硫酸オルシプレナリン

出典: meddic

orciprenaline sulfate
オルシプレナリン


-メタプロテレノール


和文文献

  • シロスタゾールにより心拍数の増加と日常生活動作能力の向上を認めた洞機能不全症候群の一例
  • β‐刺激剤吸入による換気血流比分布の変動および血液ガス変化とその関連について
  • 慢性閉塞性肺疾患患者におけるIPPBによる硫酸オルシプレナリン吸入時の血液ガス組成及び血中乳酸の変動

関連リンク

硫酸オルシプレナリンは、β2受容体刺激薬に分類される内服・吸入・注射型の気管支拡張薬で、気管平滑筋にある交感神経のβ2受容体を選択的に刺激して気管支を広げ、呼吸を楽にしたり、心臓にあるβ1受容体を刺激して心臓の働き ...
※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。 「有効成分」 硫酸オルシプレナリン(ORCIPRENALINE SULPHATE) 「同一成分含有商品」 アルペント10 (硫酸オルシプレナリン) 10mg (10錠) 260 円 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元orciprenaline sulfate
関連記事リン」「オルシプレナリン」「」「硫酸

orciprenaline sulfate」

  [★]

  • 硫酸オルシプレナリン
orciprenaline


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3






オルシプレナリン」

  [★]

orciprenalineorciprenaline sulfate
メタプロテレノール硫酸オルシプレナリン


酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

硫酸」

  [★]

sulfuric acid, sulfate
  • H2SO4。





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡