社会保険中京病院

出典: meddic


ご注意下さい。最新の情報ではありません。
誤った情報がございましたらメールにてご連絡下さい。

病院名

  • 社会保険中京病院

url

理念

  • 社会保険中京病院の理念全ての病める人に、安心・安全な医療による、希望と安らぎを!基本方針:I)提供する医療:私達は、市民が安心して暮らせるよう、地域中核・急性期総合病院として、以下の考えに基づいた医療を行います。科学的根拠に基づいた高度・先進的医療十分な情報開示と納得地域医療連携とチームワーク適正な健康保険診療と生活習慣病予防II)職員の勤め:全ての職員は、奉仕の精神に徹し、生命を畏敬し、自らを厳しく律し、日々研鑽を積み、笑顔で挨拶し、地域に必要とされる病院にするよう務めます。

住所

  • 〒457-8510 名古屋市南区三条一丁目1番10号

診療の特徴、実績

  •  当院は名古屋市南区に位置する、26診療科683床、常勤医師数180名の総合病院です。救命救急センターを設置するほか、ICU、救命ICU、NICCU等の高機能病床および熱傷センター、脳卒中センター、がん診療センターなどの診療組織を持ち、平均在院日数13日台の急性期医療を展開しています。また、2006年には地域支援病院に、2007年にはがん診療連携拠点病院に指定され、名古屋を代表する大規模総合病院の一つとして市南部の中核病院の役割を担っているものと自負しています。特に、脳血管障害や心臓病には力を入れており、脳卒中センターは県内屈指の手術数を誇る脳外科を中心に神経内科、救急科、NSTチームその他関連セクションが連携し、診療に当たっています。また、心臓病領域には心臓血管外科、循環器科、小児循環器科の3診療科を擁し、豊富な専門スタッフにより、虚血性心疾患は言うに及ばず、心房中隔欠損や不整脈等の高度なカテーテル治療を展開しています。先天性心疾患の患者数、手術数は東海地区トップクラスを誇ります。入院患者の約20%はがん患者であり、内科系・外科系各診療分野の専門医が手術や化学療法など最新のがん治療を展開すると共に、拠点病院にふさわしい最新鋭の放射線治療機器や診断機器の整備も進めています。緩和ケアチームや患者相談部門なども活発に活動しており、早期発見から末期医療まで多職種によるチーム医療で質の高いがん医療を提供しています。これらの資源を生かして、集学的治療からコミュニケーションスキルや緩和医療までトータルに研修医の時期からがん診療について学ぶことができます。 生活習慣病領域では予防から患者教育、難治症例の治療および網膜症や腎症等の合併症治療まで一貫した医療の提供を行っています。予防医療提供の拠点として健診センターを併設しており、今年から始まるメタボリック症候群を対象とした特定健診・特定保健指導の実施をきっかけに、内分泌代謝科とがん診療センターが主導して新しいコンセプトの生活習慣病健診およびがん検診を提供するためにセンターのシステムを一新しました。総合的な診療能力を持つ医師の育成のため、内科系7診療科(循環器、消化器、呼吸器、神経内科、血液、内分泌代謝、腎・透析)は、統合内科を組織して臨床研修に当たっています。内科全般に幅広い裾野をもった専門医の育成と、全人的な内科医療の提供を目指しています。中京病院の代名詞ともいえるわが国で最初の熱傷センターも健在です。愛知県の重症熱傷の約60パーセントを収容し、ヘリコプターによる遠隔地からの搬送も日常の光景です。救急科と形成外科が連携して診療に当たり、全国1位の実績を誇っています。 また、眼科は、総合病院の強みを生かした高度な眼科治療を展開すると共に連携システムを活用したユニークな方法で若手の育成に務めており、皮膚科や整形外科は膠原病治療にも力を入れています。治験管理室や研究部などの研究支援部門も充実していて、各分野共に臨床研究にも積極的に取り組んでいます。研究班や大学等との多施設共同臨床研究のみならず、生活習慣病や腎・泌尿器領域を中心に多数の新薬治験も行っています。特に研究部は、研修医の院内発表や学会発表も支援してくれる力強い味方です。

電子カルテ

  • オーダリングのみ

一日平均入院患者数

  • 596.0人

一日平均外来患者数

  • 1,271.0人

平均在院日数(一般/精神)

  • 14.0日/0.0日

年間分娩件数

  • 351件(平成21年1月-21年12月実績)

年間剖検件数

  • 23件(平成21年1月-21年12月実績)

年間臨床病理研究会(CPC)の実施状況

  • 回数/4回

当院の救急医療の特徴

  • 当院は名古屋市にある5つの救命救急センターの1つであり、名古屋市南部の救急医療の中核施設として多数の救急患者を受け入れています。救急救命センターは、大阪大学特殊救急部のバックアップのもとに、6名の救急専門医が中心になって運営しています。常時救急科の強力な後ろ盾があるため、レジデントや研修医は安心して積極的に救急診療に取り組んでいます。内科、外科、小児科、産婦人科の当直もいるため、24時間専門的な対応が迅速にできる体制も確保されています。救急車以外で多数のコモンディジーズの患者も来院するため、救急外来は初期臨床研修には欠かせないトレーニングの場となっています。救急患者の診療は初期臨床研修においては極めて重要な要素と考えているため、進捗度に合わせた研修が可能になるよう1年次と2年次の2回救急科をローテートするカリキュラムにしてあります。

救急専用診療室の有無

  • 有り

救急医療を行う診療科

  • 救急科:第3次救急医療統合内科/外科系全科/小児科眼科・耳鼻咽喉科・産婦人科:輪番制

一日平均救急外来患者数

  • 53.5人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

一日平均救急車搬送患者数

  • 9.8人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

年間心肺停止状態搬送患者数

  • 185人(平成21年1月-平成21年12月実績)

当直回数(月平均)

  • 5回

当直手当

  • 有り(13000円/回)

当直時の勤務体制(研修医以外の当直医数)

  • 5人

当直時の勤務体制(当直研修医数)

  • 4人

勤務体制

  • 救急科・麻酔科ローテート中は病院当直免除。当直の翌日は原則半日勤務

公的年金保険

  • 有り

国家・地方公務員災害補償法の適応

  • 有り

労働災害補償保険

  • 無し

医師賠償責任保険の扱い

  • 有り

個人加入

  • 有り

指導医から一言

  • 当院で研修を修了したことが、患者からも医療者からもより確かな信頼の根拠になるような研修を作り上げていきたいと考えています。当院には、以下のような恵まれた研修資源が有ります。1)プロフェッショナルな医師が豊富当院は多機能でかつ高機能病院であるため、質の高い医療の構築に熱意をもった多種多様の有能な専門家が集まっています。特に医師数は各分野とも豊富で年代的にもバランスが取れており、充実した研修体制構築の土台ともなっています。2)症例が豊富病院が地域に支持されており、入院、外来、救急ともに患者数が多く、多彩で豊富な症例が経験できます。3)臨床研修センターを設置 より一層の臨床研修充実のために、平成21年度から、専任のセンター長、指導医が運営する臨床研修センターを設置しました。実地のOn the job training (OJT)だけでなく、これを支えるOff job trainingの実施や、研修システム全体の管理も担当します。4)教育・研修に熱心な病院地域支援拠点や連携拠点として、院内のみならず地域に対しても教育・研修活動を積極的に展開しており、様々な機会に研修や教育の訓練を受けた熱心で経験豊富な医師・看護師やその他の職員が多数勤務しています。5)立地がよい 名古屋市内に位置し中心部とのアクセスも良いため、忙しい合間を縫って院外で開催される勉強会や講演会等にも出席できます。良い研修のためには、良い仲間を得ることもとても大切な事です。是非「いい医者になりたい」という強い志を持った諸君が当院に集い、充実した研修医時代を過ごしていただきたいと思います。

先輩研修医からの病院紹介と、この病院を選んだ理由

  • (藤田保衛大・男・T)ここの外科のスタッフとして働きたかった。どのスタッフもギラギラした目で積極的に手術に参加しています。初期研修では、救急医療の教育が充実しているため、日々勉強させてもらっています。(島根大・男・G)病床数が適度に多く、common diseaseがしっかり勉強できます。また透析病床数も多く、腎移植も行なっており腎臓内科志望には最適です。(名市大・男・I)大規模病院で症例数、診療科が多いこと.志望科である救急が充実している(専門医の先生の人数が多い)こと、研修医の人数が多いという点からでした。(名大・女・I)名古屋南部圏の中核病院で、救急科が充実しています。ローテート中は、救急科の先生と集中的に3次救急に対応し、初期対応と診断、治療方針を考えていくので自己流に陥ることなく、救急の基本を学んでいけます。(岐大・女・T)名古屋市の救命救急医療の南の砦です。救急外来ではwalk in患者から3次救急まで豊富な症例に関わることができ、救急外来で見た症例はフィードバックが受けられる体勢になっているためとても勉強になります。(島根大・女・S)救急科ローテーションで、救急車対応や救急診療についてしっかりと指導をしていただけるので、非常に勉強になるのと同時に安心して診ることができる点が、とても魅力的です。(三重大・男・S)多くの症例を経験するために大規模病院を考えていたが、見学に来た時の雰囲気・印象がよかった。研修医数が多く、苦労を分かち合える仲間が多いことも選んだ理由。(大分大・女・O)病院見学では、職員の雰囲気がとても良い病院という第一印象を持ちました。実際に働いてみても同期たちと普段は楽しく、つらいときは相談しながら満足のいく研修を行っています。(大阪医大・男・N)臨床研修センターが発足し、モーニングカンファ等様々な改革が行われたことで、担当した症例のフィードバックが良くなり大変勉強になっています。上級医の先生とのつながりも強くなり、気軽に相談できます。中京病院は研修医を熱心に教え育てる病院です。(名大・男・K)多彩な専門科を有しつつ、かつ家庭味もあふれた雰囲気の良い病院です。患者さんの不利益を防ぎ、かつ研修医が安全に研修できるように配慮した研修体制に感激しました。(三重大・女・M)研修医の人数が多い。研修医の出身大学が様々(県外大学出身であるため)。 指導医が熱心。中京病院を研修先とした選択は正しかったと感じながら日々働けています。(山梨大・男・Y)病院の雰囲気はよく、救急外来で第一線で働く研修医の先輩方をみて、この病院を選びました。各科の先生方はみんな熱心に指導してくださり病院全体で研修医を育てるという雰囲気があります。(鹿児島大・男・T)多くの病院、複数の科を見学しながら自分に大切なものを知り、「100点満点Bestな病院」は無くても「自分にとってBetterな病院」を探してください。

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/05/11 09:20:41」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • MS23-1 呼吸器内科医を対象とした喘息治療ステップダウンの実態調査(MS23 気管支喘息 吸入療法2,ミニシンポジウム,第61回日本アレルギー学会秋季学術大会)
  • 伊藤 理,川部 勤,武田 直也,指尾 豊和,平松 哲夫,大林 浩幸,馬場 研二,長谷川 好規
  • アレルギー 60(9・10), 1354, 2011-10-10
  • NAID 110008912285
  • 小腸内視鏡で観察し得た小空腸癌の1例
  • 清水 周哉,加藤 功大,飛鳥井 香紀,高口 裕規,三浦 亜紀,田中 義人,松永 誠治郎,長谷川 泉,浜谷 茂治,大野 智義
  • 日本消化器内視鏡学会雑誌 = Gastroenterological endoscopy 53(9), 3040-3046, 2011-09-20
  • 症例は60歳の女性.検診による上部消化管内視鏡検査で十二指腸下行部に径0.5〜2cm程の多発する上皮性腫瘍を認めた.他の小腸病変の有無についてシングルバルーン小腸内視鏡検査を施行したところ,空腸に径1cm程の中心陥凹を有する上皮性腫瘍を認めた.これらは生検にていずれも腺腫と診断されたが,十二指腸病変に対しては膵頭十二指腸切除術が,空腸病変に対しては空腸部分切除術が施行された.空腸病変の病理診断は, …
  • NAID 10029837393

関連リンク

社会保険中京病院の公式サイトです。 ... 2013年7月22日 平成25年9月に社会保険中京病院 緩和ケア研修会を行います。 2013年7月19日 入札公告を更新しました。
〒457-8510 愛知県名古屋市南区三条1-1-10

関連画像

社会保険中京病院:看護師就職 社会保険中京病院 がん診療 社会保険中京病院社会保険中京病院


★リンクテーブル★
関連記事社会保険」「社会

社会保険」

  [★]

social insurance
社会保障


社会保険の構成

SUB.80
  被保険者 給付内容 窓口  
医療保険 全人口 現物 社会保険事務所 皆保険制
年金保険 20-60歳 現金 皆年金制
労災保険 労働者 現物 労働基準監督署 自営業者、学生は対象外
保険料は事業主が負担
現金
雇用保険 労働者 現金 公共職業安定所 保険料は事業主と労働者が負担
介護保険 第1号(65歳以上) 現物 市町村 第2号は医療保険に加入しており、40-65歳未満である場合
第2号(40-65歳未満)


社会」

  [★]

societysocietal
学会協会




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡