眼球突出

出典: meddic

exophthalmos
exophthalmus
眼球前出 ocular proptosis, proptosis
眼球突出症



原因

SOP.183改変
  • 片眼性眼球突出
  • 副鼻腔疾患に起因:
  • 眼窩内組織の炎症
  • 両眼性眼球突出
  • 代謝疾患に起因
  • 不明
  • 腫瘍性病変


徴候



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 眼窩先端症候群と同名半盲を来した82 歳女性例
  • 馬場 賢,鈴木 利根,筑田 眞
  • Dokkyo journal of medical sciences 39(2), 123-127, 2012-07-25
  • … 緒言:眼窩先端症候群をきたし,さらに内頸動脈海綿静脈洞瘻に続発した静脈性梗塞と診断された1 例を報告する.症例:複視,右視力低下,右眼の結膜充血と眼球突出を自覚するも原因精査を受けなかった82 歳女性.3 年後に脳梗塞を発症して内頸動脈海綿静脈洞瘻carotid-cavernous sinus fistula(以下CCF)による静脈性梗塞と指摘された症例.右側頭葉の静脈性梗塞により左眼の耳側半盲をきたした.CCF に続発した脳出血,脳梗塞,脳浮腫な …
  • NAID 110009443693
  • 眼窩筋炎を伴った肺結核の1例
  • 中村 和芳,堀尾 雄甲,山中 徹
  • 結核 87(7), 501-505, 2012-07
  • NAID 40019393128
  • 臨牀指針 鼻ポリープより診断され,急速に増大し眼球突出を呈したnon-Hodgkin's lymphoma diffuse large B cell lymphoma
  • 名取 一彦,長瀬 大輔,石原 晋 [他]
  • 臨牀と研究 89(5), 650-653, 2012-05
  • NAID 40019331278

関連リンク

眼球突出とはどんな病気か. 眼が飛び出しているように見える状態をいいます。原因 として多くの病気があり、そのひとつの症状です。 近視が強い人は眼球の直径が大きく なるので、眼が飛び出したように見えることがありますが、これは眼球突出とはいいませ ん。
眼瞼後退; 眼球突出. 間接的に現れる「続発性症状」. まぶたやまつげの異常/結膜の 充血・むくみ/ ドライアイ/複視/視神経の障害/眼精疲労. 目の治療は三つのルート から進める. 原発性症状に対する治療. 平滑筋の緊張を抑える; 眼窩組織の炎症を抑え ...
はじめに. 私は、2004年8月にバセドウ病と診断されアイトソープ治療を受けました。 現在は、甲状腺機能低下症とバセドウ病に伴う眼球突出症の治療中です。 今回 ホームページ制作にあたって、少しでも同じ病気をお持ちの方やご家族のお役に立てれ ばとこの ...

関連画像

种方法轻松告别近视眼球突出专业技术支持医生 眼球 突出 简称 突眼 是 指 眼球整形突然 左 の 眼球 が 突出して honnda8.png眼球 突出 矫正 手术 方法眼球最突出的人


★リンクテーブル★
先読みexophthalmos」「眼球前出
国試過去問104G064」「102E061」「105H035」「096D022」「104G044」「099G048」「102I060」「106A057」「101A011」「098I030」「102E046」「084B045」「098H013」「095A071」「106A020」「100B049
リンク元ベックウィズ・ヴィーデマン症候群」「眼球陥凹」「proptosis」「眼球突出症
拡張検索悪性眼球突出症」「内分泌性眼球突出
関連記事眼球」「突出

exophthalmos」

  [★] 眼球突出症 exophthalmus

WordNet   license wordnet

「protrusion of the eyeball from the socket」

眼球前出」

  [★]

ocular proptosis, exophthalmos


104G064」

  [★]

  • 次の文を読み、64-66の問いに答えよ。
  • 51歳の男性。口渇多飲および全身倦怠感を主訴に来院した。
  • 現病歴  1か月前から口渇が出現し、清涼飲料水を多飲している。2週前から全身倦怠感を自覚している。
  • 既往歴  1年前にC型肝炎で、インターフェロンα-2bリバビリンとの治療が開始され、1か月前に終了した。
  • 生活歴  喫煙歴はない。飲酒は機会飲酒。
  • 家族歴  特記すべきことはない。
  • 現症   意識は清明。身長 162cm、体重 57kg、体温 36.9℃。脈拍 92/分、整。血圧 142/86mmHg。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。
  • 検査所見 尿所見:蛋白(±)、糖2+、ケトン体2+。血液所見: 赤血球 451万、Hb 12.6g/dl、Ht 40%、白血球 4,300(好中球39%、好酸球2%、好塩基球1%、単球6%、リンパ球52%)、血小板 13万。血液・尿生化学所見: 血糖 626mg/dl、HbA1c 12.5%、総蛋白 7.3g/dl、アルブミン 3.9g/dl、尿素窒素 10.2mg/dl、クレアチニン 0.8mg/dl、尿酸 6.9mg/dl、総コレステロール 241mg/dl、トリグリセリド 239mg/dl、総ビリルビン 0.3mg/dl、AST 37IU/l、ALT 38IU/l、LD 181IU/l(基準176-353)、ALP 215IU/l(基準115-359)、Na 140mEq/l、K 5.1mEq/l、Cl 102mEq/l、FT3 2.9pg/m/(基準2.5-4.5)、FT4 1.1ng/dl(基準0.8-2.2)、尿中アルブミン 208mg/g・Cr(基準22以下)。CRP 1.2mg/dl。24時間クレアチニンクリアランス 78mg/分(基準90以上)。
  • この病態でみられる症候はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 104G063]←[国試_104]→[104G065

102E061」

  [★]

  • 次の文を読み、61~63の問いに答えよ。
  • 68歳の女性。複視を主訴に来院した。
  • 現病歴:1か月前から物が二重に見えるようになった。同じころから上の方を見上げると、右目に異物があるような感じがするようになった。眼科を受診したところ、視力に異常はないが眼底に出血があると言われた。脳神経外科で受けた頭部MRIでも異常がないと言われた。症状が良くならないので、精密検査を希望して来院した。
  • 既往歴:10年前から糖尿病で内服薬を服用している。
  • 現症:意識は清明。身長158cm、体重56kg。体温36.2℃。脈拍72/分、整。顔面の発汗に左右差はない。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、圧痛や抵抗を認めない。起立・歩行障害はない。四肢に不随意運動はなく、頭痛、失語・失行・失認および項部硬直を認めない。正面視における顔の写真を以下に示す。
  • 検査所見:尿所見:蛋白(-)、糖2+。血液所見:赤血球429万、Hb13.6g/dl、Ht41%、白血球6,000、血小板27万。血液生化学所見:空腹時血糖146mg/dl、HbAl。6.8%(基準4.3~5.8)、総蛋白7.4g/dl、アルブミン4.5g/dl、尿素窒素13.0mg/dl、クレアチニン0.5mg/dl、AST19IU/l、ALT24IU/l、Na141mEq/l、K5.1mEq/l、Cl 103mEq/l。CRP 0.1mg/dl。


  • 右目にみられる症候はどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 102E060]←[国試_102]→[102E062

105H035」

  [★]

  • 次の文を読み、35、36の同いに答えよ。
  • 27歳の男性。突然の胸背部痛のため搬入された。
  • 現病歴  車の運転中、激烈な胸痛を突然自覚し、その後、背部にも痛みを伴うようになった。症状が改善しなかったため直ちに救急車を要請した。
  • 既往歴  18歳時に気胸。
  • 家族歴  母親が38歳時に突然死。
  • 現症   意識は清明。身長183cm、体重62kg。呼吸数20/分。脈拍96/分、整。血圧102/60 mmHg。頚静脈の怒張を認める。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知せず、拍動性腫瘤を触知しない。
  • 検査所見:血液所見:赤血球 490万、Hb 14.2g/dl、Ht 40%、白血球 9,900,血小板 22万。血液生化学所見:血糖 96mg/dl、総蛋白 7.4g/dl、アルブミン 3.8g/dl、尿素窒素 14mg/dl、クレアチニン 0.8mg/dl、総ビリルビン 1.0mg/dl、AST 24IU/l、ALT 17IU/l。心電図で異常を認めない。内頚静脈から中心静脈カテーテルを挿入した後に撮影した胸部造影CT(別冊No.5)を別に示す。
  • この患者の身体所見として最も考えられるのはどれか。


  • a 多毛
  • b 亀背
  • c ぱち指
  • d 眼球突出
  • e クモ状指趾


[正答]


※国試ナビ4※ 105H034]←[国試_105]→[105H036

096D022」

  [★]

  • 2歳の女児。2日前から38℃の発熱が持続し、嘔吐と左上下肢のけいれんとが出現したので来院した。生後6か月にFallot四徴症の診断で短絡手術を受けた。来院時けいれんは消失しているが、左上下肢をうまく動かせない。血液所見:赤沈20mm/1時間、赤血球550万、Hb14.3g/dl、Ht50%、白血球13,600(桿状核好中球18%、分葉核好中球44%、単球8%、リンパ球30%)。CRP7.2 mg/dl (基準0.3以下)。この病態でみられる症候はどれか。
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 096D021]←[国試_096]→[096D023

104G044」

  [★]

  • 45歳の男性。意識障害のため搬入された。職場の同僚によると、昼食中に突然、激しい頭痛を訴えた後、意識が低下したという。搬入時は傾眠状態で呼びかけによって開眼する程度である。既往歴に特記すべきことはない。家族歴は姉に未破裂脳動脈瘤が指摘されている。
  • この患者にみられる可能性がある徴候はどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 104G043]←[国試_104]→[104G045

099G048」

  [★]

  • 45歳の女性。1年前から両眼の眼球突出に気付き、最近増悪したため来院した。両側の眼瞼開大(Dalrymple徴候)と下方視で強膜上部の露出(Graefe徴候)とを認める。拍動性雑音はない。眼窩単純MRIの脂肪抑制T1強調冠状断像を以下に示す。眼球突出の原因で最も考えられるのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 099G047]←[国試_099]→[099G049

102I060」

  [★]

  • 19歳の女性。意識混濁のため搬入された。2か月前から体減少に気付いていた。1年前の健康診断で異常はなかったが、2週前の健康診断の結果は空腹時血糖256mg/dlであった。今朝から意識がもうろうとしてきた。意識レベルはJCS II-20。身長161cm、体重40kg。呼吸数22/分。脈拍112/分、整。血圧122/88mmHg。身体所見で認められる可能性の高いのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 102I059]←[国試_102]→[102I061

106A057」

  [★]

  • 18歳の女子。オートバイを運転中に転倒したため搬入された。
  • 意識は清明。頭部に外傷はないが、鼻出血を認める。顔面骨3D-CT(別冊No. 28A)と頭部単純cT(別冊No. 28B)とを別に示す。
  • この患者の症状として考えられるのはどれか。 2つ選べ。



[正答]


※国試ナビ4※ 106A056]←[国試_106]→[106A058

101A011」

  [★]

  • 28歳の女性。1年前から次第に増大する頭部腫瘤を主訴に来院した。頭部の造影CTで頸部交感神経由来の腫瘍が疑われ、摘出術を行うことになった。頭部の写真を以下に示す。
  • 術後合併症として可能性があるのはどれか。2つ選べ。


[正答]
※国試ナビ4※ 101A010]←[国試_101]→[101A012

098I030」

  [★]

  • 38歳の女性。会社の健康診断で高血圧を指摘されたため来院した。身長158cm、体重60kg。満月様顔貌と中心性肥満とがある。血清コルチゾールの高値と日内変動の消失とを認める。腹部超音波検査で左腎上方に径3cmの腫瘤を認める。
  • この疾患でみられるのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 098I029]←[国試_098]→[098I031

102E046」

  [★]

  • 23歳の男性。バイクを運転中に転倒したため搬入された。意識は清明。右側頭部を強打しており右外耳からの出血がある。頭部CTで側頭骨を横断する骨折を認める。
  • 予想される症状はどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 102E045]←[国試_102]→[102E047

084B045」

  [★]

  • a. 抗甲状腺薬は数ヶ月で中止できる
  • b. アイソトープ治療の効果は2週間後に出現する
  • c. 眼球突出は甲状腺亜全摘術後1ヶ月で改善する
  • d. 甲状腺機能亢進症状は甲状腺亜全摘術後、数週間以内に改善される。
  • e. 抗甲状腺薬の投与は症状を見ながら次第に減らしていく。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]

098H013」

  [★]

  • 正しい組合せはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098H012]←[国試_098]→[098H014

095A071」

  [★]

  • 症候と疾患の組合せで正しいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 095A070]←[国試_095]→[095A072

106A020」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 106A019]←[国試_106]→[106A021

100B049」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 100B048]←[国試_100]→[100B050

ベックウィズ・ヴィーデマン症候群」

  [★]

Beckwith-Wiedemann syndrome Wiedemann-Beckwith syndrome BWS
Beckwith-Wiedemann症候群ベックウィズ・ウィーデマン症候群
[show details]


概念

病因

  • 不明

病態

遺伝形式

参考

  • 1. BECKWITH-WIEDEMANN SYNDROME; BWS; BWS - OMIM
[display]http://omim.org/entry/130650
  • 2.
[display]http://www.ncnp.go.jp/nin/guide/r2/genedigmanu_html/BWS.html


眼球陥凹」

  [★]

enophthalmos
眼球陥没眼球陥入眼球突出
[show details]


国試


proptosis」

  [★]

  • n.
  • (医)(器官の)突出、(医)眼球突出症


眼球突出 exophthalmos
グレーブス病


眼球突出症」

  [★]

exophthalmos
眼球突出 proptosisグレーブス病
眼球突出


悪性眼球突出症」

  [★]

malignant exophthalmos
浸潤性眼症 infiltrative ophthalmopathy
バセドウ病眼症



内分泌性眼球突出」

  [★]

endocrine exophthalmos
exophthalmia glandulare


眼球」

  [★]

eyeball
bulbus oculi


概念

(水晶体の支持靱帯 suspensory ligament of lens)

解剖

外眼筋

  • 内側
  • 外側


突出」

  [★]

protrusionextrusionoverhangprotrudeextrudeprojectprominentsalientobtrusive
オーバーハング計画顕著投射放出膨隆、目立つ、隆起投影押し出す追放卓越、追い出す、突起突出症プロジェクト
protrusion




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡