直撃損傷

出典: meddic

coup injury
クー損傷衝撃側挫傷(SLE.120)、同側損傷
対側損傷 contrecoup injury

  • 神経系 091125III

衝撃側挫傷と対側挫傷 SLE.120

  coup contrecoup 損傷部位 備考
前頭部打撲 80-85%   打撃部 等頻度とする文献もある
後頭部打撲   70-85% 前頭極、側頭極、前頭葉下部  
側頭部打撲 同頻度   contrecoup優位とする文献もある


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

関連リンク

前頭部に外力が作用した場合には直撃損傷による同側挫傷が生じやすく、主に前頭葉 底面、他に側頭葉前部などが損傷を受ける。また、側頭部もしくは頭頂部に外力が作用 した場合にも、直撃損傷により同側の側頭葉外側下面が損傷されることが多い。
打撃側に生じる損傷を直撃損傷 coup injury、反対側に生じる損傷を反衝損傷 contrecoup injury と呼ぶ。頭蓋内、脳内は不均一な構造になっているため、剪断損傷 shearing injury を起こすこともあり、また脳幹部と脳底動脈穿通枝とのずれ neurovascular ...

関連画像

直撃損傷 - meddic 像に落雷直撃 右手の指を損傷 像で修理開始、雷直撃で損傷 、肝心のLEADの損傷具合

添付文書


薬剤と関係ないページで押した場合何も表示されません。混雑の程度によりますが、表示までに1分くらいかかります。
Nothing is displayed when pushing on an unrelated page to the drug. It takes display about one minute though it depends on the level of congestion.


★リンクテーブル★
リンク元対側損傷
関連記事損傷」「

対側損傷」

  [★]

contrecoup injury, contrecoup lesion, contre-coup injury
コントルクー損傷対側挫傷(SLE)、反衝損傷 counter blow反動損傷
直撃損傷 coup injury対側骨折
  • 神経系 091125III

衝撃側挫傷と対側挫傷 SLE.120

  coup contrecoup 損傷部位 備考
前頭部打撲 80-85%   打撃部 等頻度とする文献もある
後頭部打撲   70-85% 前頭極、側頭極、前頭葉下部  
側頭部打撲 同頻度   contrecoup優位とする文献もある


損傷」

  [★]

injury, lesion
傷害
  • 損傷 injury:組織の生理的な連絡が絶たれる、または機能が傷害された状態 → 機能障害が含まれる。
  • 機械的なエネルギーにより生じた損傷。
  • 外力によって生じた組織損傷を総括して創傷と言うが、皮膚や粘膜の連続性が離断した開放性損傷を<創>、連続性が保持された閉鎖性損傷を<傷>と区別して用いることがある(SLE.12)

分類(SLE.106)

  • 鈍体損傷
  • 鋭器損傷
  • 刺器・尖器によるもの
  • 銃器・火薬による損傷

参考

  • 1.
[display]http://www.jaam.jp/html/dictionary/dictionary/word/0906.htm
  • 2.
[display]http://www.med.nagoya-cu.ac.jp/legal.dir/lectures/newest/node4.html


傷」

  [★]

wound
創傷傷つける





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡