直視下生検法

出典: meddic

biopsy by fiberscope


和文文献

  • 症例 粘膜切開直視下生検法施行後の瘢痕により腫瘍核出が困難であった食道平滑筋腫の1例
  • 山田 直也,田澤 賢一,斉藤 光和 [他]
  • 外科 72(11), 1229-1233, 2010-11
  • NAID 40017352359

関連リンク

文献「胃粘膜下腫瘍に対する粘膜切開直視下生検法の有用性について」の詳細情報です。J-GLOBAL 科学技術総合リンクセンターは研究者、文献、特許などの情報をつなぐことで、異分野の知や意外な発見などを支援する新しいサービス ...
タイトル 症例 粘膜切開直視下生検法により術前に組織診断をし得た食道胃接合部の巨大平滑筋腫の1例 著者 田畑 優貴 著者 竹田 晃 著者 齋藤 義修 他 出版年 2008 別タイトル A case of giant leiomyoma developing at the esophagogastric ...

関連画像

群馬大学医学部附属病院- 第二 図3 ラジオアイソトープ投与の シングルバルーン小腸内視鏡の 呼吸器内科(年報2012年) | NTT 兵庫県立西宮病院|先進医療 肝や筋組織,腫瘍などの生検


★リンクテーブル★
関連記事生検」「

生検」

  [★]

biopsy
バイオプシー診査切除術 exploratory excision試験切除術


  • 管腔臓器に対しては内視鏡を用いて鉗子で病変を採取
  • 体内臓器を穿刺する。肝、腎、前立腺

施行

条件付き

  • リンパ節腫脹:感染によるリンパ節腫脹は自然消退しうるので一ヶ月以上経過観察してから。

禁忌

  • 悪性黒色腫:転移しやすいため
  • 精巣腫瘍:血行転移のおそれ   →  ゆえに精巣腫瘍を否定できない陰嚢腫脹に対しては診断を兼ねた高位精巣摘除が標準的治療


法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡