相関

出典: meddic

correlationcorrelate
関係関連相関性相互関係相関関係


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/04/22 20:17:48」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • スペクトル拡散を用いた車載電子キーシステムの復調方式に関する検討
  • 澤 良次,荒木 宏,渡辺 正浩,鹿井 正博,平位 隆史
  • 情報処理学会論文誌 53(1), 204-211, 2012-01-15
  • … 目的にアナログでの周波数同期を不要とする復調方式を提案している.本方式は,アナログ部で直交検波し,IchとQchそれぞれで,ある特定の部分符号長に分割して部分相関値を取得し,大きい方を選択して合算していくことで全符号長での相関値を取得し復調する方式である.本稿では,周波数偏差と部分符号長の関係性を明らかにし,ある周波数偏差での最適な部分符号長を示す.また,最適部分符号長での受 …
  • NAID 110008736775
  • Positivity scale for type-2 diabetes patients with renal failure
  • Matsui Kiyoko,Inagaki Michiko,Tasaki Keiko
  • 金沢大学つるま保健学会誌 35(2), 29-39, 2011-12-27
  • … 尺度の妥当性としてGSES尺度を用いて相関係数で検定した。 … 尺度を用い、糖尿病性腎症療養期間との関係を相関係数を用いて導いた。 … また、自己効力感尺度と正の相関により併存妥当性があった。 … 尺度において社会生活、心の健康、全体的健康感、腎疾患による負担、睡眠において有意な正の相関があった。 …
  • NAID 120003660050

関連リンク

そうかん【相関】とは。意味や解説、類語。[名](スル)二つのものが密接にかかわり合っていること。「―する二国間の経済」そうかんかんけい【相関関係】1 二つのものが密接にかかわり合い、一方が変化すれば他方も変化するよう ...
【相関】 偏差や分散などは1つの変数の状態でその集団の構造を表すものですが、2つの変数の動きを同時に着目する場合が相関と回帰の考え方です。 (回帰については第2部で予定してますので今回は触れていません。

関連画像

相関グラフがこちら。そして、相関において重要な 平均と偏差、分散、相関の概念その他、式を表示したり好み 海水流入農地土壌における 相関分析の有意性の検定

添付文書

薬効分類名

  • スギ花粉症の減感作療法(アレルゲン免疫療法)薬

販売名

シダトレンスギ花粉舌下液200JAU/mLボトル

組成

成分・含量(1mL中)

  • 標準化スギ花粉エキス原液10,000JAU/mLを0.02mL含有

添加物

  • 濃グリセリン、塩化ナトリウム
  • [標準化スギ花粉エキス原液(10,000JAU/mL)]

スギの花粉を原料とし、50%グリセリン・塩化ナトリウム溶液で抽出して得たアレルゲンを含む液。
 ※ 50%グリセリン・塩化ナトリウム溶液:グリセリン50%(w/w)、塩化ナトリウム5%(w/w)

  • [JAU/mL]

アレルギー患者の皮膚試験に基づき一般社団法人日本アレルギー学会により設定された国内独自のアレルゲン活性単位(Japanese Allergy Units/mL)であり、スギ花粉エキスにおいてはCry j 1 が7.3〜21μg/mL 含まれるエキスを10,000JAU/mL と表示できる1)

  • [Cry j 1]
    スギ花粉中に存在する主要アレルゲンの一つであり、ヒト皮膚反応活性と相関することが報告されている2)

禁忌

本剤の投与によりショックを起こしたことのある患者

重症の気管支喘息患者

  • 〔本剤の投与により喘息発作を誘発するおそれがある。〕

悪性腫瘍、又は免疫系に影響を及ぼす全身性疾患
(例えば自己免疫疾患、免疫複合体疾患、又は免疫不全症等)

  • 〔免疫系に異常がある場合、本剤の有効性、安全性に影響を与えるおそれがある。また本剤の投与によりこれらの疾患に影響を与えるおそれがある。〕

効能または効果

  • スギ花粉症(減感作療法)

  • 本剤の投与開始に際し、皮膚反応テスト〔スクラッチテスト(プリックテスト)、皮内テスト〕又は特異的IgE抗体検査を行い、スギ花粉症の確定診断を行うこと。
  • 本剤の使用開始にあたっては、前シーズンの花粉飛散時期における患者の症状を踏まえ、他の治療法も勘案した上で、本剤の適用の可否を判断すること。
  • スギ花粉以外のアレルゲンに対しても反応性が高い(特異的IgE抗体値が高い)スギ花粉症患者に対する本剤の有効性、安全性は確立していない。〔使用経験がない〕

増量期(1〜2週目)

  • 通常、成人及び12歳以上の小児には、増量期として投与開始後2週間、以下の用量を1日1回、舌下に滴下し、2分間保持した後、飲み込む。

その後5分間は、うがい・飲食を控える。

  • 【1週目増量期 シダトレンスギ花粉舌下液200JAU/mLボトル】
       1日目 0.2mL
2日目 0.2mL
3日目 0.4mL
4日目 0.4mL
5日目 0.6mL
6日目 0.8mL
7日目 1mL
【2週目増量期 シダトレンスギ花粉舌下液2,000JAU/mLボトル】
1日目 0.2mL
2日目 0.2mL
3日目 0.4mL
4日目 0.4mL
5日目 0.6mL
6日目 0.8mL
7日目 1mL

維持期(3週目以降)

  • 増量期終了後、維持期として、シダトレンスギ花粉舌下液2,000JAU/mLパックの全量(1mL)を1日1回、舌下に滴下し、2分間保持した後、飲み込む。その後5分間は、うがい・飲食を控える。


  • スギ花粉飛散時期は新たに投与を開始しないこと。〔スギ花粉飛散時期はスギ花粉アレルゲンに対する患者の過敏性が高まっている場合が多い。〕
  • 初回投与時は医師の監督のもと、投与後少なくとも30分間は患者を安静な状態に保たせ、十分な観察を行うこと。また、ショック、アナフィラキシー等の発現時に救急処置のとれる準備をしておくこと。〔本剤はスギ花粉由来のアレルゲンを含む液であるため、アナフィラキシー等の発現のおそれがある。〕

慎重投与

  • 本剤の投与、又はアレルゲンエキスによる診断・治療、あるいはスギ花粉を含む食品の摂取等によりアレルギー症状を発現したことのある患者〔本剤の投与によりアレルギー反応に基づく副作用を起こすおそれがある。〕
  • 気管支喘息患者〔本剤の投与により喘息発作を誘発するおそれがある。〕

重大な副作用

  • ショック、アナフィラキシー(頻度不明)

ショック、アナフィラキシーがあらわれる可能性があるので、観察を十分に行い、血圧低下、呼吸困難、全身潮紅、顔面浮腫・咽頭浮腫等の血管浮腫、蕁麻疹、喘息等の異常が認められたときには、投与を中止し、直ちに適切な処置を行うこと。
また、ショック、アナフィラキシーを早期に認識しうる症状として以下のようなものがある3)

  • 口腔内異常感、皮膚のそう痒感、蕁麻疹、紅斑・皮膚の発赤、胃痛、腹痛、吐き気、嘔吐、下痢、視覚異常、視野狭窄、鼻閉塞感、くしゃみ、嗄声、咽喉頭そう痒感・異常感、胸部絞扼感、息苦しさ、呼吸困難、咳嗽、喘鳴、チアノーゼ、頭痛、耳鳴、不快感、悪寒、四肢や顔のしびれ、顔面潮紅、発汗、めまい感、振戦、蒼白、動悸、頻脈、不整脈、血圧低下、不安、恐怖感、意識混濁等。

薬効薬理

作用機序

  • 減感作療法の効果発現メカニズムは十分に解明されていないが、舌下投与による減感作療法では口腔粘膜下の樹状細胞によるアレルゲンの捕捉が起こり、免疫反応が引き起こされると考えられている5)。免疫反応として、Th2細胞増加の抑制及びTh1細胞の増加、制御性T細胞の誘導、抗原特異的IgG及びIgAの増加が報告されており、その結果としてアレルギー症状の発現を抑制するものと推測されている5),6)

有効成分に関する理化学的知見

有効成分

  • 標準化スギ花粉エキス原液10,000JAU/mL

性状

  • 淡黄色澄明の液


★リンクテーブル★
先読みcorrelate
リンク元100Cases 27」「correlation」「関連」「関係」「相関性
拡張検索相関関係」「ゲノムワイド相関解析

correlate」

  [★]

  • v.
  • 相関する、関連する
associateassociationattachbearingconnectioncorrelationimplicationlinkpertinentreferencerelaterelationrelationshiprelativerelevancerelevant

WordNet   license wordnet

「to bear a reciprocal or mutual relation; "Do these facts correlate?"」

WordNet   license wordnet

「either of two or more related or complementary variables」
correlative

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「…‘に'相互関係を持たせる;…'を'(…と)関連させる《+『名』+『with』+『名』》 / 相互に関連がある;(…と)関連がある《+『with』+『名』》 / 相互関係にあるもの」

WordNet   license wordnet

「bring into a mutual, complementary, or reciprocal relation; "I cannot correlate these two pieces of information"」


100Cases 27」

  [★]

☆case27 関節痛
症例
37歳 女性
主訴関節痛
現病歴:数ヶ月、膝の痛みがだんだん強くなっていると感じていた。痛みは手や足の小関節に多く、朝歩くときに最もこわばる。痛みはジクロフェナクを飲むと和らぐ。そのほかの症状として疲労感を感じ、最近体重が3ヶ月で4kg減っている。
喫煙歴:なし。
飲酒歴:機会飲酒
既往歴:なし
家族歴既婚子供は2人
服薬歴:ジクロフェナク
職業歴:legal sevretary
身体所見 examination
 顔貌 青白、臨床的貧血を認める。近位指節間関節中手指節関節 腫脹effusionを伴う疼痛中足趾節関節 圧痛。それ以外正常
検査 investigation
 血液検査
  Hb低下
  ESR上昇
  尿素軽度上昇
  クレアチニン軽度上昇
  正常白血球MCV血小板ナトリウムカリウムグルコースアルブミン
 尿検査
  蛋白(-)、尿糖(-)、潜血(-)、
問題
 本症例では診断とその根拠を考えるのは簡単なので、鑑別疾患をあげてその疾患特徴的症候列挙しましょう。
関節痛 DIF.283
 V Vascular
  血友病 hemophilia 血友病関節症(急性疼痛腫脹熱感(SOR.241)
慢性可動域の低下、変形関節周囲筋萎縮(SOR.241))。家族歴
  壊血病 scurvy 。生活環境。食事歴
  無菌性骨壊死 aseptic bone necrosis (Osgood-Schlatter diseaseとか)
 I Inflammatory
  感染性関節炎(細菌性関節炎(化膿性関節炎淋菌性関節炎結核性関節炎嫌気性菌関節炎 )、真菌性関節炎スピロヘータ関節炎(梅毒性関節炎ライム関節炎)、マイコプラズマ関節炎ウイルス関節炎)
 N Neoplastic disorders
  骨原性肉腫 osteogenic sarcoma
  巨細胞腫 giant cell tumors
 D Degenerative disorders
  degenerative joint disease
  変形関節osteoarthritis
 I Intoxication
  痛風 gout (uric acid)
  偽痛風 pseudogout (calcium pyrophosphate)
  ループス症候lupus syndrome of hydralazine (Apresoline) and procainamide
  gout syndrome of diuretics
 C Congenital and acquired malformations bring to mind the joint deformities of tabes dorsalis and syringomyelia and congenital dislocation of the hip. Alkaptonuria is also considered here.
 A Autoimmune indicates
  関節リウマチ RA
  血清病 serum sickness
  全身性エリテマトーデス lupus erythematosus
  リウマチrheumatic fever
  ライター症候群 Reiter syndrome
  潰瘍性大腸炎 ulcerative colitis
  クローン病=限局性回腸炎 regional ileitis
  乾癬性関節炎 psoriatic arthritis
  リウマチ性多発筋痛症 polymyalgia rheumatica
 T Trauma
 E Endcrine
  先端肥大症 acromegaly
  閉経 menopause
  糖尿病 diabetes mellitus
関節炎分類
炎症部位の数
 単関節炎痛風、偽痛風離断性骨軟骨炎血行性化膿性関節炎のほとんど
 多関節炎リウマチ疾患ウイルス疾患白血病での関節症状易感染性宿主における血行性化膿性関節炎
関節リウマチ
 診断基準
 関節症状
  朝のこわばり、疼痛腫脹関節の動揺、関節可動域制限、変形(手指足趾、膝関節)。(SOR.211)
  手指近位指節間関節(PIP関節)、中手指節関節(MP関節)。遠位指節間関節(DIP関節)に初発することは稀。(SOR.211)
  左右対称性に生じることが多い。手関節足趾、膝関節初発する。(SOR.211)
 関節症状
  全身症状発熱
  皮膚症状リウマトイド結節(肘の伸側、後頭部手指)
  眼症状:上胸膜炎(10日の経過治癒)、強膜炎(予後不良)。稀に角膜穿孔
  血液障害:(高頻度)貧血白血球減少(Felty病。DMARDs投与中の場合薬剤性骨髄抑制考慮)
  アミロイドーシスネフローゼ下痢を来した症例で疑う。アミロイド蛋白AA
  腎障害:稀。アミロイドーシス続発症薬剤性考慮
  呼吸器症状間質性肺炎の合併多い。下肺野に好発。通常無症状メトトレキセートなどの使用により薬剤性急性間質性肺炎を生じることがある。
  心・血管障害リンパ管炎による難治性浮腫
  神経症状:環軸関節亜脱臼により項部痛や脊髄症上が出現しうる。
  骨粗鬆症
  腱鞘滑膜炎:手指、手関節、足関節
■両側性多関節炎の鑑別疾患
 OA:遠位指節間関節を冒すのが特徴的で、近位指節間関節中手指節関節を冒しうる。
 RA
 SLE軽度症状程度変動する非びらん性の関節炎
 gout:単関節炎からはじまる。
 血清陰性関節炎強直性脊椎炎感染、ライター病:中~大関節非対称性関節炎。仙腸関節と遠位指節間関節にも関節炎
 急性ウイルス関節炎風疹
■KEY POINTS
RAでは遠位指節間関節は冒されない傾向がある。
RAの全身症状関節症状先行することがある。
RA活動性貧血及びESR相関している。
NSAIDs腎機能に悪影響を与えることがある。
initial plan
 Dx 1. 単純X線写真
    ・亜脱臼関節周囲の骨萎縮(傍関節性骨骨粗鬆症,juxta-articular osteoporosis)、関節裂隙の狭小化関節辺縁のびらん(bony erosion)
     ・初期RAで第5趾に骨びらん一般的に見られる。
    ・血液検査
     ・RF、抗DNA抗体
 Tx 1. 鎮痛薬
    ・NSAIDs鎮痛とこわばりの軽減
   2. DMARDs(メトトレキセートレフルノミド金製剤ペニシラミン)
    ・NSAIDs症状が治まらない場合考慮
   3. 抗TNF抗体
    ・重症RAで効果がある場合がある。
参考文献
SOR 標準整形外科学 第10版 医学書院
DIF Differential Diagnosis in Primary Care Fourth Edition版 Lippincott Williams & Wilkins

correlation」

  [★]

  • n.
associateassociationattachbearingcolinearityconcernconnectconnectioncorrelatecorrelativegermaneimplicateimplicationinterplayinterrelationinterrelationshiplinkpertainpertinentreferablereferencerelaterelationrelationshiprelativerelevancerelevantrespect

WordNet   license wordnet

「a reciprocal relation between two or more things」
correlativity

WordNet   license wordnet

「a statistical relation between two or more variables such that systematic changes in the value of one variable are accompanied by systematic changes in the other」
correlational statistics

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「〈C〉(…間の)相互関係《+『between』+『名』》;(…との)関連《+『with』+『名』》 / 〈U〉《文》関連させること;相関関係にある状態 / 〈C〉相関グラフ」


関連」

  [★]

relationrelationshipcorrelationrelevancelinkimplicationconnectionbearingassociationreferencerelateassociateattachcorrelaterelativerelevantpertinent
暗示意味会合関係、関する、関連性基準共生結合結線言及参考、参照、照会、親戚親類軸受け相関相関性相互関係相対相対性相対的対合態度妥当適切同僚付随付着結びつける類縁体連関連結連合連合性連鎖連接、連絡、群集添付協会接続関係性リファレンスリンク参考文献相関関係関連づける


関係」

  [★]

関わる関心、関する、観点関連関連性敬意結合結線心配相関相関性相互関係相互作用属する妥当適切結びつける連結、連絡、適した意味づける懸念接続関係性相関関係

相関性」

  [★]

correlationcolinearitycorrelative
関係関連相関相互関係共線性相関関係


相関関係」

  [★]

correlation
関係関連相関相関性相互関係


ゲノムワイド相関解析」

  [★]

GWAS
GWAS




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡