相良知安

出典: meddic


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/06/28 08:18:29」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 明治維新期西洋医学導入過程の再検討
  • 佐賀藩医 相良知安とドイツ医学
  • 医者も知りたい【医者のはなし】(第31回)ドイツ医学導入の立役者 相良知安(1836-1906)

関連リンク

新着情報 RSS 『相良知安翁懐旧譚』(「医海時報」連載:明治37年)の公開です。相良知安が晩年(69歳)に口述し連載された回顧談です。「第116回日本医史学会学術大会(大阪大会)」での一般口演報告 演題「相良元貞 ...
明治2年(1869年)新政府から、「医学校取調御用掛」の辞令が、知安と福井藩医の岩佐純に下り、医学制度改革を命じられます。新生日本の・・・・・・ →続きを読む

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡