碧南市民病院

出典: meddic


ご注意下さい。最新の情報ではありません。
誤った情報がございましたらメールにてご連絡下さい。

病院名

  • 碧南市民病院

url

理念

  • 病院は地域における中核病院として必要な医療機器を設置するとともに、職員一同日々進歩する医療に対して自己研鑽(さん)を行い、市民生活にとって大切な救急医療を重視し、チーム医療による高度医療を行うとともに、リハビリテーション医療にも力を注ぎ、患者中心のより質の高い医療の提供に努めます。併せて、地域医療機関との病診連携を密にし、地域住民から「愛され、選ばれうる病院」を目指します。

住所

  • 〒447-8502 碧南市平和町3丁目6番地

診療の特徴、実績

  • 成人病対策、リハビリテーション、第2次救急医療体制の整備を重点に置いています。なかでも画像診断部門を充実し、64列マルチスライスCT・MRI・血管造影撮影・X線テレビ・断層撮影など放射線撮影室16室と超音波室、内視鏡室、RI検査室、リニアック室を設け、がん治療を始め、成人病の早期発見・治療に充実した機器の整備を図っています。また、集中看護病室や血液透析室を設けて重症患者の高度治療を行い、社会復帰のためのリハビリテーション施設にも重点的に整備を図りました。

電子カルテ

  • 有り

一日平均入院患者数

  • 236.7人

一日平均外来患者数

  • 710.6人

平均在院日数(一般/精神)

  • 14.1日/0.0日

年間分娩件数

  • 271件(平成21年1月-21年12月実績)

年間剖検件数

  • 13件(平成21年1月-21年12月実績)

年間臨床病理研究会(CPC)の実施状況

  • 回数/12回

当院の救急医療の特徴

  • 第2次救急医療機関の指定を受け、内科系、外科系の患者を24時間体制(小児科は除く)で受け入れしています。

救急専用診療室の有無

  • 有り

救急医療を行う診療科

  • 内科系/外科系

一日平均救急外来患者数

  • 36.7人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

一日平均救急車搬送患者数

  • 4.8人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

年間心肺停止状態搬送患者数

  • 26人(平成21年1月-平成21年12月実績)

当直回数(月平均)

  • 6回

当直手当

  • 有り(1回あたり15,000円)

当直時の勤務体制(研修医以外の当直医数)

  • 2人

当直時の勤務体制(当直研修医数)

  • 1人

勤務体制

  • 平日は17:15-翌日8:30、休日8:30-17:15と17:15-翌日8:30当直明けは午前の回診後、休み

公的年金保険

  • 有り

国家・地方公務員災害補償法の適応

  • 有り

労働災害補償保険

  • 無し

医師賠償責任保険の扱い

  • 有り

個人加入

  • 有り

指導医から一言

  • 碧南市民病院は、「温かな、心のこもった医療の提供」を基本理念として、地域住民に信頼され愛される地域中核病院を目指しており、心臓外科、形成外科領域を除く2次救急を行っている最前線の急性期病院です。ベッド数320床の中規模病院ですが、19診療科、医師数44名を有し、コンパクトなまとまりの中で診療科相互の連携も取りやすく、各領域にわたってまんべんなく研修ができる初期臨床研修にふさわしい施設であると思います。各研修科でのローテーションは1名ずつであり、指導医のマンツーマンの指導の下、早い時期からプライマリケアの実践的な研修を丁寧にじっくり積むことができます。 当院は専門研修施設としての認定も数多く有しており、そのメリットを活かしながら、初期研修終了後ひきつづき常勤医師として活躍される方の多いのも特徴です。地域医療においては折からの医師不足もあって、地域住民、職員からの若手医師に対する期待は大きく、そうした面でのやりがいも初期研修後の当院における定着率が高いことの大きな要因であろうかと思います。 初期臨床研修を終了し、専門科の研鑽を積む時期になると、他科領域の診療手技を経験する機会などはまず、なくなってしまいます。ですから、プライマリケアの知識や基本手技に関しては当院のような実践重視の研修環境の中で、初期研修の間に、幅広い分野にわたり少しでも数多く自ら経験し身体で覚えておくことが、何れの進路へ進むにせよ、将来への貴重な財産となることでしょう。

先輩研修医からの病院紹介と、この病院を選んだ理由

  • 碧南市民病院で研修をするにあたり大学病院や大規模病院に比べ、融通がきき、自らの意向を反映したローテーションや、各科ローテーション中も他科の興味深い症例がある場合はいつでも参加することができ、いい意味で融通が利きます。また、研修医の数が大学病院や大規模病院ほど多くないため指導医の先生から密な指導を受ける機会が多く、コミュニケーションもとりやすいです。研修医室もあり、研修を行う上で必要な医学書、DVD、シュミレーターも整備され十分な研修環境が整えられ、図書室も24時間使用できます。 研修医が主に研修を行う救急外来は、心エコー、腹部エコーをすぐに施行することはもちろん、夜間でもMRI(DWI)が撮影可能で、設備は大学病院にも劣らないほど整備されています。研修の手当ても、研修を行う上で十分なほど支給されるため、地域の医療機関で研修を行う上では恵まれた環境と思われます。 碧南市民病院はやる気さえあれば2年間の研修期間に非常に多くのことを吸収できます。病院のスタッフの雰囲気も最高で、アットホームな感じのため、忙しいながらも穏やかに研修を行うことができます。 研修を行うなら間違いなくお勧めの病院です。

和文文献

  • 日-P2-301 体験型勉強会(P-net club)の運営 : 薬局薬剤師の在宅医療参画を推進するための碧南市民病院薬剤部の取り組み(薬薬連携,ポスター発表,一般演題,再興、再考、創ろう最高の医療の未来)
  • 片山 広美,永田 実,鈴木 厚志,加藤 直紀,鈴木 めぐみ,天野 哲史,榊原 ゆかり,板倉 由縁
  • 日本医療薬学会年会講演要旨集 23, 402, 2013-08-28
  • NAID 110009797159
  • 日-P2-214 碧南市民病院における抗菌薬使用量と薬剤感受性の小児および成人での比較検討(感染制御(その他),ポスター発表,一般演題,再興、再考、創ろう最高の医療の未来)
  • 天野 哲史,松本 薫,黒田 信行,佐藤 篤郎,山崎 均,土井 悟,板倉 由縁
  • 日本医療薬学会年会講演要旨集 23, 387, 2013-08-28
  • NAID 110009797072

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事市民

市民」

  [★]

citizencivil
一般人国民




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡