瞳孔緊張症

出典: meddic

tonic pupil
pupillotonia
偽アーガイル・ロバートソン瞳孔 pseudo-Argyll Robertson pupil強直性瞳孔 pupillotonia筋強直性瞳孔 myotonic pupil、散大性瞳孔強直 mydriatic rigidity
緊張性瞳孔




Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/12/28 05:38:36」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 臨床報告 内眼筋障害が先行したFisher症候群
  • 清原 尚,石川 弘,菅野 陽
  • 眼科 52(6), 813-817, 2010-06
  • NAID 40017177920
  • 神経眼科疾患(10)Adie症候群,瞳孔緊張症

関連リンク

「瞳孔緊張症」について詳しく調べられる「QLife家庭の医学」。副交感神経の障害により瞳孔不同が起こる状態です。20〜40才の女性に多く、80%以上は片眼性です。
「どうこうきんちょうしょう(瞳孔緊張症)」に関連する記事です。 瞳孔緊張症になると、瞳が大きくなって光を当てても小さくならないため、まぶしく感じ、近くが見えにくくなる。日本大学医学部眼科の石川弘講師 ...
瞳孔緊張症 (アディー瞳孔)と深部腱反射の消失(アキレス腱の反射消失が最も多く、診断に際してとても重要な所見で… ... 瞳孔緊張症 (アディー瞳孔)と深部腱反射の消失(アキレス腱の反射消失が最も多く、診断に際してと ...

関連画像

虹彩炎後の虹彩後面・水晶体 図60 瞳孔緊張症(左眼)眼瞼下垂症


★リンクテーブル★
リンク元アディー症候群」「緊張性瞳孔」「pseudo-Argyll Robertson pupil」「mydriatic rigidity」「myotonic pupil
関連記事瞳孔」「緊張」「

アディー症候群」

  [★]

Adie's syndrome, Adie syndrome
Adie症候群ホームズ・アディー症候群 Holmes-Adie syndromeアディー徴候
アディー瞳孔
  • 瞳孔緊張症 + 下肢腱反射(-)




緊張性瞳孔」

  [★]

tonic pupil
瞳孔緊張症アディー瞳孔アディー症候群


pseudo-Argyll Robertson pupil」

  [★] 瞳孔緊張症偽アーガイル・ロバートソン瞳孔


mydriatic rigidity」

  [★] 瞳孔緊張症。散大性瞳孔強直

myotonic pupil」

  [★] 瞳孔緊張症筋強直性瞳孔


瞳孔」

  [★]

pupil, pupils
pupilla
内眼筋

概念

瞳孔の大きさ

年齢

  • 瞳孔径は20歳代で最大となり、高齢になるにつれて小さくなっていく。

神経支配

     
瞳孔 支配 自律神経障害
散瞳(瞳孔散大筋) 交感神経(頚部) 副交感神経障害:Horner症候群:縮瞳、眼瞼下垂
縮瞳(瞳孔括約筋) 副交感神経(動眼神経) 交感神経障害 :動眼神経麻痺:散瞳、眼瞼下垂

臨床関連

散瞳

縮瞳

瞳孔異常


緊張」

  [★]

stressstrain、(生理)tonetonus
応力強調菌株緊張度系統ストレストーン歪み捻挫トーヌス緊張活動力点筋挫傷


症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡