磁気モーメント

出典: meddic


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2017/04/04 03:45:54」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • <講義ノート>Multiferroics : 固体中の新奇電磁気学 (第59回物性若手夏の学校 : 講義)
  • 有馬 孝尚
  • 物性研究・電子版 4(1), 1-21, 2015-02
  • 本講義の主題は、「Multiferroics (マルチフェロイクス : 多重強秩序)」と称される一連の物質群を舞台とした電磁気学である。そこでは、一様な静磁場による電気分極の出現、一様な静電場による磁化の出現、互いに逆向きに伝搬する一対の光線に対する光学定数の差異などに代表される興味深い現象が生じることが分かってきた。これらの現象は、従来のマクスウェル方程式からは予想することはできず、電子が電荷に …
  • NAID 120005553956
  • 磁気構造変化の実時間追跡(最近の研究から)
  • 元屋 清一郎
  • 日本物理學會誌 69(9), 628-633, 2014-09-05
  • 強磁性や反強磁性といった磁気秩序の形成や磁気構造の変化など磁性体における相転移は,温度・磁場などの外場の変化に従って直ちに起きるものとされてきた.例外としてスピングラス(薄い磁性原子濃度を持ち特殊な磁気転移を示す物質)や永久磁石材料など不規則性や不均一組織を持つ物質では長時間にわたる磁気的性質の変化があることが知られている.しかし,これまで3次元の規則構造を持つ物質での磁気秩序の形成過程や磁気構造 …
  • NAID 110009843762
  • 7aPS-114 (Fe-Cr)-B系アモルファス合金におけるFeの磁気モーメントの崩壊的減少とメスバウー効果(II)(7aPS 領域3ポスターセッション(遍歴・化合物・酸化物・f電子系磁性,スピングラス,量子スピン,フラストレーション,磁気共鳴),領域3(磁性))
  • 矢野 一雄,神森 達雄,丹下 初夫,喜多 英治
  • 日本物理学会講演概要集 69(2-3), 258, 2014-08-22
  • NAID 110009887124

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書


薬剤と関係ないページで押した場合何も表示されません。混雑の程度によりますが、表示までに1分くらいかかります。
Nothing is displayed when pushing on an unrelated page to the drug. It takes display about one minute though it depends on the level of congestion.


★リンクテーブル★
関連記事」「モーメント

気」

  [★]

vital energy, life energy, active energy


モーメント」

  [★]

moment
時間瞬間




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡