硝子体管

出典: meddic

()


hyaloid canal

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 血管新生緑内障と黄斑部増殖膜を伴った硝子体嚢腫の1例
  • 小原 賢一,野崎 実穂,木村 英也,小椋 祐一郎
  • あたらしい眼科 = Journal of the eye 27(11), 1621-1624, 2010-11-30
  • NAID 10028246834

関連リンク

中年になると硝子体線維がつくる骨ぐみは,ある種の溶解のために若い時代よりも少く なる.膜様の線維束もあるにはあるが,これが規則性を示すことはほとんどない.ただ とくに周辺部において同心性の線維束がみとめられる.また胎生期の硝子体管Canalis ...
硝子体(しょうしたい)は、眼球の器官の一つで、水晶体の後方にあり、内腔をうめる透明 なゼリー状の組織。ガラス体とも呼ばれる。タンパク質(コラーゲン)からできている。また 、眼球の外側を覆う強膜とともに眼球の形を保つ役割を担い、また外力を分散させる ...

関連画像

遮眼子(しゃがんし)サムネイル5,研究の方法と期間房水と眼圧


★リンクテーブル★
関連記事」「硝子体

管」

  [★]

ducttubecanalpipe
ductusvasmeatus
水路チューブ導管道管卵管


硝子体」

  [★]

vitreous body (KH), hyaloid body
corpus vitreum, corpus vitrei
眼球





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡