眼瞼欠損

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 症例 先天性上眼瞼欠損に対してmyotarsocutaneous flap変法を用いて再建を行った2例
  • 症例 劇症型A群β溶連菌感染症に伴う壊死性筋膜炎による下眼瞼欠損の再建の1例
  • 先天性眼瞼部分欠損症の2例
  • 日形会誌 : 日本形成外科学会会誌 = Journal of Japan Society of Plastic and Reconstructive Surgery 29(9), 540-545, 2009-09-20
  • NAID 10026106468

関連リンク

眼瞼欠損では眼球が常に露出している[Stevens と Sargent,2002]。眼瞼の真の欠損が 存在するのか,単に重度低形成なのか議論がある。議論はあるにせよ,実施臨床では この差を明らかにすることは困難あるいは不可能なので,この用語が使用されている。
目のまわりの形態異常を引き起こす場合は(1)生まれつきの形態異常(たとえば先天性 眼瞼欠損、眼球突出)、(2)外傷後の変形、(3)腫瘍切除後の変形、(4)美容外科など の領域がありますが、形成外科が主となり関連各科と連携しながら治療にあたります。

関連画像

眼瞼下垂症・治療後眼瞼 皮膚炎 眼瞼 皮膚炎 は 先天性眼瞼内反症2.上眼瞼の解剖と機能


★リンクテーブル★
関連記事欠損」「眼瞼

欠損」

  [★]

欠損症
異常遺伝子欠失、欠く、欠失欠損症欠点欠乏欠乏症欠乏性欠落削除、除去、ディリーション発育不全非形成不完全不十分不足無形成欠くこと欠陥失うミス

概念

  • 本来存在するはずのものが、まったく失われている状態。


眼瞼」

  [★]

eyelids
palpebrae
マブタまぶた


上眼瞼の運動を支配する神経

臨床関連





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡