硬膜下出血

出典: meddic

subdural hemorrhage
硬膜内出血 intradural hemorrhage
硬膜下血腫



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 臨床研究・症例報告 Abusive Head Trauma (AHT)と考えられた5例の臨床的検討
  • 甲賀 健史,松井 潔,相田 典子 [他]
  • 小児科臨床 64(3), 461-470, 2011-03
  • NAID 40018268626
  • 気管支に嵌頓した歯牙の摘出に消化器内視鏡用採石バスケットを使用した1例
  • 緒方 良,高島 純平,有住 俊広,谷尾 吉郎
  • 気管支学 : 日本気管支研究会雑誌 32(5), 416-421, 2010-09-25
  • … 背景.末梢気管支に強固に陥入した歯牙は通常の気管支鏡操作では摘出が困難で,手術を要することもある.症例.62歳女性.交通外傷による脳挫傷・急性硬膜下出血・高次脳機能障害で入院中に胸部X線にて右下葉気管支内への歯牙の誤嚥が明らかとなった.外径4.9mmの気管支ビデオスコープを用い2回に亘って歯牙の摘出を試みたが除去できず,3回目に十二指腸スコープ用採石バスケットと消化器内視鏡用ガイドワイヤーを用い, …
  • NAID 110007730608

関連リンク

... 、急性硬膜下血腫は脳表を被う三日月型の高吸収域として描出されます(図2-a, 図3-a)。出血は硬膜下腔に拡がるため短時間で血腫は形成され、通常片側の大脳半球全体をおおいます。まれに大脳縦裂(大脳鎌と後頭・頭頂葉内 ...
この医療医療資源は、医療の中で最も広範なソースであり、硬膜下出血の情報を職場に復帰する ... 急性硬膜下出血は、即時評価と治療を必要とする急速な出血によって引き起こされる生命にかかわる状態です。

関連画像

慢性硬膜下血腫Ⅰ.急性硬膜下血腫慢性硬膜下血腫CT7急性硬膜下血腫慢性硬膜下血腫のCT(量の多い 慢性硬膜下血腫5065.jpg


★リンクテーブル★
先読み硬膜下血腫
国試過去問099E056
リンク元新生児」「subdural haemorrhage
関連記事硬膜」「」「出血」「膜下

硬膜下血腫」

  [★]

subdural hematoma
急性硬膜下血腫慢性硬膜下血腫


硬膜外血腫 硬膜下血腫
・殆どが外傷性(80-90%)で、頭蓋冠骨折を伴う
・硬膜動脈の破綻による
・左右側頭部が好発部位
・意識清明期を伴うことが多い
・骨と硬膜の硬い結合を剥がしながら伸展するので出血速度は遅い
・硬膜下腔への出血である
・硬膜外出血より進展しやすいので、意識障害の出現が早い
・(1)橋静脈の破綻によるもの、(2)高度の脳挫傷を伴うもの



-subdural hematoma


099E056」

  [★]

  • 頭部外傷直後の成人患者で、意識は清明だが頭部エックス線単純写真で側頭骨に線状骨折を認める場合、最も注意すべき病態はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 099E055]←[国試_099]→[099E057

新生児」

  [★]

neonate
新産児 newborn
胎児 fetus,乳児 infant
neonatal, newborn, newborn animal, newborn infant

定義

  • 出生後28日未満の乳児
  • 早期新生児期:出生後1週未満
  • 後期新生児期:7日から28日未満

出生後にみとめられるもの

098G051

解剖

生理

腎機能

  • 尿量:1-2ml/kg/hr-

免疫

  • 細胞性免疫>液性免疫
  • 在胎26-33週に移行した母体のIgGによる受動免疫で感染から防御している。
  • 出生後5ヶ月で消失

血液

  • Ht:50-55%:生後細胞外液の喪失に伴い上昇、8日で生後の値にもどり、3ヶ月に最も低くなる。
  • Hb:17-19g/dL
  • 白血球:9,000-30,000/mm3
  • 血小板:10-28万/mm3 (SPE.74)

身体所見

身体の大きさ

QB.P-329
  • 前後径、肩幅:11cm
  • 大横径、小斜径、殿幅:9cm
  • 体重:3300g
  • 頭囲:33cm
  • 胸囲:33cm

正常なバイタルサインなど

呼吸器

SPE.78
  • 腹式呼吸
  • 呼吸数:40-50/分 (早産児ではこれより早く、5-10秒の呼吸停止を挟む呼吸)
  • 聴診:呼吸音は胸壁が薄いためよく聴取され、高調である。

経過観察できる所見

QB.O-76改変

診察箇所と疑われる疾患

SPE.77

出生体重による分類

  • 正出生体重児 normal birth weight infant :2500g以上、4000g未満
  • 低出生体重児 low birth weight infant : 2500g未満

身長、体重による区分

SPE.48
日本での定義/体重のみで評価
  • light for gestational age infant / light for dates infant : 体重が10パーセンタイル未満の児
  • apropriate for gestational age infant AGA infant : 体重が10パーセンタイル以上の児 かつ 体重が90パーセンタイル未満の児
  • heavy for gestational age infant :体重が90パーセンタイル以上の児
参考1
体重による評価
  • light for date LFD
  • appropriate for date AFD
  • hearve for date
参考1
身長と体重による評価
small for date SFD / small for gestational age SGA
large for date? LFD? / large for gestational age? LGA?

成熟新生児の身体所見

参考2 G10.M235 SPE.78 など
  • 頭部
  • 大泉門は開存(4x4cm)しており、小泉門は小さい
  • 産瘤(経腟分娩による場合)
  • 頭頂部方向に長く変形(児が後頭位であって、経腟分娩により出生した典型的な場合)
  • 骨重積(産瘤、頭部変形、骨重積は2日程度で戻る)(経腟分娩による場合)
  • 頭髪の長さは2cm前後
  • 耳介の巻き込み
  • 面疱は鼻に限局
  • 体幹
  • うぶ毛は背中、肩甲部に限局   ←  未成熟の場合、うぶ毛は多い
  • 皮膚は厚く、血管は透けない
  • 四肢
  • 足底にしわを認める   ←  未成熟の場合、しわは少ない
  • 四肢に浮腫を認めない
  • 関節屈曲部に胎脂が残る
  • 姿勢
  • 上下肢は屈曲位をとる
  • ホルモンの影響
  • 乳房組織を触れる
  • 大陰唇の発達

新生児と疾患

在胎週数と疾患

  • 早産時に多い
  • 正産児~過期産児

参考

  • 1. C.産婦人科検査法 14.胎児発育・児体重推定 - 日産婦誌59巻6号
[display]http://www.jsog.or.jp/PDF/59/5906-168.pdf
  • 2.
[display]http://www.hogarakana.jp/study/index.php?ID=55

国試




subdural haemorrhage」

  [★]

硬膜下出血

subdural hemorrhage

硬膜」

  [★]

dura mater
dura pachymeninx
脳硬膜脊髄硬膜髄膜


神経


血」

  [★]

blood, (漢方)blood and body fluid energy
血液血中


出血」

  [★]

hemorrhage, bleeding
出血量



膜下」

  [★]

submembranous
偽膜性



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡