眼瞼膿瘍

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Salmonella Typhiが検出された眼瞼膿瘍の1例
  • 大石 正夫,本山 まり子,小川 武
  • 臨床眼科 30(11), p1281-1284, 1976-11
  • NAID 40003766288

関連リンク

眼瞼膿瘍とは、化膿性の細菌が入り込んで感染したことが原因でまぶたにひどい炎症が起こ・スものをいいます。 つまり、目やそれ以外の部位の怪我や手術などによ・トできた傷かのら感染や、蓄膿症(ちくのうしょう)などの副鼻腔 ...
Diagnosis: 眼瞼膿瘍 Comment to photo: 上眼瞼外側の発赤・腫脹。眼球運動・運動時痛は無かった。腫瘍の変位はなし。腫瘍の位置は上眼瞼の皮下直下で表面に位置していた。膿瘍と診断され、小切開を加え排膿し抗生剤にて治療された。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元眼瞼蜂巣炎
関連記事眼瞼」「膿瘍

眼瞼蜂巣炎」

  [★]

preseptal cellulitis
眼瞼膿瘍蜂巣炎

眼瞼」

  [★]

eyelids
palpebrae
マブタまぶた


上眼瞼の運動を支配する神経

臨床関連


膿瘍」

  [★]

abscess
  • 組織、臓器に起こった化膿性炎(化膿)により好中球などの滲出物が蓄積した状態 (医学大辞典)
  • 腔が形成されており、そこに滲出物がたまる。





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡