相対危険度

出典: meddic

relative risk
相対リスク相対危険
コホート研究オッズ比



  • コホート研究で取られる手法
  • ある因子が、疾病発生とどの程度関連しているかを評価する。すなわち、暴露群と被暴露群の比較に主眼がおかれている。
  • 暴露群 VS 被暴露群
  • 疾病あり VS 疾病無し


  • Rが大きければ関連が強いといえる
R = A / (A + B) / ( C / (C + D) )


  • 疾患が稀な場合、 A + B ≒ B, C + D ≒ D となり
R ≒ AD / BC
→疾患が稀な時の近似的相対危険度はオッズ比に等しくなる
  疾病あり 疾病なし
暴露あり A B A+B
暴露なし C D C+D
A+C B+D T

参考

  • 1.
[display]http://www.med.nihon-u.ac.jp/department/public_health/ebm/ce105.html
  • 2.
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%B8%E5%AF%BE%E5%8D%B1%E9%99%BA%E5%BA%A6

uptodate

  • In the systematic review of this trial, significantly more patients experienced clinical improvement at three months with surgery than with splinting (71 versus 51.6 percent) with a relative risk (RR) for clinical improvement favoring surgery of 1.38 (95% CI 1.08-1.75).(手術群とスプリント群で比較すると手術群の「臨床的な改善」のRRは1.38。(手根管症候群))


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/12/31 22:54:41」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ビスフォスフォネート製剤に関連するその他の有害事象(心房細動と食道癌) (特集 最新のビスフォスフォネート製剤療法)
  • 総白血球数とその分画、空腹時インスリン、メタボリックシンドロームの関係
  • 大屋 純子,中神 朋子,遠藤 康弘,岩本 安彦
  • 東京女子医科大学雑誌 81(E2), E189-E196, 2011-03-31
  • … 空腹時インスリン値を含む多因子補正後のロジスティック回帰分析では、総白血球数の4分位において、最上位群では最下位群と比較し男女それぞれ、メタボリックシンドロームの相対危険度が2.26倍、2.71倍であった。 … 同様に、好中球数の4分位において、最上位群では最下位群と比較し男女それぞれ、メタボリックシンドロームの相対危険度が2.17倍、4.08倍であった。 …
  • NAID 110008441467
  • 2型糖尿病罹患に対する飲酒習慣,有酸素能力の相互作用に関するコホート研究
  • 澤田 亨,柿木 亮,内藤 久士 [他]
  • 運動疫学研究 13(1), 37-43, 2011-03
  • NAID 40018855229
  • 繰り返される災害下での精神健康の問題―2000年三宅島雄山噴火後の坪田地区住民の精神健康について―
  • 大森 哲至
  • 実験社会心理学研究 50(1), 60-75, 2010
  • … また,ハイリスク者の発生に寄与するリスク要因を分析した結果,最も相対危険度の高いのは,性別の要因であり,女性は男性の3. … 次いで,相対危険度の高いのは,今後の生活や復興活動に対する悩みの有無であり,悩みのある人はない人の3. …
  • NAID 130000303103

関連リンク

相対危険度(そうたいきけんど)とは疫学における指標の1つで、暴露群と非暴露群 における疾病の頻度を比で表現したもの。相対危険度は暴露群の発生率を非暴露群の 発生率で割ることにより求めることができ、暴露因子と疾病発生との関連の強さを示す 指標と ...
相対危険度とオッズ比. コホート研究においては、ある要因の曝露群と非曝露群が時間 経過とともに疾病になるかならないかを追跡して研究します。これらの結果のデータは次 の表のようにまとめられます。

関連画像

リスク(相対危険度)の推定 ような時相対危険度の近似値発症との関連(相対危険度相対危険度は 寄与危険度相対危険度とオッズ比.相対危険度を出してリスクの要因Aの相対危険度相対危険度(95%信頼区間)


★リンクテーブル★
国試過去問104E041」「096G019」「103F013」「099D023」「101B015」「106G031」「100G024
リンク元コホート研究」「症例対照研究」「陽性尤度比」「オッズ比」「ハザード比
拡張検索人口相対危険度
関連記事危険」「相対」「

104E041」

  [★]

  • ある集団における要因Aの割合は25%であり、要因Aによる疾患B発症の相対危険度は2.0であった。
  • 要因Aを取り除いた場合に疾患Bを予防できる割合はどれか。
以下のように改変
  • 設問1. 集団全体の疾患Bに罹患した人の中で、要因Aが原因の人の割合
  • 設問2. 要因Aがありかつ疾患Bに罹患に罹患した人の中で、要因Aが原因の人の割合
  • a 10%
  • b 20%
  • c 30%
  • d 40%
  • e 50%
[正答]


※国試ナビ4※ 104E040]←[国試_104]→[104E042

096G019」

  [★]



  • 正しいのはどれか。
  • a. 有病率はP/(P+Q)である。
  • b. 相対危険度は(R/(R+S))/(P/(P+Q))である。
  • c. 寄与危険度は(P/(P+Q))-(R/(R+S))である。
  • d. オッズ比はPQ/RSである。
  • e. 有意差検定はt検定で行う。
[正答]


※国試ナビ4※ 096G018]←[国試_096]→[096G020

103F013」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 103F012]←[国試_103]→[103F014

099D023」

  [★]

  • 正しいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 099D022]←[国試_099]→[099D024

101B015」

  [★]

  • a. 疾患の判定が困難である。
  • b. 相対危険度を直接計算できない。
  • c. 要因の情報を記憶に頼ることが多い。
  • d. まれな疾患を対象とすることが多い。
  • e. 疾患を有しない群の同定が困難である。
[正答]


※国試ナビ4※ 101B014]←[国試_101]→[101B016

106G031」

  [★]

  • a 要因の有無によって2群に分けて追跡する。
  • b 過去から現在への追跡は含めない。
  • c まれな疾患の研究に通している。
  • d 介入群と非介入群とを設定する。
  • e 相対危険度は計算できない。


[正答]


※国試ナビ4※ 106G030]←[国試_106]→[106G032

100G024」

  [★]

  • a. 人年法を用いる。
  • b. 後ろ向き研究である。
  • c. 相対危険度を算出できる。
  • d. 寄与危険度を算出できる。
  • e. コホート集団を設定する。
[正答]


※国試ナビ4※ 100G023]←[国試_100]→[100G025

コホート研究」

  [★]

cohort study
研究デザインコホート内症例対照研究



定義

  • 対照集団を要因の有無別に分けて、疾病罹患の傾向を比較する
  • ある時点で研究対象を決めて、その人たちを追跡調査するスタイルの研究
  • なんらかの共通特性をもった人たちと、その特性をもっていない人たちを追跡調査し、疾病の発症率を調べることで、特性の有無が疾病の発生リスクにどのような効果をもつかを直接計算できる。(http://phi.med.gunma-u.ac.jp/epi-spc/term4.pdf)

種類

  • 前向きコホート研究 (Prospective Cohort Study)
  • 後ろ向きコホート研究 (Retrospective Cohort Study)

特徴

  名称 患者対照研究 コホート研究
時間軸 後向き研究 前向き研究
調査の方法 既往調査、病歴調査 追跡調査
対象 曝露情報の
信頼性
患者の過去の記録やカルテに頼るため 信頼性は低い 現時点での曝露状況が判明しているので信頼性は高い
対象 偏り
バイアス
抽出の段階で、既に患者、対照群とも に偏りが発生している場合が多い 母集団から、要因の有無別に対照群が 抽出されるため、偏りは小さい
対象 まれな要因 評価不能 評価可能
調査 観察期間 なし 長期
調査 費用
労力
患者と対照のみを観察するので、費用・労力が少ない 大きな集団を長期に追跡しなければな らないので、費用・労力が多い
疾患 対照疾患 単一 複数
疾患 診断の正確性 正確性が高い 正確性が低い
→診断基準が必要
疾患 まれな疾患 可能 困難
解析 罹患率 計算不可 算出可能
解析 相対危険度 近似値の算出 算出可能
解析 寄与危険度 計算不可 算出可能

その他の特徴

  • 人口の移動の激しい地域で追跡調査は困難
  • 前もって発生頻度を予測して対照群の人口サイズを決定する必要がある
  • 診断基準の設定が必要な場合もある →長期の観察では診断方法や疾病概念が変化することがあるため
  • 因果関係について、患者対照研究よりも、より多くの情報が得られる
  • 患者対照研究に比べ、選択バイアスが生じにくい。
  • 患者対照研究に比べ、交絡因子の調整が容易。

参考

  • 1.
[display]http://phi.med.gunma-u.ac.jp/epidemiology/epi03.html
  • 2.
[display]http://phi.med.gunma-u.ac.jp/epi-spc/term4.pdf



症例対照研究」

  [★]

case-control study
ケース・コントロール研究
患者対照研究
症例対照法アトリビュータブル・リスクコホート研究分析疫学マッチング


特徴

  名称 患者対照研究 コホート研究
時間軸 後向き研究 前向き研究
調査の方法 既往調査、病歴調査 追跡調査
対象 曝露情報の
信頼性
患者の過去の記録やカルテに頼るため 信頼性は低い 現時点での曝露状況が判明しているので信頼性は高い
対象 偏り
バイアス
抽出の段階で、既に患者、対照群とも に偏りが発生している場合が多い 母集団から、要因の有無別に対照群が 抽出されるため、偏りは小さい
対象 まれな要因 評価不能 評価可能
調査 観察期間 なし 長期
調査 費用
労力
患者と対照のみを観察するので、費用・労力が少ない 大きな集団を長期に追跡しなければな らないので、費用・労力が多い
疾患 対照疾患 単一 複数
疾患 診断の正確性 正確性が高い 正確性が低い
→診断基準が必要
疾患 まれな疾患 可能 困難
解析 罹患率 計算不可 算出可能
解析 相対危険度 近似値の算出 算出可能
解析 寄与危険度 計算不可 算出可能

その他の特徴

  • 対照群は母集団を代表しているわけではない →対照は必ずしも健常者でなくともよい(同じ病院の他の疾病の患者が選ばれることが多い)
  • 交絡因子を考慮した調査対象の選択が必要である.
  • 統計学的検定にはカイ二乗検定などが用いられる

参考

  • はじめてケースコントロールシート2.5 Beginners’ Training Sheet for Case-control study
[display]http://spell.umin.jp/BTS_CCS2.5.pdf



陽性尤度比」

  [★]

positive likelihood ratio, LR+
感度特異度尤度比陰性尤度比相対危険度と混同するな
  疾患あり 疾患なし
検査陽性 a
真陽性
b
偽陽性
検査陰性 c
偽陰性
d
真偽性
  • 「疾患を有する人」が「陽性」になる確率「疾患を有さない人」が「陽性」になる確率の比

使用例

  • A疾患の検査前確率がPb (%)の人がいる。
  • B検査を行ったところ陽性であった。
  • 検査後確率 Pa (%)はどのくらいか?

国試


オッズ比」

  [★]

odds ratio OR
相対危険度オッズ
  • ある群でのオッズを、他の群でのオッズで除したもの。
  • ある事象に関して、関心のある群と対象とする群の間でどれだけその事象が起こりやすいかをいうことを表現するための値である。

       ウイルス  ウイルス
       あり    なし
心筋炎あり  20     10		|30
心筋炎なし  20     38		|58
-----------------------------------------
       40     48
  • 心筋炎もしくは心筋症を疑った患者に行った心生検を行い、PCRによるメタ解析を行った所、ウイルスが存在するオッズ比は対照群(心筋炎ではない)と比べて患者群は3.8倍であった(Braunwald's Heart Disease: A Textbook of Cardiovascular Medicine, 8版, p.1776)。

参考

  • [display]http://www.i-juse.co.jp/statistics/xdata/sympo14_yamaguchi_doc.pdf
  • [display]http://www.i-juse.co.jp/statistics/xdata/sympo14_yamaguchi_slide.pdf
  • [display]http://dr-urashima.jp/pdf/how-kaini.pdf
  • [display]http://www.kdcnet.ac.jp/college/toukei/statistics/rror/rror.htm
  • [display]http://www.ibaraki-kodomo.com/toukei/ci.html
  • [display]http://www1.mhlw.go.jp/houdou/1106/h0602-3_c_15.html


ハザード比」

  [★]

hazard ratio HR
相対危険度

参考

  • ACTS-GC/AdjuvantTherapy
[display]http://acts-gc.jp/glossary/04.html
ある単位時間あたりにおける死亡確率がハザードで、その群間の比をハザード比と定義
計算方法:(1)ログランク検定から間接的に計算 (2)Cox回帰
[display]http://circ.ebm-library.jp/topics/yougo.html
生存率解析における死亡の率 → ハザード
比較群と対照群の比 → ハザード比
  • 臨床医学論文の読み方-2
[display]http://www.kdcnet.ac.jp/hepatology/technique/statistics/reading/ebm3.htm
いい
  • 要約データを利用したハザード比のメタ・アナリシスの研究
[display]http://www.rs.kagu.tus.ac.jp/yoshilab/iyaku/2006ME/hirooka.pdf
  • ハザード率
[display]http://www.kdcnet.ac.jp/hepatology/hint/s/s1-2.htm
関係ないか


人口相対危険度」

  [★]

population relative risk, PRR


危険」

  [★]

riskhazarddangerjeopardyhazardousdangerousriskyunsafehazardously
ハザード有害危ないリスク相対危険度危険性


相対」

  [★]

relative
関する、関連関連性親戚親類相対性相対的類縁体


度」

  [★]

degree
温度




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡