社会保険田川病院

出典: meddic


ご注意下さい。最新の情報ではありません。
誤った情報がございましたらメールにてご連絡下さい。

病院名

  • 社会保険田川病院

url

理念

  • 《財団法人 福岡社会保険医療協会 理念》1.患者中心の医療1.医療の質の向上1.地域社会に合った手づくりの医療1.安心と信頼を持たれる病院づくり(基本方針)「満足、安心、信頼を持たれる病院をめざし、地域社会、地域住民に良質な医療を提供するよう努めます。」1.患者中心の医療をめざし、チーム医療を実践します。2.医療の質の向上と医療安全対策推進に努めます。3.患者さんに理解の得られる説明を行います。4.平等な医療の提供、プライバシーの尊重、情報開示、治療の選択など、患者さんの権利を尊重します。5.地域がん診療連携拠点病院として、また地域における中核病院としての役割を充分に踏まえ、他の医療機関や介護施設との連携を推進します。6.施設の共同利用や地域の医療従事者の教育研修に努めます。7.救急医療、在宅医療、老人医療および予防医学に対応する諸策を遂行します。8.健診部門や介護保険センターを通じて、地域社会の保健・福祉に貢献します。9.心ある医療を提供するために、職員の教育・研修の充実とモラルの向上に努めます。

住所

  • 〒826-8585 田川市上本町10-18

診療の特徴、実績

  • 地域の中核医療機関として新生児より高齢者までの高度・急性期医療を担っています(日本医療機能評価機構認定病院、地域がん診療連携拠点病院、開放型病院、二次救急病院)。また健診事業、介護保険事業等も積極的に推進し、医療・保健・福祉の各方面にわたり地域のニーズに対応すべく取り組んでいます。

電子カルテ

  • 有り

一日平均入院患者数

  • 295.2人

一日平均外来患者数

  • 741.9人

平均在院日数(一般/精神)

  • 18.3日/0.0日

年間分娩件数

  • 361件(平成21年1月-21年12月実績)

年間剖検件数

  • 0件(平成21年1月-21年12月実績)

年間臨床病理研究会(CPC)の実施状況

  • 回数/0回

当院の救急医療の特徴

  • 救急告示病院として2次救急を担当し、質の高い急性期医療を提供しています。現在、年間2500件以上の救急搬送を受け入れており、幅広く救急医療に関する経験を積むことができます。

救急専用診療室の有無

  • 有り

救急医療を行う診療科

  • 内科/外科系

一日平均救急外来患者数

  • 22.0人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

一日平均救急車搬送患者数

  • 6.9人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

年間心肺停止状態搬送患者数

  • 0人(平成21年1月-平成21年12月実績)

当直回数(月平均)

  • 4回

当直手当

  • 有り

当直時の勤務体制(研修医以外の当直医数)

  • 2人

当直時の勤務体制(当直研修医数)

  • 1人

勤務体制

公的年金保険

  • 有り

国家・地方公務員災害補償法の適応

  • 有り

労働災害補償保険

  • 無し

医師賠償責任保険の扱い

  • 有り

個人加入

  • 有り

指導医から一言

  • ・当院は地域の基幹病院として、24時間救急・病診連携に対応した348床の急性期病院であり、初期救急から高度専門医療までの多岐にわたる研修が可能となっており、将来いずれの分野を目指すとしても必要となる総合的・基本的な技術・手技の習得が可能です。また同時に、医師としての人格形成、全人的に患者を診る能力を涵養することも研修の重点においています。・研修スケジュールとしては、1年次は内科6ヶ月、救急部門3ヶ月、選択必修科目3ヶ月とし、2年次は地域医療1ヶ月、残り11ヶ月を選択科目としています。選択科目においては、当院の診療科の中から研修医の将来のキャリア形成に基づき、必要な診療科を幅広く選択できる設定としており、厚労省の到達目標達成に配慮しながら、一方で個々の研修医の希望を充分に考慮した研修を実施できる体制を整えております。・指導医によるマンツーマンによる研修を基本とし、プログラム責任者との充分な協議による、個々の研修医に合った、継続性と柔軟性のあるプログラムとなっております。

先輩研修医からの病院紹介と、この病院を選んだ理由

和文文献

  • OP-132-2 StageIII結腸癌に対するカペシタビン術後補助化学療法の安全性確認試験(KSCC0803) : 中間報告(大腸癌化療-5,一般口演,第110回日本外科学会定期学術集会)
  • 當山 鉄男,徳永 章二,江見 泰徳,掛地 吉弘,定永 倫明,福澤 謙吾,浜之上 雅博,藤也 寸志,末永 豊邦,田中 裕穂,白水 和雄,前原 喜彦
  • 日本外科学会雑誌 111(臨時増刊号_2), 496, 2010-03-05
  • NAID 110007716785

関連リンク

社会保険田川病院では、どのようなご支援が出来るかを考えた結果、職員一同と患者様 からお寄せいただいた義援金が3月25日現在で92万9,297円となりました。全額 、西日本新聞社を通じて被災地の皆様へのご支援として活用されるようお贈りさせて ...

関連画像

特大社会保険田川病院 1日看護  医療協会 社会保険 田川病院社会保険 田川病院 [ 福岡県


★リンクテーブル★
関連記事社会保険」「社会

社会保険」

  [★]

social insurance
社会保障


社会保険の構成

SUB.80
  被保険者 給付内容 窓口  
医療保険 全人口 現物 社会保険事務所 皆保険制
年金保険 20-60歳 現金 皆年金制
労災保険 労働者 現物 労働基準監督署 自営業者、学生は対象外
保険料は事業主が負担
現金
雇用保険 労働者 現金 公共職業安定所 保険料は事業主と労働者が負担
介護保険 第1号(65歳以上) 現物 市町村 第2号は医療保険に加入しており、40-65歳未満である場合
第2号(40-65歳未満)


社会」

  [★]

societysocietal
学会協会




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡