相対投与薬剤量強度

出典: meddic

relative dose intensity RDI

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

投与コースの中央値は8 コース(3〜8コース),8 コース治療完遂割合は96%であった。内服コンプライアンスの指標として用いた相対用量強度(実内服量/治療開始時予定投与量)の中央値は100%(37〜100%),平均は93%で ...
抗癌剤の治療強度 Dose Intensity (DI) 化学療法の単位時間あたり(週)の治療強度を評価する指標 実際の投与量の合計 治療を完了した時間の合計 一回投与量減量や投与期間の延長はDIを低下させる Relative Dose Intensity (RDI) ...
59 DIの考え方にもいくつかの欠点がある。1つはす べての薬剤の至適投与量を同じ効果としている点 である.たとえぽ非ポジキンリンパ腫に対して,効果が高いと考えられるドキソルビシンと,それ ほど効果が高くないと考えられる ...

関連画像

グラフ


★リンクテーブル★
拡張検索平均相対投与薬剤量強度
関連記事薬剤」「投与」「相対」「与薬」「強度

平均相対投与薬剤量強度」

  [★]

average RDI, ARDI
相対投与薬剤量強度

薬剤」

  [★]

drugagentpharmaceutical preparationmedicine
薬物作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬物代理人医薬品薬品


投与」

  [★]

administration
administrationis
投薬 medication

経路

  • 経口 PO peroral
  • 静注 IV intravenous administration
  • 筋注 IM intramuscular injection
  • 皮下 SC subcutaneous
  • 直腸 rectal


相対」

  [★]

relative
関する、関連関連性親戚親類相対性相対的類縁体


与薬」

  [★]

管理投薬投与行政薬物投与

強度」

  [★]

intensitystrength
インテンシティ輝度強弱




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡