砂川市立病院

出典: meddic


ご注意下さい。最新の情報ではありません。
誤った情報がございましたらメールにてご連絡下さい。

目次

病院名

  • 砂川市立病院

url

理念

  • 砂川市立病院の理念1.良質の医療、心かよう安心と信頼の医療を提供する病院2.地域に根ざし、地域に愛され、貢献する病院砂川市立病院の基本方針1.患者さんの人権を尊重し、患者さん本位の人間性あふれる医療を展開します。2.事実に基づき、安全で効果的な質の高い医療を実践します。3.地域センター病院として快適で機能的な診療体制を保持し、高度医療、救急医療を中心に地域医療の充実を図ります。4.教育研修期間として人材を育成し、医学の進歩とともに発展、成長する機能を果たします。5.地域の保健・医療・福祉と連携し、自治体病院としての倫理・公共性を発揮して地域に貢献します。6.合理的で健全な経営を推進し、職員一人ひとりが働き甲斐のある環境を整備します。

住所

  • 073-0196 砂川市西4条北2丁目1番1号

診療の特徴、実績

  • 当院は、北海道石狩平野の北端に位置し、中空知の地域センター病院として、一般・精神・結核・感染症合わせて22診療科・521床を有し、地域特性のため、プライマリケアから高次医療まで広汎な疾患域を扱うという特色を持っている。地域完結型の急性期病院として平成21年度おいて、一般病床は平均在院日数13.2日、救急外来は初期・二次・三次救急を合わせて年間患者数11,699人、救急車搬入患者数2,136人を受け入れている。当院における研修プログラムの特色としては、第一に、配属された基本研修科等の枠に止まらない全診療科の密接な横の繋がりを背景にした研修が可能なことであり、第二には、指導医(又は上級医)とペアで行われる全科日当直にて、緊急度に応じて専門科へのコンサルテーションの適応を判断するなど、実践的なプライマリケアの研修が行えることが挙げられる。また、リハビリテーション科、神経内科以外の全ての診療科に資格を満たした指導医が常勤しており、2年目の7ヶ月間、希望の選択科目で研修することが可能である。必修科目の地域医療では、当院独自のプログラムとして、地域の診療所・中規模病院および老人福祉施設での経験を中心に据えた研修を選択することができる。当院のような市中病院での卒後臨床研修では、第一線で最良の医療を提供すべく昼夜奮闘する臨床医と時間を共有することによって、プライマリケアの基本的診療能力を身につけられるのみではなく、医療安全管理の実際やクリにカル・パスを通してチーム医療の実践を経験しながら、個々の診療だけではない医療の社会的・総合的な捉え方について認識を深めることが可能となる。当院において、生き生きと患者を診ることができる研修期間を過ごすことによって、大きな意欲・向上心を持って以後の専門研修に臨める医師に育っていくことが期待される。

電子カルテ

  • オーダリングのみ

一日平均入院患者数

  • 382.6人

一日平均外来患者数

  • 1,043.6人

平均在院日数(一般/精神)

  • 13.7日/91.2日

年間分娩件数

  • 501件(平成21年1月?21年12月実績)

年間剖検件数

  • 11件(平成21年1月?21年12月実績)

年間臨床病理研究会(CPC)の実施状況

  • 回数/6回

当院の救急医療の特徴

  • 当院研修プログラムの特色の根幹をなすもので、プライマリケアにおける必修科目の相当部分が達成可能となる部門である。研修期間を通じて適度な間隔で配置され、指導医または上級医とのペアで初期救急から二次救急・三次救急まで広い範囲の症例を経験できる。

救急専用診療室の有無

  • 有り

救急医療を行う診療科

  • 全科

一日平均救急外来患者数

  • 29.6人(平成21年1月?平成21年12月実績・1日平均)

一日平均救急車搬送患者数

  • 6.1人(平成21年1月?平成21年12月実績・1日平均)

年間心肺停止状態搬送患者数

  • 53人(平成21年1月?平成21年12月実績)

当直回数(月平均)

  • 5回

当直手当

  • 有り(一年次25,000円?30,000円/回、二年次30,000円?40,000円/回)

当直時の勤務体制(研修医以外の当直医数)

  • 2人

当直時の勤務体制(当直研修医数)

  • 1or2人

勤務体制

  • 平日は夜間当直、休日は日直、当直の2交代勤務、代休制あり

公的年金保険

  • 有り

国家・地方公務員災害補償法の適応

  • 有り

労働災害補償保険

  • 無し

医師賠償責任保険の扱い

  • 有り

個人加入

  • 有り

指導医から一言

  • 指導の原則は、安全を担保したうえで出来るだけ自分でやってもらうことと“打てば響く”ように意欲には確実に応えてあげることです。医師になって最初の2年間くらい、これ位の忙しさ・緊張感の中で働くことを厭わない、それが自分を成長させる糧になると考えていてさえくれればマッチは可能ですので、まず見学・実習にいらしてください。特に当院2年目研修医の仕事ぶりには目を見張ることでしょう。

先輩研修医からの病院紹介と、この病院を選んだ理由

  • 「限られた2年間で最大限の力をつけられる研修病院」これは私の当院の印象です。上級医は皆熱い思いを持って指導して下さいますので、自分の「目標とやる気」次第で非常に多くのことを学べます。月4?5回の全科日当直では多様な症例を経験でき、またそれを週1回の日当直フィードバックで共有することで、プライマリケア診療を行えるだけの十分な力がつきます。ぜひ一度見学に来て、私達の充実した研修生活を実感していただければと思います。

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/10/13 13:43:29」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 28-P2PM-020 バンコマイシンによる腎機能障害の発生リスク因子および可逆性に関する考察(感染制御(その他)1,一般演題(ポスター),新時代を拓く医療薬学フロンティア)
  • 小嶋 希望,坪田 晃司,宮本 康史,新崎 祐馬,横山 朝子,河合 祐輔,吉田 憲史,倉島 弘道,田中 喜倫,高野 陽平,上野 英文
  • 日本医療薬学会年会講演要旨集 24, 422, 2014-08-25
  • NAID 110009880814
  • 28-P4AM-041 制吐目的で使用するオランザピンの有効性についての検討(がん薬物療法(制吐支持療法),一般演題(ポスター),新時代を拓く医療薬学フロンティア)
  • 田中 喜倫,久保田 康生,熊井 正貴,齋藤 佳敬,河合 祐輔,笠師 久美子,山田 武宏,上野 英文,田巻 知宏,井関 健
  • 日本医療薬学会年会講演要旨集 24, 382, 2014-08-25
  • NAID 110009880574

関連リンク

砂川市立病院のホームページです。病院概要、外来、入院、採用情報、交通アクセス等のご案内をしています。 ... 砂川市立病院
砂川市立病院のホームページです。病院概要、外来、入院、採用情報、交通アクセス等のご案内をしています。 ... 受付の流れ 入院案内 外来診療について、来院から受付、会計・お支払い、お薬の処方までの流れをご紹介します。

関連画像

砂川市立病院 のラーメン 砂川市立病院砂川市立病院精神科 部長 内海 砂川市立病院の外観



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡