硝酸オキシコナゾール

出典: meddic

オキシコナゾール

和文文献

  • 1% Oxiconazole Creamの表在性皮膚真菌症に対する臨床治療成績
  • 小原 淳伸,水田 栄一,梅村 茂夫,野原 望
  • 西日本皮膚科 47(1), 101-104, 1985
  • 新しく開発されたイミダゾール系抗真菌外用剤, 硝酸オキシコナゾール1%クリームの有用性を表在性皮膚真菌症30例において検討した。極めて有用もしくは有用と判定されたのは, 手白癬4例中2例, 体部白癬8例中8例, 股部白癬7例中6例, 皮膚カンジダ症6例中5例, 癜風5例中5例で, 全体の有用率は86.7%であつた。副作用は発赤の増強と刺激感が各1例の合計2例(6.7%)にみられた。投与前後に臨床検 …
  • NAID 130004473099

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 抗真菌剤

販売名

オキナゾール腟錠100mg

組成

有効成分(1錠中)

  • オキシコナゾール硝酸塩 100mg

添加物

  • 乳糖水和物,セルロース,ヒドロキシプロピルセルロース,クエン酸,ステアリン酸マグネシウム

禁忌

(次の患者には使用しないこと)

  • 本剤及び他のオキシコナゾール硝酸塩製剤に過敏な患者

効能または効果

  • カンジダに起因する腟炎及び外陰腟炎

オキナゾール腟錠100mg

  • 1日1回1錠を腟深部に挿入し,6日間継続使用する.
    なお,真菌学的効果(一次効果)が得られない場合は,オキナゾール腟錠100mgを更に1日1回1錠6日間継続使用する.

オキナゾール腟錠600mg

  • 1週1回1錠を腟深部に挿入する.
    なお,真菌学的効果(一次効果)が得られない場合は,オキナゾール腟錠600mgを更に1回1錠使用する.

薬効薬理

抗真菌作用10)

  • オキシコナゾール硝酸塩は酵母状真菌,二形性真菌(臨床分離株)等に対して広範囲な抗菌スペクトルを有し,そのMICは10μg/mL以下であった.

作用機序10,11)

  • オキシコナゾール硝酸塩の抗真菌活性は,直接的細胞膜障害作用により発揮される.また,低濃度域での部分的発育阻止効果には,エルゴステロール合成阻害作用が関与している.

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • オキシコナゾール硝酸塩,Oxiconazole Nitrate(JAN)

化学名

  • 2',4'-Dichloro-2-imidazol-1-ylacetophenone(Z)-〔O-(2,4-dichlorobenzyl)oxime〕mononitrate

分子式

  • C18H13Cl4N3O・HNO3

分子量

  • 492.14

性状

  • 白色〜微黄白色の結晶又は結晶性の粉末で,わずかに特異なにおいがある.N,N-ジメチルホルムアミドに溶けやすく,メタノールにやや溶けやすく,エタノール(95),無水酢酸又は酢酸(100)にやや溶けにくく,水に極めて溶けにくく,ジエチルエーテルにほとんど溶けない.

融点

  • 約142℃(分解)


★リンクテーブル★
リンク元oxiconazole nitrate
関連記事オキシコナゾール」「硝酸」「

oxiconazole nitrate」

  [★]

  • 硝酸オキシコナゾール
oxiconazole


オキシコナゾール」

  [★]

oxiconazole
硝酸オキシコナゾール oxiconazole nitrate
オキナゾールオキコナール



硝酸」

  [★]

nitric acid, nitrate
硝酸塩亜硝酸 nitrous acid亜硝酸塩 nitrite
  • HNO3



酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡