相模原協同病院

出典: meddic


ご注意下さい。最新の情報ではありません。
誤った情報がございましたらメールにてご連絡下さい。

病院名

  • JA神奈川県厚生連 相模原協同病院

url

理念

  • 理念と基本方針「一人は万人のために、万人は一人のために」を基本理念として、心のこもったやさしい医療を実践します。1.地域から信頼される病院を目指します。2.患者サービスの向上に努めます。3.安全で質の高い医療を提供します。

住所

  • 〒229-1188 相模原市橋本2-8-18

診療の特徴、実績

  • 当院は昭和20年8月に開設されたJA神奈川県厚生連の病院です。当院は高度な医療の提供と迅速な対応を目的に急性期医療に積極的に取り組み、平成15年10月には神奈川県下では2番目となる地域医療支援病院に指定されました。患者総合支援センターが窓口となり周辺の医院・病院との緊密な連携をとりながら患者様に対応し、さらに開業医の先生方の為の研修会を開催する等、相模原地区の中核病院としての重責を担っております。又、患者様への迅速な対応を図る為センター化を進めており、現在迄に消化器病センター、循環器センター、血液浄化センター、呼吸器病センターが設置され有機的に運営がなされております。平成20年度には年間手術件数は約3,800件でありICU11床、CCU6床を完備し、最新の設備できめ細かい高度な治療・術後管理を行っております。平成15年には脳血管障害に対する血管内治療科を新設し、専門の脳血管撮影室を増設しました。平成16年7月には世界でも屈指の動体追跡装置付の高精度放射線治療センターを開設したことで、あらゆる癌治療に対して外来化学療法室の運用とともに高度な集学的治療が可能になりました。

電子カルテ

  • オーダリングのみ

一日平均入院患者数

  • 342.7人

一日平均外来患者数

  • 972.6人

平均在院日数(一般/精神)

  • 12.9日/0.0日

年間分娩件数

  • 414件(平成21年1月-21年12月実績)

年間剖検件数

  • 9件(平成21年1月-21年12月実績)

年間臨床病理研究会(CPC)の実施状況

  • 回数/4回

当院の救急医療の特徴

  • 相模原市を中止とした2次医療圏70万人、及び隣接する東京都町田市、八王子市を含めた約80万住民の2次救急の中心的救急指定病院となっており、平成20年度の救急車による搬送件数は約5300件でありました。循環器センター、脳神経センターは、3次救急にも対応すべく24時間体制で毎日当直体制を実施しております。その他にも、内科系、外科系、小児科、産婦人科、各1名の医師が毎日当直し、消化器外科、整形外科、麻酔科、緊急内視鏡のための消化器内科では、それぞれオンコール体制を弾き常時緊急手術・処置に対応できるように配置しております。

救急専用診療室の有無

  • 有り

救急医療を行う診療科

  • 内科系/外科系/小児科/循環器科/脳神経外科

一日平均救急外来患者数

  • 33.3人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

一日平均救急車搬送患者数

  • 14.9人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

年間心肺停止状態搬送患者数

  • 36人(平成21年1月-平成21年12月実績)

当直回数(月平均)

  • 6回

当直手当

  • 有り(1年目 5,000円/回、2年目 8,000円/回)

当直時の勤務体制(研修医以外の当直医数)

  • 7人

当直時の勤務体制(当直研修医数)

  • 2人

勤務体制

  • 指導医に付いて勤務

公的年金保険

  • 有り

国家・地方公務員災害補償法の適応

  • 有り

労働災害補償保険

  • 無し

医師賠償責任保険の扱い

  • 有り

個人加入

  • 有り

指導医から一言

  • 当院の研修目標は相模原協同病院の基本理念である「心のこもったやさしい医療の実践」のできる医師を育てること、そして当院の研修医目標の「信頼される医師」を育てることです。そのためには多くの症例を経験し、多くの患者さんに接し、多くの基本的技術を習得することから始まると思います。私たち指導医は気道確保の挿管、IVHの穿刺、胸腔穿刺など基本手技の完全習得のために多くの症例を経験させ、そして常に傍にいて指導しています。救急医療は1次から2時救急までを1年目と2年目の研修医で初療行い、指導医に連携して確認してもらい、3次救急は指導医を含めた当直医全員で行うようにしております。当院の研修医は、全国の大学から集まっており、例年2-3倍の競争率でフルマッチしています。各科の隔たりがなく、病院全体で研修医の教育に力を入れています。学会・研究会等の発表の機会も多く、楽しく・厳しい指導が受けられます。人口70万の相模原市の中核病院、必ずや充実した研修生活が送れると思います。研修医と過ごす1日体験実習を行っていますので、連絡ください。

先輩研修医からの病院紹介と、この病院を選んだ理由

  • 相模原協同病院は、相模原市の中核病院で、毎日多くの患者さんが来院されます。そんな中で私たちは、救急初期対応や、手技の習得に毎日頑張っています。日本大学、北里大学、横浜市立大学、東海大学、聖マリアンナ医大出身の先生が多く勤務されていますが、各科の垣根がなく、教えていただいています。また、学会・研究会の発表も多く、症例発表をさせていただいています。相模原協同病院は、主要内科、外科、麻酔科などを必修でローテートしますので、基本的診療能力の勉強には、最適です。出身大学もさまざまで、仲良く研修しています。是非一緒に頑張りましょう。一度、見学に来て下さい。私たち研修医がお相手します。

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/07/23 08:50:11」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 腹腔鏡手術で治療した巨大腹壁瘢痕ヘルニアの1 例
  • 高カルシウム血症を伴った巨大な脱分化型脂肪肉腫の1 例

関連リンク

がん診療連携拠点病院、地域医療支援病院、臨床研修医指定病院の相模原協同病院 |神奈川県.

関連画像

 県厚生連 相模原協同病院画像1 神奈川県厚生連相模原協同病院連合会 相模原協同病院 まちから】相模原協同病院の

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.


★リンクテーブル★
関連記事協同

協同」

  [★]

cooperationconjunctioncooperatesynergize
協同作用協力組み合わせ結合組合せ



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡