県立広島病院

出典: meddic


ご注意下さい。最新の情報ではありません。
誤った情報がございましたらメールにてご連絡下さい。

目次

病院名

  • 県立広島病院

url

理念

  • 【理念】県民の皆様に愛され信頼される病院をめざします【基本方針】1.患者様の権利を尊重し,真心のこもった医療を実践します。2.医療事故ゼロを目標として,患者様の安全対策に努めます。3.県の基幹病院として,21世紀の高度・先進医療を推進します。4.各医療機関と連携を強め,地域医療の充実向上に貢献します。5.健全な病院運営に努め,良質な医療サービスを提供します。

住所

  • 〒734-8530 広島市南区宇品神田1丁目5-54

診療の特徴、実績

  • 当院は広島市の南部に位置し,広島県民約288万人の中核的・先進的高度医療機関として,専門医療,救急医療,総合医療の三位一体に則って診療している。高度専門医療については,高度化・多様化した医療ニーズに的確に対応するため,高度医療機器を装備し,専門医によって先進医療を推進している。また,患者を中心とした各医療センター(成育医療センター,腎臓総合医療センター,救命救急センター,地域医療支援センター,健康推進センター,緩和ケア支援センター)を設置し,先進的,総合的な医療を実現している。

電子カルテ

  • 有り

一日平均入院患者数

  • 561.0人

一日平均外来患者数

  • 1,234.0人

平均在院日数(一般/精神)

  • 15.0日/47.0日

年間分娩件数

  • 687件(平成21年1月-21年12月実績)

年間剖検件数

  • 35件(平成21年1月-21年12月実績)

年間臨床病理研究会(CPC)の実施状況

  • 回数/7回

当院の救急医療の特徴

  • 当院の救急医療は3次救急を担当する救命センターと1次・2次救急の2本立て。救命救急センターは傷病内容を問わず,生命の危機の可能性があると判断された救急患者を救急隊または初期・二次救急施設からの依頼に応じて収容。救急隊との間にホットラインを設置,3度目のベルが鳴り終わる前に必ず救急医が受話器をとる。また,県のドクターヘリコプター事業の協力施設として,要請から5分以内に医療チームが屋上ヘリポートを離陸,県内各地の救急現場へ出動。現場から救命医療が開始されることで救命例多数。

救急専用診療室の有無

  • 有り

救急医療を行う診療科

  • 全科

一日平均救急外来患者数

  • 13.0人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

一日平均救急車搬送患者数

  • 8.0人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

年間心肺停止状態搬送患者数

  • 0人(平成21年1月-平成21年12月実績)

当直回数(月平均)

  • 4回

当直手当

  • 有り(当直手当:当直1回につき20,000円支給)

当直時の勤務体制(研修医以外の当直医数)

  • 7人

当直時の勤務体制(当直研修医数)

  • 2人

勤務体制

  • 研修医当直(1次2次救急患者対応)に1年次研修医,2年次研修医各1名の2名体制で対応。2年次から救命救急センター(3次救急)当直可

公的年金保険

  • 有り

国家・地方公務員災害補償法の適応

  • 有り

労働災害補償保険

  • 無し

医師賠償責任保険の扱い

  • 有り

個人加入

  • 有り

指導医から一言

  • 当院は,昭和46年に臨床研修病院として認定され,大学病院などから研修医を受け入れてきました。昭和53年からは自治医科大学卒の研修医を受け入れ,プライマリケアに必要な基礎知識と技能を身につけた臨床医を養成してきました。研修医の指導に関しては,各診療科において専任指導医の統括の下で多様なカリキュラムに沿って研修を行っています。マンツーマン方式を基本とし,疾患によっては専門医による指導や身近なことは年齢の近いレジデントが相談に乗ってくれます。症例も豊富で多数の学会から研修・教育施設の指定を受けており,充実した指導体制となっています。初期臨床研修における基本科目のみならず,希望により専門科を選択して研修することもできます。また,当直は上級医の指導の下で1年次と2年次の研修医が共診する屋根瓦方式を採用しています。初期臨床研修終了後の後期研修について,複数科ローテートコースを設定するなどして研修の充実を図っており,初期臨床研修に続いて意欲的に研修を希望される方の受け入れにも取り組んでいます。

先輩研修医からの病院紹介と、この病院を選んだ理由

  • 当院の研修ではcommon diseaseからrareな症例まで幅広く経験できます。当院では1年目に内科研修などプライマリケアに必要な知識・診察をみっちり研修することができると思います。また,当院では,内科当直・外科当直の先生方のバックアップの元,研修医1年目・2年目が初期対応から診察・検査を行い診断することができ,日中の研修の整理や救急対応による新たな知識の獲得など充実した当直を行うことができます。研修医向けのレクチャーも充実しており,各科の先生方の講習が毎週あり,月1回は救急対応などの実戦形式のレクチャーもあります。見て,聞いて,学んで,実践し,評価するという一連の流れが確立されているので,充実した研修ができると思います。

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/12/16 23:16:26」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 緊急手術を要した複数個の磁石玩具誤飲の2例
  • 26. 若年発症肺多形癌に慢性肺アスペルギルス症を合併した1例(第23回日本呼吸器内視鏡学会中国四国支部会)
  • 気管支学 : 日本気管支研究会雑誌 37(3), 349, 2015-05-25
  • NAID 110009970410

関連リンク

県立広島病院のサイトです。病院の紹介,各診療科の案内,外来担当医一覧など。 ... 2016年7月4日 検査業務嘱託員(非常勤職員)を募集します 2016年7月4日 医療福祉相談員(非常勤職員)を募集します
〒734-8530 広島市南区宇品神田一丁目5番54号 TEL(082)254-1818(代表)/FAX(082)253-8274

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡