直腸潰瘍

出典: meddic

rectal ulcer

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 急性出血性直腸潰瘍の臨床的特徴についての検討
  • 島田 高幸,五十嵐 裕章,林田 憲正 [他]
  • 消化器内科 59(5), 495-500, 2014-11
  • NAID 40020269818
  • 大腸出血 (特集 救急医のための消化器緊急内視鏡) -- (下部消化管出血)
  • 杉山 宏,杉山 誠治,吉田 健作 [他]
  • 救急医学 = The Japanese journal of acute medicine 38(1), 39-45, 2014-01
  • NAID 40019947954
  • ALTA施行後,遷延性の全周性直腸潰瘍から高度の直腸狭窄をきたし,頻回のバルーン拡張術が有用であった1例
  • 渡海 義隆,小泉 浩一,桑田 剛,久保田 至,大塚 新一,山本 哲久
  • 日本大腸肛門病学会雑誌 67(8), 542-548, 2014
  • 症例は53歳,男性.前医で内痔核に対してALTAによる四段階注射療法を施行した3週後に頻便および粘血便が出現した.下部消化管内視鏡検査では直腸下部歯状線直上のびらん.潰瘍と,直腸S状部までの不整形潰瘍の多発を認めた.下部直腸のびらん・潰瘍は比較的早期に治癒したが,上部直腸から直腸S状部にかけての全周性の深掘れ潰瘍は遷延し,潰瘍の口側および肛門側に高度の狭窄をきたし,頻便,排便困難となった.直腸AV …
  • NAID 130004679130

関連リンク

下血の原因となる直腸潰瘍で、原因となる基礎疾患があります。 粘膜脱症候群 MPS 従来、孤立性直腸潰瘍といわれていた疾患群ですが、多発したり潰瘍形成がないものもあるので、現在は粘膜脱症候群(ねんまくだつしょうこうぐん ...
急性出血性直腸潰瘍の症状、原因、診断・治療方法についてご紹介します。消化器外科、総合診療科、内視鏡科、胃腸科、消化器科に関連する急性出血性直腸潰瘍の治療なら病院・クリニック検索のホスピタにお任せ下さい。急性出血 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
拡張検索孤立性直腸潰瘍
関連記事直腸」「潰瘍

孤立性直腸潰瘍」

  [★]

solitary ulcer of the rectum
孤立性直腸潰瘍症候群


直腸」

  [★]

rectum (Z)
大腸

概念

直腸・肛門の区分

SSUR.559
  • 直腸S状部:rectosigmoid,RS:岬角の高さより第2仙骨下縁の高さまで
  • 上部直腸:rectum above the peritoneal reflection,Ra:第2仙骨下縁の高さから腹膜反転部まで
  • 下部直腸:rectum below the peritoneal reflection,Rb:腹膜反転部から恥骨直腸筋付着部上縁まで
  • 肛門管:proctos,P:恥骨直腸筋付着部上縁から肛門縁までの管状部
  • 肛門周囲皮膚:external skin,E:肛門縁より外側の皮膚




潰瘍」

  [★]

ulcer
ulcus
びらん
  • 粘膜の損傷が粘膜筋板に達し、その筋層を貫通した場合。






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3