真皮

出典: meddic

dermis (M)
corium
皮膚皮膚の構造表皮




臨床関連

  • 熱傷:II度熱傷
  • 血液疾患


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/11/22 07:25:23」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • カネボウ化粧品 初期段階での真皮深部のエラスチン変質などUVAによる光老化の新知見を確認 : 研究成果をもとにPAの表示変更に対応して主力ブランドから新アイテム
  • ほうれい線解消に向けて : あまり知られていない真皮の織模様「皮膚割線」
  • 八坂 純子
  • 東洋医学鍼灸ジャーナル = Oriental medicine journal of acupuncture & moxibustion 30, 84-87, 2013-01
  • NAID 40019555670
  • 四肢及び尾部の広範囲皮膚欠損創に人工真皮と遊離皮膚移植による皮膚再建を実施した犬の4例 (日本獣医師会学会学術誌) -- (小動物臨床関連部門)
  • 須永 隆文,高木 哲,小川 修治
  • 日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association 66(1), 57-60, 2013-01
  • NAID 40019538735

関連リンク

表皮…皮膚の最外層をなし、重層扁平(へんぺい)上皮からでき、5層に区別されます。表面第1層は角質層で、手掌(しゅしょう)や足底ではとくに厚く丈夫です。角質層は、古くなったものはフケやアカとして落ちていき、下から新しい皮膚が ...
皮下脂肪や汗腺、リンパが集まる重要エリア・皮下組織。身だしなみで気になる汗対策のヒントも。 ... 基底膜というごく薄い膜によってしっかりとつなぎ合わされています。そして真皮を形作っているのがコラーゲン線維(膠原線維)と ...
デジタル大辞泉 真皮の用語解説 - 皮膚の表皮の下の結合組織層。神経および血管に富む。 ... ... 真皮 【シンピ】 4件の用語解説(真皮で検索) Tweet デジタル大辞泉 の解説 しん‐ぴ 【真皮】 皮膚の表皮の下の結合組織層。

関連画像

表皮橙色真皮真皮及び表皮の様子。真皮には 表皮・真皮・毛・爪・皮膚腺の


★リンクテーブル★
国試過去問100B011」「097G032
リンク元三胚葉から形成されるもの」「スイート病」「皮膚の構造」「神経堤」「基底膜
拡張検索真皮メラノサイト系母斑

100B011」

  [★]

  • 乾癬について正しいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100B010]←[国試_100]→[100B012

097G032」

  [★]

  • 誤っている組合せはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 097G031]←[国試_097]→[097G033

三胚葉から形成されるもの」

  [★]

外胚葉

  • 1.表層外胚葉
  • 1)表皮Epidermis
  • 2)表皮から派生物
  • ①毛
  • ②爪
  • ③皮膚腺(汗腺、乳腺、脂腺)
  • ④水晶体、角膜
  • ⑤口窩上皮、下垂体前葉、エナメル芽細胞、唾液腺
  • 3)表皮の肥厚Placodaによりできるもの
  • ①嗅器
  • ②内耳

内胚葉

上皮Epithelium

  • 1.消化管の上皮
  • 2.消化管上皮由来
  • 1)肝臓の実質細胞
  • 2)膵臓の実質細胞
  • 3)呼吸器系の上皮
  • 3.咽頭嚢上皮由来
  • 1)第一咽頭嚢
  • ①鼓室の上皮
  • ②耳管の上皮
  • 2)第1と第2の咽頭嚢の境界(舌盲孔)  甲状腺
  • 3)第2咽頭嚢
  • ①扁桃上窩
  • ②口蓋扁桃
  • 4)第3咽頭嚢
  • ①下位の副甲状腺(上皮小体)
  • ②胸腺の一部
  • 5)第4咽頭嚢
  • ①上皮の副甲状腺(上皮小体)
  • ②胸腺の一部
  • 6)第5咽頭嚢  鰓後体(甲状腺C細胞)
  • 7)その他  脊索前板
  • 4.尿膜上皮由来
  • 1)蹄胱の上皮(一部)
  • 2)尿道の上皮(一部)
  • 3)前立腺
  • 4)膣下部
*始原生殖細胞は卵黄嚢(内胚葉)由来といわれてきたが、最近の研究では三層性胚盤以前の二層性胚盤の時の胚盤葉上層の一部の細胞が生殖細胞への運命をたどる(決定)ことが明らかにされた。

中胚葉

  • 1)体幹と体肢の筋肉=筋板
  • 2)体幹と体肢の骨格=椎板
  • 3)体幹の皮膚の真皮=皮板
  • 4)結合組織
  • 5)骨髄
  • 1)泌尿器系 腎板〈腎節)
  • a) 腎・尿細管(後腎より)
  • b) 尿管・腎盤・腎杯・集合管(中腎管より尿管芽として出芽
  • 2)生殖腺と生殖管
  • a) 生殖腺(卵巣と精巣)
  • b) 中腎管(精巣上体・精管・精嚢)
  • c) 中腎傍管(卵管・子宮・膣上部)
  • a) 漿膜(腹膜腔、胸膜腔、心臓腔の表面)
  • b) 副腎皮質
  • c) 体肢の骨と結合組織(肢芽)
  • a) 消化管系の筋
  • b) 脈管系の筋
  • c) 心臓(刺激伝導系も含む)
  • d) 脾臓
  • e) 血球
*四肢骨の形成には椎板由来の間葉細胞と壁側中胚葉が関与する。
*四肢の筋の形成は体節(筋板)由来の細胞が関与する。

スイート病」

  [★]

Sweet's disease, Sweet disease
スウィート病、(国試)Sweet病急性熱性好中球性皮膚病 acute febrile neutrophilic dermatosisスイート症候群 Sweet syndrome Sweet's syndrome
好中球性皮膚症, neutrophilic dermatosis


概念

  • 好中球皮膚症の原型がスイート病である。急性に発熱、好中球増多、及び好中球の浸潤による紅斑を特徴とする新しい疾患概念として1964年に記載された。(参考2)

病因

  • 不明
  • 特定の疾患の経過に合併しやすい:好中球の活性化が見られる疾患?

疫学

  • 中年の女子に好発
  • 稀な疾患。男女比=1:4 (参考2)

病理

  • 真皮好中球浸潤が認められる。

症状

  • 発熱、好中球増加、好中球湿潤性紅斑
  • 上気道感染などを前駆症状とし、その数日-4週間後に発熱と共に10-25mmの境界明瞭・有痛性・暗紅色浮腫性紅斑を多発。
  • 皮膚症状
  • 局在:顔面、項頚部、前腕、手背
  • 所見:圧痛を伴う辺縁隆起性の浮腫性紅斑。紅斑の表面は粗大顆粒状、中央・辺縁に小水疱・膿疱を伴う。

治療

参考

  • 1. 皮膚の臨床写真
[display]http://dermnetnz.org/reactions/sweets.html
[display]http://www.sciencephoto.com/media/262589/enlarge
[display]http://www.visualphotos.com/image/1x9082848/sweets_disease
  • 2. [charged] 好中球性皮膚症 - uptodate [1]
  • 3.
[display]http://www.oguradaiclinic.jp/page1845.html



皮膚の構造」

  [★]

皮膚

機能

  • 外敵や外傷からの保護
  • 体液の保持
  • 体温調整(血管, 汗腺)
  • 感覚(皮神経と感覚終末)
構造名 主な組織の型 その他の組織
表皮 角化重層扁平上皮  
真皮 密性かつ不規則に並んだ弾性線維膠原線維 立毛筋
皮下組織 浅筋膜 疎性結合組織と脂肪 汗腺の最深部、血管、リンパ管、皮神経
皮膚支帯    
筋膜 深筋膜 密性かつ規則的に並んだ密性結合組織  
骨格筋    


神経堤」

  [★]

neural crest
crista neuralis
同?
神経堤細胞 neural crest cell神経冠
[[]]
  • 神経板の貫入中に、神経溝の両縁に沿って出現する一群の細胞集団が神経堤細胞であり、これは外胚葉由来である。
  • 頭頚部の発生過程では、外胚葉由来である神経堤細胞が中胚葉の代わりに間葉組織として振る舞っている。
①末梢神経系ニューロン、脳神経節(知覚性、副交感性)、脊髄神経節(知覚性)、交感神経節(交感性)、消化管の副交感神経節
②神経鞘芽細胞(シュワン細胞)
③グリア細胞
④髄膜細胞(軟膜クモ膜硬膜)
⑤副腎髄質細胞(内分泌)
⑥メラニン芽細胞(皮膚の色素細胞)
⑦顔面・頭部の軟骨・骨と結合組織、軟骨芽細胞頭蓋骨ゾウゲ芽細胞鰓弓の骨と骨格筋、顔面・頚部(鰓弓由来)の真皮大動脈弓



基底膜」

  [★]

basilar membrane (Z), basement membrane, BM
membrana basalis
基底板× basal lamina×




  • 図:NDE.6(シェーマ)


  • 表皮直下に存在。光学顕微鏡下でPAS染色に赤色に染まり、ジアスターゼ抵抗性を示す。電顕的には複雑な構造を示す。(NDE.6)

基底膜近傍の構造

  • 真皮



真皮メラノサイト系母斑」

  [★]

dermal mekanocytic nevus
母斑





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡