直視下細胞診

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

関連リンク

はじめに 胃内視鏡検査法の特長は,病変の発見が容易であると同時に,その病変の質的診断がかなりの程度に可能なことである.このため,胃内視鏡検査は日常検査法として広く普及し,今日では直径1cm以下の微小病変も臨床診断の ...
直視下胃生検,洗滌細胞診の同時併用による胃癌の診断 Diagnosis of gastric cancer by means of the simultaneous procedures of biopsy and ... 胃癌の診断率向上のためには生検と洗滌細胞診の併用が有効である。生検用 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事細胞診」「細胞

細胞診」

  [★]

cytodiagnosis, cytologic diagnosis, cytology
  • 細胞を光学顕微鏡により検討することによる診断法

泌尿器

  • 尿細胞診、洗浄細胞診(カテーテルにより膀胱及び腎盂尿管を生理食塩水により洗浄し得られた洗浄液を用いる)、体細胞心

産婦人科

子宮頸癌、子宮体癌のスクリーニングを目的として施行される。

クラス分類

  • 細胞診ではPapanicolaouの分類が用いられることが多い。
クラスI 異常または異常細胞を認めない。 (陰性)
クラスII 異常または異常細胞を認めるが、悪性所見ではない。 (陰性)
クラスIIIa 悪性の疑いがある異常細胞を認めるが、悪性と判定できない。 (疑陽性)
クラスIII 悪性の疑いがある異常細胞を認めるが、悪性と判定できない。 (疑陽性)
クラスIIIb 悪性の疑いがある異常細胞を認めるが、悪性と判定できない。 (疑陽性)
クラスIV 悪性が強く疑われる異常細胞を認める。 (陽性)
クラスV 悪性と判定できる細胞を認める。 (陽性)
判定不能 固定不良、塗抹不良、細胞変形、細胞数不足等による場合。  



細胞」

  [★]

cell
cellula







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡