盗血症候群

出典: meddic

steal syndrome
スチール症候群
スチール現象鎖骨下動脈盗血症候群冠状動脈盗血症候群


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ステント留置術と透析用バスキュラーアクセス縫縮術によって改善した鎖骨下動脈盗血症候群の1 例
  • 小山 淳一,花岡 吉亀,佐藤 篤,神應 裕,宮下 裕介
  • 脳卒中 36(1), 47-50, 2014
  • … バスキュラーアクセスが作成されている.起床時の眼前暗黒感を伴うめまい症状を訴え,MRA と血管撮影で脳底動脈無描出,左鎖骨下動脈狭窄症,左椎骨動脈逆流現象および狭窄症を認めたため鎖骨下動脈盗血症候群と診断した.左鎖骨下動脈と椎骨動脈にステント治療を行った.左椎骨動脈の順行性血流は得られなかったが,症状は一時的に改善した.症状の再増悪あり,血管超音波検査で左椎骨動脈逆流現象の再増 …
  • NAID 130004543332
  • 症例報告 鎖骨下動脈完全閉塞病変に対して経皮的ステント留置術を行った1例
  • 梶原 洋介,向田 一敏,茶木 隆寛 [他]
  • 広島医学 66(6), 373-376, 2013-06
  • NAID 40019753846
  • 鎖骨下動脈 : 血管内治療の有用性 (特集 末梢動脈疾患 PAD : 増加する動脈硬化性疾患,適切な診断と治療法) -- (PADの保存的治療と血行再建術)

関連リンク

(イラスト1). 鎖骨下動脈の起始部に閉塞病変があると、血液の流れを確保するために いろいろな側副血行路(閉塞部から先に血液を流すためのバイパス)が形成されますが 、その一つが椎骨動脈を介するものです。反対側の椎骨動脈から閉塞した末梢側に 血液 ...
家庭医学館 鎖骨下動脈盗血症候群の用語解説 - [どんな病気か] 脳へ血液を送る椎骨 動脈(ついこつどうみゃく)の手前で、腕のほうへ血液を送る鎖骨下動脈が大動脈(だい どうみゃく)から枝分かれしています。 この枝分かれする前の動脈の内腔(ないくう)が ...

関連画像

o0800060011309987459.jpg鎖骨下盗血症候群の例o0427032011315605135.jpgo0800060012305743771.jpg鎖骨下動脈盗血症候群 o0427032011315605134.jpg


★リンクテーブル★
先読みスチール現象
リンク元steal syndrome
拡張検索冠動脈盗血症候群」「鎖骨下動脈盗血症候群」「冠状動脈盗血症候群
関連記事症候群」「」「症候

スチール現象」

  [★]

steal phenomenon
盗血現象、スチール効果 steal effect


steal syndrome」

  [★] 盗血症候群スチール症候群

冠動脈盗血症候群」

  [★]

coronary artery steal syndrome, coronary steal phenomenon
冠盗血症候群冠状動脈盗血症候群冠スチール現象冠動脈スチール現象冠状動脈スチール現象
盗血症候群冠スチール
[show details]


鎖骨下動脈盗血症候群」

  [★]

subclavian steal syndrome
鎖骨下動脈盗血流症候群鎖骨下動脈スチール症候群
鎖骨下動脈
  • 椎骨動脈が分岐するより中枢側で鎖骨下動脈が狭窄している場合に本症候群が起こりうる。
  • 狭窄側の上肢での血液需要が増加すると、対側の椎骨動脈から血流を奪って同側の椎骨動脈から上肢に血液を供給する。このため、主に脳幹部の虚血症状を呈することになる。




冠状動脈盗血症候群」

  [★] 冠動脈盗血症候群


症候群」

  [★]

syndrome, symptom-complex
症状群
[[]]
  • 成因や病理学的所見からではなく、複数の症候の組み合わせによって診断される診断名あるいは疾患


内分泌

先天的代謝異常

高プロラクチン血症

分娩後の視床下部障害によるプロラクチン分泌抑制因子の分泌抑制のため、高プロラクチン血症を呈する。
分娩に関係なくプロラクチン分泌抑制因子の分泌抑制をきたし、高プロラクチン血症を呈する。

性腺機能低下

嗅覚の低下・脱出、低ゴナドトロピン性性腺機能低下症
肥満、網膜色素変性症、知能低下、低ゴナドトロピン性性器発育不全、多指症、低身長

性早熟

思春期早発症、多発性線維性骨異形成症、皮膚色素沈着
女性型の肥満、性器の発育障害の2主徴を示し、視床下部に器質的障害をもつ疾患群。

脳神経外科・神経内科

  • Wallenberg症候群 ワレンベルグ症候群:椎骨動脈、後下小脳動脈の血栓塞栓症などで生じる。頚部より下位で温度覚の障害が健側に出現するのに対し、頚部より上位では障害側に温度覚の障害が出現する。



群」

  [★]

group
グループ集団分類群れグループ化


症候」

  [★]

symptom and sign
症状, 徴候 兆候




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡