皮電計

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 皮電計の基本理論とその臨床応用--特に腰痛に対して(パネルディスカッション)
  • 倉島 宗二
  • 全日本鍼灸学会雑誌 36(1), p22-28, 1986-03
  • NAID 40004423729
  • ノイロメ-タ-と皮電計の測定に対する星状神経節ブロックの影響
  • 篠原 正明 [他]
  • 全日本鍼灸学会雑誌 32(3), p210-214, 1983-01
  • NAID 40004423573
  • D-フェニールアラニンで出現する非経穴部刺激による鎮痛と針鎮痛との相違
  • 藤下 悌彦,久光 正,武重 千冬
  • 昭和医学会雑誌 41(6), 657-662, 1981
  • 皮電計によってラットの体表86部位の皮膚電気抵抗を測定した結果, 低抵抗部は下肢に多く見出された.この部を経穴部, それ以外の部 (大腿部や腹部) を非経穴部とすると, 経穴部の針刺激によって鎮痛の出現する動物 (針鎮痛有効群) と鎮痛の出現しない動物 (針鎮痛無効群) とがあったが, 非経穴部の刺激では何れも鎮痛は出現しなかった.D-フェニールアラニン投与後は, 経穴部刺激によって両群の動物で同程度の鎮痛が …
  • NAID 130001825022

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書


薬剤と関係ないページで押した場合何も表示されません。混雑の程度によりますが、表示までに1分くらいかかります。
Nothing is displayed when pushing on an unrelated page to the drug. It takes display about one minute though it depends on the level of congestion.



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡