石油ベンジン

出典: meddic

petroleum benzin
ベンザイン benzyne工業ガソリン1号(JIS)
ガソリン有機溶剤中毒予防規則


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • クロレラ(Chlorella vulgaris CK-5株)の抗酸化性について(西九州大学)
  • 中多 啓子,末次 恵美,安田 みどり [他],熊川 景子,尊田 民喜,福元 裕二,長谷川 節
  • 永原学園西九州大学・佐賀短期大学紀要 36, 1-9, 2006-03-01
  • … このCVEと溶媒石油ベンジンーベンゼン(9:1、v/v)を分液ロートに入れた。 …
  • NAID 110004997752
  • 今月の症例 石油ベンジンによる化学熱傷の1例
  • 米澤 理雄,服部 ゆかり
  • 臨床皮膚科 59(6), 477-479, 2005-05
  • NAID 40006805182
  • 60. n-ヘキサンおよび石油ベンジンの神経毒性に関する組織形態学的研究 (有機溶剤)
  • 鬼頭 純三,杉浦 康夫,小野 雄一郎,久永 直見,竹内 康浩
  • 産業医学 23(7), 737-738, 1981-12-20
  • NAID 110003751583

関連リンク

[編集]. 試薬としてのベンジンは、JIS K 8594に規定されている。炭素数は6~7が主で、 ヘキサンやイソヘキサンなどの混合物である。CAS登録番号8030-30-6。
世界大百科事典 第2版 石油ベンジンの用語解説 - 工業ガソリンの一種で,単に ベンジンbenzineともいう。沸点30~150℃の軽質のガソリン留分であり,しみ抜き, 機械の洗浄,溶剤などの用途に使われる。ガソリン【冨永 博夫】...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読み有機溶剤中毒予防規則」「ガソリン
関連記事石油

有機溶剤中毒予防規則」

  [★]

法令有機溶剤中毒労働安全衛生法

尿中代謝物の検査が必要な物質

第六章 健康診断

(健康診断)

第29条

  •  令第二十二条第一項第六号の厚生労働省令で定める業務は、屋内作業場等(第三種有機溶剤等にあつては、タンク等の内部に限る。)における有機溶剤業務のうち、第三条第一項の場合における同項の業務以外の業務とする。
  • 2 事業者は、前項の業務に常時従事する労働者に対し、雇入れの際、当該業務ヘの配置替えの際及びその後六月以内ごとに一回、定期に、次の項目について医師による健康診断を行わなければならない。
  • 一 業務の経歴の調査
  • 二 有機溶剤による健康障害の既往歴並びに自覚症状及び他覚症状の既往歴の調査、別表の下欄に掲げる項目(尿中の有機溶剤の代謝物の量の検査に限る。)についての既往の検査結果の調査並びに第四号、別表の下欄(尿中の有機溶剤の代謝物の量の検査を除く。)及び第五項第二号から第五号までに掲げる項目についての既往の異常所見の有無の調査
  • 三 有機溶剤による自覚症状又は他覚症状と通常認められる症状の有無の検査
  • 四 尿中の蛋白の有無の検査
  • 3 事業者は、前項に規定するもののほか、第一項の業務で別表の上欄に掲げる有機溶剤等に係るものに常時従事する労働者に対し、雇入れの際、当該業務への配置替えの際及びその後六月以内ごとに一回、定期に、別表の上欄に掲げる有機溶剤等の区分に応じ、同表の下欄に掲げる項目について医師による健康診断を行わなければならない。
  • 4 前項の健康診断(定期のものに限る。)は、前回の健康診断において別表の下欄に掲げる項目(尿中の有機溶剤の代謝物の量の検査に限る。)について健康診断を受けた者については、医師が必要でないと認めるときは、同項の規定にかかわらず、当該項目を省略することができる。
  • 5 事業者は、第二項の労働者で医師が必要と認めるものについては、第二項及び第三項の規定により健康診断を行わなければならない項目のほか、次の項目の全部又は一部について医師による健康診断を行わなければならない。
  • 一 作業条件の調査
  • 二 貧血検査
  • 三 肝機能検査
  • 四 腎機能検査(尿中の蛋白の有無の検査を除く。)
  • 五 神経内科学的検査

(健康診断の結果)

第30条

  •  事業者は、前条第二項、第三項又は第五項の健康診断(法第六十六条第五項ただし書の場合における当該労働者が受けた健康診断を含む。次条において「有機溶剤等健康診断」という。)の結果に基づき、有機溶剤等健康診断個人票(様式第三号)を作成し、これを五年間保存しなければならない。

(健康診断の結果についての医師からの意見聴取)

第30条の二

  •  有機溶剤等健康診断の結果に基づく法第六十六条の四の規定による医師からの意見聴取は、次に定めるところにより行わなければならない。
  • 一 有機溶剤等健康診断が行われた日(法第六十六条第五項ただし書の場合にあつては、当該労働者が健康診断の結果を証明する書面を事業者に提出した日)から三月以内に行うこと。
  • 二 聴取した医師の意見を有機溶剤等健康診断個人票に記載すること。

(健康診断の結果の通知)

第30条の二の二

  •  事業者は、第二十九条第二項、第三項又は第五項の健康診断を受けた労働者に対し、遅滞なく、当該健康診断の結果を通知しなければならない。

(健康診断結果報告)

第30条の三

  •  事業者は、第二十九条第二項、第三項又は第五項の健康診断(定期のものに限る。)を行つたときは、遅滞なく、有機溶剤等健康診断結果報告書(様式第三号の二)を所轄労働基準監督署長に提出しなければならない。

(緊急診断)

第30条の四

  •  事業者は、労働者が有機溶剤により著しく汚染され、又はこれを多量に吸入したときは、速やかに、当該労働者に医師による診察又は処置を受けさせなければならない。

法令

  • 有機溶剤中毒予防規則(昭和四十七年九月三十日労働省令第三十六号)
[display]http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S47/S47F04101000036.html



ガソリン」

  [★]

gasoline、((英))petrol
ディーゼル燃料


石油」

  [★]

petroleum
粗製油



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡