人間性の涵養、患者様、その家族及び医療スタッフとの大切なコミュニケーションを形成できる素養の鍛錬、そして基本的な診療技術の修得を目標としています。当院では研修開始後できる限り早期に多くの指導医と出会うことがより研修生活を充実させるという信念のもと、指導医及び各部門スタッフにより研修医を対象にして毎朝8時より講義を行っていますが、この講義により指導医及び各スタッフとのコミュニケーションがとりやすくなり、研修医にとってより研修しやすい環境が整ったと思っております。また当院のプログラムは、自由度が高く幅広い研修体制を準備しています。研修医が指導医とともに患者様を診療しながら専門的な治療を身につけられるようにしています。また当院グループの名古屋病院救命救急センターにおいて1ケ月間の3次救急のトレーニングを実施しており、大きな成果をあげています。常に研修医の方向性を考えて対応できる指導体制のもと、初期救急処置から特化した治療にいたるまで幅広い研修が可能です。当院において、有意義な研修生活を体得し、医師としての礎を築いていただきたいと心より願っています。

先輩研修医からの病院紹介と、この病院を選んだ理由

  • 当院での研修は、非常に自由度は高く、各研修医の希望にあった研修を行うことが出来ます。現在研修中の診療科以外の科の診療にも参加することが可能です。ドクター・コメディカル等の病院スタッフは大変教育熱心で親身に指導して下さるので自ら積極的に取り組めばとても充実した2年間を過ごすことができると思います。診療科間の垣根も低く困った時には、いつでも気軽にコンサルトできる環境も魅力のひとつです。一緒に研修の枠にとらわれないアクティブな研修生活を楽しみにしています。

和文文献

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡